アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 介護保険制度について
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築職との連携
前回スレとの間に、セミナー1回と出前講座1回が挟まっています。

どちらも春先に予定されていたのですが、建築系対象のセミナーは口蹄疫の関係で延期となり
高齢者対象の出前講座は、何回かの予定日設定の度に天候不順で延期となっていた集まりです。

建築系のセミナーは、大工さんが主たる参加者のセミナーでした。
若い大工さんもいない訳では無いのでしょうが、参加者はほぼ中高年の大工さん達でした。
中には私よりやや先輩と思われる方も居られました。
まだまだ現役、頭が下がります。

セミナーに先立って、主催者である包括支援センターと地域の福祉課に
状況聞き取りに伺いました。
要は、私は何を話したらよろしいのですか?の確認です。

結果は、以下の様でした。
1.大工さんは、家族とのやり取りだけで勝手に工事を変更してしまう。-だからケアマネがバタバタしてしまう。
2.大工さんは、必要書類をしっかり準備してくれない。-だからケアマネが写真から手配している。
3.大工さんは、介護保険のルールを知らないまま工事を行う。-だからケアマネが後始末に追われる。
4.大工さんは・・・。
5.大工さんは・・・。
聞き取りの両所ともほぼ同じようなお話でした。

締めは、「福祉用具屋さんだと安心なんですが。」という言葉でした。
「そりゃそうだろ、彼らは介護保険が飯の種なんだから・・(私の心の中の声です)。」

何となく、「そういうことのない様に、大工さんを教導して欲しい。」と聞こえました。
買い被りすぎです。そんな能力も経験もありません。

本来、担当課が率先して研修会の開催などを通じて改修ルールの周知を行うべきだろうと思います。
それらの実施が無くて一方的に、「大工さんは・・。」では大工さん達が気の毒です。

一つの業界に従事していると、いつの間にか、自分たち業界の常識が世間の常識と思ってしまう。
大工さんへの不満の原因は、そんな所にもあるんじゃないかと思いました。

セミナー前に、早めに来られた参加団体代表の方とちょっとお話をしました。
「仕事がない。こうした研修会に参加する事で、改修の仕事を得る手掛かりでも得られたらと思い
みんなに呼びかけました。」
もう一人、副代表の方にもお話をお伺いしました。
表現は違いますが、同じようなことを言われていました。

皆さん誠実で前向きなんです。決して、ルール破りをしてでも仕事を取ればよいなんて考えてはいません。
セミナー後の質問にもありました。
「こうした工事を請けるにはどこに営業したら良いのか。」
結局、介護保険に関わる業界の成り立ちや仕組みを把握するだけの情報が、得られていないということだと思います。

急遽、お話しする内容を少し修正しました。
元々私は、原稿を用意しないタイプですので修正と言うほどのことはありませんが。

前半部で、
1.健常な御家族さん達のリフォームとは異なる対応が必要な理由の説明。
2.利用者(大工さんには?です。施主と言い直しました。)の情報をきちんと把握する必要性。
3.工事前後の写真撮影の実務
4.御家族が自己選択を行うための二種以上のプラン提出の必要性を説明。
  (費用大・自立度大>介護負担小 、 費用小・自立度小<介護負担大)  
5.高齢の方とのコミュニケーションの取り方。
6.他職(福祉職、医療職、保険担当課等)との手のつなぎ方。
  等々

後半部で
7.健常な御家族のためのリフォームと違って、プランが間違っていれば無駄な工事となる。
8.手続きを間違うと御家族が取得するはずの給付金が出ない。
9.工事に不慣れなケアマネは、工事で対応するより人力での支援に頼ろうとする傾向がある。
10.福祉用具屋さんは不慣れな建築工事でなく、毎月レンタル収益を生み出す福祉用具で対応しがちである。
  等々

大凡、この様なお話をさせて頂きました。

まとめの部
1.2.6.7.8.については、
「だからケアマネさん達をきっちり利用しましょう。
 場合によっては福祉課の職員も抱き込みましょう。
 大工さん一人で責任をかぶることはありません。
 みんなで渡れば怖くない。(多少露悪的な表現ですが)」

