アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 業務の進め方の実例.2
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務の進め方の実例.2
作業棟での第1日目が終了しました。
午前中はそうでもなかったのですが、午後にはいると熱気ムンムンで厳しい作業環境でした。
天井扇は回転しているのですが、むしろ熱気を窓から呼び込んでいる様子でした。

ともかく受講生始め私も、何とか今日は乗り切りました。
予報では明日も素晴らしい晴天だとか。

前回の続きを。
6.ケアマネージャー
そろそろ転院の準備となりました。
娘さんから「介護保険を使うにはケアマネージャーさんを決めなければならないそうですが、どうやって捜したらよいのですか?」というご質問がありました。

現状を率直にお話ししました。
「市内の支援事業所であればどこでも構いません。介護保険課にお尋ねになれば紹介して頂けます。」
但し、行政が「ここを」と紹介は出来ませんので、各支援事業者の名簿が印刷されたパンフレットを頂くことになります。強いて紹介して欲しいと頼まれれば、
「ここなんかはどうですかお宅にも近いし」
有り体に言えば、その事業所の特徴・特性ではなく、利用者の自宅に近いか今までの紹介事業所の順番で紹介を受けることになります。

結局、医療系の介護サービスが必要なことや諸々を勘案して、あるケアマネージャーさんをご紹介しました。看護師職のケアマネです。
自力で寝返りが打てないこと、介護者も高齢であることを考えますと褥瘡(床ヅレ)への配慮も必要でした。
担当をお願いするケアマネジャーさんの事業所にお伺いして、介護環境やその他の事情をお話しし、取りあえずご自宅への訪問を了承して頂きました。

7.転院
やっとご自宅に近い病院へ転院されました。
大学病院であれば週に1回程度の訪問ですが、市内の病院ともなれば毎日顔を見ることが出来ます。
ご家族の許可を受けて私も病室に訪問させて頂きました。
ご主人は、はや心はご自宅にあります。大学病院で改修のお話をしたときより希望される内容も具体的になってきています。

そしてやはり、おっしゃいます。
「通路に手すりを付けておいて欲しい」と。
私は、「今手すりを付けても、適切な位置に付ける自信がありません。必要になったときにさせて下さい」とお願いしました。

病院のリハビリ職の方々とお話をしました。別の件でも再々お伺いしているため気安くお話が出来ます。
最終的に確認出来たのは「片方の腕は顔までは上がるが、ただ顔に触れることが出来るだけでしょう」との事でした。

この時点で、改修プランの方向は決まりました。

8.プラン立案
担当して頂くことになったケアマネージャーさんと打合せを行いました。
かなり多くの福祉用具のレンタルを受けなければなりません。このレンタルに掛かる費用は、その他の介護サービスと費用的にリンクしている(介護認定の認定度によってその方が使える毎月の費用総額は決まっています)ため、あまりにレンタル費用が多ければその他の介護サービスを使う枠が減ってしまいます。逆に介護サービス費用が多くなってしまうと必要な福祉用具がレンタル出来ません。
ケアマネジャーとの連携が必要な所以(ゆえん)です。

私が、必要と判断する福祉用具の種類と費用を提示し、ケアマネが必要と判断するサービスを提示する。その摺り合わせを行います。
何とかまとまりました。

9.改修案決定
一番難所であった道路との高低差。
介護保険課、補助金担当課を何度も訪問しました。一番のネックは段差解消機を二組レンタルすることでした。

「段差解消機1台とスロープで外出出来ませんか?」
敷地図にスロープと段差解消機1台を設置したプランを2案作り協議します。
私、「どうやっても、こういう事になります」
担当者、「ちょっとこれでは難しいでしょうね」
結局、認めて貰いました。段差解消機2台の設置。
 リフト断面図
道路から敷地内へ、奥様が介助出来るスロープで、到達地点から120cm段差解消機で高い敷地へ。
ここまで上がれれば、後は普通の住宅とそう変わりません。
短いスロープでもう少し高さを稼ぎ、2台目の段差解消機で室内へ。
階段はご家族用です。

10.完成 検証
最初にご相談のお電話を頂いた方には、逐一進捗状況をお話ししていますが、検証にもお立ち会い頂きました。 
検証風景
ご主人の帰宅前の検証です。
担当ケアマネージャー、ご家族、福祉用具レンタル店社員、サービス提供事業所2ヶ所、担当課職員そして撮影している私です。

11.エピローグ
大変不安を感じて居られた奥様は、その後吊り上げシートの形状にも一家言を持つようになられました。
案ずるより産むが易し、という事でしょうか。
その内、県央の展示場まで行けないご家族に、奥様からレクチャーをお願いしようかと思っています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/98-c5c5680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。