9.については、
「詳しい介護保険のシステム説明は省きますが、ヘルパーさんの支援は大きな費用が掛かるため、
そのほかのサービスを希望しても使えないことがあります。
それがヘルパーサービスを使う御家族の悩みです。
建築素人のケアマネさんに、きちんと優しく連携してくれる大工さんがいればケアマネさんも安心です。」

10.については、
「福祉用具屋さんも工事を受けることもありますが、所詮素人なので自社では行えず大工さんや工事会社に
廻すことになります。
私にも何度か福祉用具屋さんからその様なお話がありましたが、結局はペーパー
マージンのお話となります。
工事費に %マージンを上乗せして見積もりを出して欲しいと言うことです。」
「皆さんが直接工事を行うことで、地域の皆さんが適正な費用で住まいの環境を整備することが出来る
事になります。
是非こうした研修会や座談の場を再々設けて、ケアマネさん達との連携を作っていってください。」
 
終了。

福祉関係者の上から目線を感じたのか、いささか塩っ辛いセミナー内容だったように思います。
まだまだ青い、反省。
しかし、この年になると”青い”、うーん嬉しいような。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
介護保険の改修給付費20万円について
バリアフリーと加齢対応の違い-追記
もう一つの違いは、バリアフリーが文字通りADLへの障害を取り除くのに対し
加齢対応のアプローチでは、形や位置を変えたり、場合によっては新たな発想を
付け加えて対応することもあるということでしょうか。

便器の向きを考えたり開口部を移動したり、
将来手すり設置が予測される箇所の壁下地の補強など。
 <バリアフリーと加齢対応>=<除去と対応>

何れにしても介護保険の該当工事メニュー列記には、その工事種目が改修による支援工事の
すべてであるかのように事業者に誤解させた弊害はあると思います。

表題については下記へ。


[READ MORE...]
理由書作成費
窓を開けると何ともいえない良い香りを運んでくれていた、キンモクセイの花が
落ち始めました。
夏が長かった分、この秋は短いのかも知れません。
今の内にせいぜい行く秋を楽しんでおこうと思います。

表題については下記へ。


[READ MORE...]
高齢者等住宅改造助成事業 改正
    厳冬の朝、暗闇の中白く凛と咲く梅一輪。

一つだけ開いたのを見つけました。
しかし、南国宮崎で厳冬って大げさですよね。

これからメジロやジョウビタキ・ウグイスなどの小鳥が煩雑に訪問する時期に
なります。
特にメジロは集団で、わっとにぎやかに来てくれるので楽しめます。
時々はヒヨドリもカップルで来るのですが、かれらが枝渡りするたびに
ハラハラと花びらがこぼれ落ちてしまい、どちらかといえば迷惑なお客では
あります。
       花札 梅に鶯


表題については下記へ。

[READ MORE...]
高齢者等住宅改造助成事業 改正2
本日、延岡市は以北の方々に申し訳ないほどの晴天。
雲一つ無い空から暖かな陽光が降り注いでいます。
不公平だといわれればその通りだと思います。

さて、昨日の続きを下記へ。(いそいそ)

[READ MORE...]
住宅改造補助事業の件数減少
過日のブログの文末で、延岡市の住宅改造補助事業の申請件数減少について
その原因を検証したいと書いています。
    http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-380.html
それを受けて。

こういうエピソードがあります。
    「福祉用具店と改修」 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-278.html#comment
平成18年の電動ベッド等のレンタル条件が厳しくなって以降、福祉用具レンタル店の
改修工事への関与が増大したのは事実です。

一頃は比較的大きな工事を行うレンタル店も多かったのですが、上記のエピソードの様な
事態もあってか、徐々に福祉用具と手すりの取り付けで完結してしまう簡便なプランが
増えていった様です。
これは介護保険窓口担当者の
「近頃は、手すりと福祉用具の活用で収まる改修が増えてきています」
という言葉でも裏付けられます。

また、改修工事を事業の一部門として本格的に発展させていこうとするなら
建築免許の取得もあるはずですが、私の知る範囲ではそうしたことも聞き及んでいません。

もう一つ原因としてあげられるのが、同時期に設置された地域包括支援センター制度です。
それまでは介護を要する方々をお世話するケアマネージャーは、一般的に最初に担当した
ケアマネージャーが、利用者が長期入院や施設入所しない限り一貫して担当しました。
従って、利用者やそのご家族との人間関係には非常に密度が濃いものがありました。
(利用者への思いが強すぎるために起こったあれこれのエピソードもあるのですが
 それは又の機会に)

しかし平成18年の地域包括支援センター設置以降、要支援の方々は包括支援センターで
要介護1以上になった方は従来のケアマネージャー事業所で担当する、そんな風に変わりました。
要支援1~2から要介護状態になった時点で担当ケアマネジャーが変わるのです。

勢い、利用者とケアマネージャーの人間関係というか密度が従来より薄くなったのはやむを得ない
所です。
要支援の方々は軽介護者だからということでしょうか、地域包括支援センターのケアマネジャーは
要介護1以上を担当する一般事業所のケアマネージャーとは比較にならない人数を
担当させられています。
そしてまた改修希望が一番多いのが、初めて支援を必要とする状況になった
要支援者1~2の方々なのです。

少ない数の包括センターのケアマネジャーが沢山の改修希望に応える。
当然に、じっくり腰を落ち着けて改修希望に応える時間はありません。
<ましてやケアマネジャーの権威?に何らの敬意を払わない大工工務店を相手に
四苦八苦するより、追い回しのし易いレンタル店の若い社員の方がどれだけ気が楽か>
<ましてや・・楽か>の部分は私の勝手な想像です。

そうしたあれこれが、面倒な補助申請業務も必要な補助事業の申請から遠ざかっている
要因かも知れないと私は考えています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
高齢者向け住宅ガイド本
「高齢者向け住宅選び方ガイド本」:宮崎日々新聞12/4掲載
(有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など多様化する
 お年寄りの住まい選びに役立ててもらおうと、全国有料老人ホーム協会
 など関係団体がガイドブックをまとめた。
 ・・自治体や消費生活センターで配布している。)

入所を予定している施設が、介護が必要になった場合どの程度対応して
くれるのか確認を助言。
契約の解約や終了時に前渡し金がどのくらい返還されるのかチェック。等々
様々なトラブルが聞こえてくる現状で、こうしたアドバイスは確かに必要です。

一方保険者(行政)からすると、こうした施設の増設はなかなか頭の痛い事業
ではあります。
例えば当市では介護施設の1床毎に年間300万円、10床で3,000万円
給付費が増額すると見なしています。
従って100床のベッドを有する施設が新設されると市の年間介護給付額は
3億円増額となる計算です。
当然これは住民が支払う月々の介護保険料に反映されます。

自宅で生活されている方が介護度に応じて、許容される給付枠を消費する
比率に比べ、施設入居者の給付枠消化比率はかなり高いのが現実です。
本人あるいはご家族が、必要なサービスを自ら判断し自己負担額も考慮しながら
サービスを決定しているのに対し、施設入居者は施設側の判断に多くを委ね
ざるを得ないためだろうと思います。

サービスを増やすことによって増益する仕組みで、その消化出来る枠が残っているなら
使わせて頂こう。経営側としては抗しがたい誘惑です。
「そんなに上手く儲かる仕組みではない!」
それに対する答えは
当地域でも、異業種による有料老人ホーム経営や医療機関による老健施設が
次々企画されてる現実が答えだろうと思います。

介護給付を少なくする方向として、自宅での生活を継続して頂くことも一つの選択
だろうと思っています。
厚生労働省もただ給付の適正化をお題目にするだけでなく、なぜ自宅での生活を
諦めて施設に入居するに至ったかを具体的に事例研究しても良いのではないでしょうか。
もしかすると、住居環境が適切であればまだまだ自宅での生活を継続出来た方も
沢山いるのかもしれません。

介護予防という言葉はありますが、そこに言う生活習慣病の是正や転倒予防のための段差の解消
の勧めは、心身の健全さが有ればそれで介護予防になるかのように聞こえます。
しかし人は、健全に年を取ってもまた家庭内での事故に遭わなくても自宅での生活継続が
困難になる場合があります。

次回、「高齢者向け住宅のあり方」について考えたいと思っています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
地域包括ケア
今日の宮崎日々新聞の一面に、延岡学園野球部初戦勝利の瞬間の
メンバーの表情が大きく取り上げられていました。
逆転に次ぐ逆転でようやく勝利を手にした瞬間の、感極まった選手たちの写真です。

戦った相手がレベルの低いチームであれば、これほどの表情はない。
自分たちと同等またはそれ以上の練習を日夜行ってきたに違いない、
好敵手であればこその勝利の喜びだと思います。

それにしても、若者の感情の爆発の瞬間が的確に切り取られたすばらしい影像です。
今後の人生において、この若者たちは何度この様な表情ができる経験をするだろう。

まさに歓喜の表情、何にも変えがたい想いを表現した鳥肌の立つような写真です。
体力に自信がなくなった私には、頭を下げるしかない、若い獣たちの勢いです。

表題については下記へ。

[READ MORE...]
地域包括ケア2
前述の「楽居の会」さんの報告書では、手すり1本まで積算された工事金額が
介護給付費との比較データとして扱われています。
確かに適切な手すり設置は、安全・安楽に大いに寄与します。
・転倒転落を防げたことで骨折を予防し、ひいては介護状態の悪化を防ぐことにつながる。
・安心できる環境でひとりで生活できる。

しかし「安全、安楽」が、直接的に介護給付費の削減につながるケースは少ないかなと
思います。
むしろ「一人で、家族で・・することが出来ない」の、・・に該当する行為であって
介護給付費やその他の支援費用に直接つながるサービスがポイントだと思います。

データによると、訪問サービスを使われている方の大半が給付限度額の半分程度しか
利用しないのに対し、施設利用者の相当数が限度額近く利用されている。
特に施設入居者においてはほぼ100%近く利用されている。

施設利用者の場合は、自己都合というより施設側都合による限度額一杯の消費ではないかと
思っています。
一方で、補助金で作られた施設の内部留保金の多さにびっくりします。

運営側は、改築の際には補助がないのだからそのための蓄積であると説明します。
しかし一般企業は、最初の補助金もなく営々と経営し設備の更新も金融機関からの借り入れ
を返済しながら行っています。

それはともかく、いかに施設サービスを使わなくて済む状況を作っていくかも、給付費を抑える
一つの手法だと思います。

住環境整備に関わる職としては、
一人で、あるいは家族の介護力では自宅での入浴が容易でない場合に、
施設サービスの一環であるディサービス利用につながるケースが
多いと経験上言えます。

分析では、多くの要素をデータとして解析するより、シンプルにざっくり分析したほうが
見易いこともあるかと思います。

疾患別でなく同様の身体状況(ADL)にある方の(進行性の疾患は除く)
1.数年前に浴室の改修を行った方の現在のディサービス利用率
2.   〃 を行わなかった方の現在のディサービスの利用率

1.に有意の結果があれば
どのような改造を行った時に、特に有効だったかを精査する。

結果として
浴室の改修に当たっては、統計上このような改造が有効であるとモデルプランを
延岡市独自のプランとして推奨する。

たまたま浴室の改修を、顕著な結果が期待できるのではないかと考え取り上げてみましたが
担当課には様々なデータが収蔵されています。
申請のあった改修案が制度に合致すればそのまま認証するのではなく、現実に自立に
役立っているのかデータを分析して精査することも今後の課題だと思います。

ディサービスの利用を、社会性の維持に有効と評価をされる方も居ますが、
ディでの過し方を見るとこれは少し違うのではないかと私は思っています。
また今般方針として出された「地域包括ケア」でも、ボランティアをはじめとする
地域社会の積極的な関わりが推奨されています。

それにしても「地域包括ケア」、よくもまあ次から次と名称が浮かぶものだと
感心してしまいます。
今回方針を示した「社会保障制度改革国民会議」も、前々から同じような審議を行う会議があり
政権毎に名称を改めています。
たまたま議事録にも、事務局の「同じような名称が多く、今回も名称の決定には苦労しました」と
正直な意見が記載されていました。

せっかく窓口訪問いたしましたが、切迫性を感じない分、期待は出来ないと思っています。
それにしても、衆参ねじれのない政権は強烈ですね。
もう少し、もう少しだけゆっくり進めないものでしょうか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
地域包括ケア3
手元に
「地域包括ケアシステムについて」平成25年6月13日 厚生労働省老健局
 ○ ⽇常⽣活圏域ニーズ調査
 ○ 持続可能な介護保険制度及び地域包括ケアシステムの
   あり⽅に関する調査研究事業報告書(概要版)
があります。

要支援者を介護保険サービスからはずす一連の施策の説明のはずですが、
従来の介護保険の解説との違いがよくわかりません。
しいて言えば、地域および市町村という語句が多いかなと思われるくらいです。
また、
 ○ 人口が横ばいで75歳以上人口が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域差が生じています。<都市部と地方の違い>が、今時でしょうか。

しかし、
「持続可能な介護保険制度及び
地域包括ケアシステムのあり方に関する調査研究事業」報告書(厚生労働省補助金)
  -概要版- 平成25年3月
地域包括ケア研究会 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

によるとより具体的にその方向性が見えます。

              地域包括ケアシンボル
<住まい>という植木鉢の中に<生活支援と福祉サービス>という土がなければ、医療・看護などの
青葉は育たないという絵解きのようです。慈雨という水<財源>はいらないの?。

そして、今までの「自助、共助、公助」の三つに新たに「互助」の考え方が加わっています。
この場合の互助の意味は(「互助」は相互に支え合っているという意味で「共助」と共通点があるが、費用負担が制度的に裏付けられていない自発的なもの)らしいです。
それから、
 高齢者はサービスの利用者である前に、自らの
  生活を自ら支える自助の主体。
 ○自ら能動的に地域で活躍する主体として捉える
  考え方、「高齢者の社会参加」が重要。地域の
  支援の担い手となり、高齢者自身の生活意欲
  向上と介護予防の効果もある。
 ○今後は、いかにして本人の生活に対する意欲を
  高めるかということに、より重点をおいたサービス
  提供や予防事業を検討すべき。
 ここでしょう。
要は、自分たちのことは自分たちでやるのが本来だということのようです。
その他は、協調してとか連携してとかのあいまいなお題目が並び、新味はありません。
唱えれば何とかなるというものでもないでしょうに。

しかし政府部内でも未だ明確な施策は決まっていないようです。
下は、田村厚生労働大臣の8月8日の記者会見での発言です。

「記者が、軽度者が介護保険から引き離されることについて、「金銭的にも時間的にも介護への負担が増し、仕事にも影響が出るのではないか」という要介護者本人や家族の懸念を引きながら、「今後さまざまな形で介護のあり方が変わるのではないか」と大臣の考えを訊ねたところ、

大臣は、「国民会議の報告書に則り、今後与党と相談する」と前置きし、軽度者が対象の予防給付が介護保険から地域支援事業に移行することになっても、財源は介護保険からで、割合も「1号、2号の被保険者の保険料、国・県・基礎的自治体である市町村、それぞれ割合が同じ」。それゆえ、「介護保険から完全に外れたら財源をどうするのかという議論は勘違い」と述べ、各首長との話の中でも同様の心配をぶつけられることがあることを明かした。

そして、地域支援事業への移行のねらいは、介護保険で決まっているサービスのメニューや単価を柔軟にし、各自治体が工夫できるようにすることで、「財源はあり、決して心配されているようなことが極端に起こることはない」。
これまでどおり事業者をサービス提供者にすることもできるので、自治体に創意工夫してもらいたいという考えに基づく制度であることを強調した。

「自治体によってサービスにばらつきが出るだろうとの懸念がある」との質問にも、「介護保険の制度ではないが、地域支援事業という制度の中においてお金は介護保険から出てくる」と重ねて述べ、「極端に心配されるような内容ではないが、これも含めて与党とこれから相談をしていかなければいけない部分だと思っている」と答えた。」

はてさて、団塊世代の高齢化に伴い、給付額の増大が懸念されるなかに打ち出された方針なのに
もうヨロヨロし始めています。
審議会等の議事録とは異なる方向性のように感じます。リップサ-ビスでしょうか。

願わくは<連携、協調、調整・・>などのあやふやな言葉で関連職の連帯を期待するのではなく、
制度システムで、当然に連結がなるようにして欲しいと考えています。
(医療職と介護職が連携・・)エート、どこら辺に落ちてますでしょうか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。