アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 故郷の老親にあなたが出来ること。追伸1
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷の老親にあなたが出来ること。追伸1
退院を控えた方のケースカンファレンスが、ご家族も参加されて入院先の病院でありました。
   (カンファレンス=支援に関わる担当者の会議)
リハ職、看護師長も含め総勢15名の大会議になってしまいました。
それでも、次第に従ってスムーズに進行していました。
ご家族からも時々質問が出たり、時折でる専門用語を別の方がさりげなく言い換えたりで段々退院後の生活が見えてきていました。

ところが、
ある職種の方が、「これだけの状況の方をお家で見るのは大変ですよ。奥様の負担はとても大きいものがあります。まあ、状況によっては他のサービスも考えてみます。」と発言されました。

おいおい、脅かしてどうする。
「大変なこともあるかも知れませんが、我々みんなで支援していきますから安心して下さい。」というのが本当だろう。
みるみる高齢の奥様は目を潤ませました。

他の専門職だけでなく自分の職責も重大であるということに注目して欲しいとの思いからの発言でしょうが、支援者としては落第の発言です。
弱者?を対象とした業務だけに、油断をするとこういう傲慢な発言が無意識にでてしまいます。
正直、がっかりしました。

それでは追伸1。 
≪帰省時に出来ること≫=再々は行けない、距離のある実家も同じです。
・地区世話役や民生委員・・・  
   これらの方々は常にジレンマをお持ちです。状況を正確に把握していなければ
   支援が出来ない。
   把握しようとすれば、煩がられることもある。まだまだ自信のある高齢者はダマされた
   ことより、ダマされたことが近隣に知られることの方が恐怖感が大きいのです。
   そのため被害の回復が出来なかったり、ますます膨らむことにもなりかねません。
   「僕たち(息子・娘)を安心させるためにも気に掛けて貰う様にしたから」と
   ご両親を説得して下さい。
   尤も、貴方よりしっかりしている両親の方の場合は・・。

・介護保険課・・・
   キーパーソン=文字通り「鍵になる人-要(かなめ)になる人)です。
   ご両親の廻りに、知人や親族など日頃から気に掛けてくれる方々が多くいることと思います。
   それだけに、一旦何かの支援を選択する段になったら百家争鳴、「こうあるべきだ」
   「いやそうじゃない」ご両親の周りの人それぞれが意見を持ちなかなか決定が行われない
   事態が出て来ます。
   勢い、そこで決まることはそれぞれの方の意見を採り入れた総花的なプランに落ち着き
   かねません。
   それでは困るのです。
   もし貴方の発言に「鶴の一声」の威力があるのなら、どうぞキーパーソンとして貴方の
   連絡先を各所に登録して下さい。
   首尾一貫したケアプラン(介護支援計画)策定が容易になります。
   実は、各担当者はキーパーソン探しに苦労しているのです。
   どなたも私がキーパーソンというお顔をしていますから。
   この方こそキーパーソンであると思い込み、その方の意見を採り入れて計画を策定し、
   その後、真のキーパーソンの登場で全てがひっくり返ると言う経験を皆さんしているのです。

・電球・・
   地域の電気屋さんは、ご両親の生活に必要な様々な情報をお持ちです。
   蛇口からの水漏れ、それなら・・あの水道設備屋さん。
   ちょっとした大工仕事、ああそれなら、・・あの工務店。
   しかし、昨今の風潮から、足繁く高齢者のお宅にお伺いするのも面はゆいものです。
   貴方からの要請なら堂々とご両親の居宅を訪問出来ます。
   様々な場面で、ご両親の生活を安全にサポートしてくれると思います。

・はきもの
   毎年多くの高齢者が、転倒事故による骨折に起因する障害を持たれたり
   寝たきりの生活をやむなく送っています。
   つまずきによる転倒事故を起こされた方の多くが、「最近足が上がらなくなっていた。」と
   言われます。
   足が上がらないから転倒した。これは間違いです。
   その証拠に、大部分の方が日常20cm前後の玄関框の昇降を行っています。
    それではなぜ、足が上がらなかったと言われるのでしょう。

   ゴルフに例えると。
   ピンまで150ヤード(俺の力なら6番アイアンでピンそば!)、残念ショートです。
   実は貴方が握られたクラブは、いつの間にかロフトが変わって7番或いは8番の
   クラブに変わっていたのです。

   高齢になった貴方のご両親の身体にも同じようなことが起こっているのです。
   クラブなら買い換えれば対処出来るのかも知れません。
   しかし長い時間で体得した感覚はそうは行きません。
   つまずきの原因を一つずつ消去していくことが大切だと思います。

   本文「故郷の老親にあなたが出来ること」を見てない方には読みづらい文章になってしまいました。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

久しぶりにコメントさせていただきます。
(前回はメールだったかしら?)

カンファレンスの件、おっしゃるとおりです。が、その様な人は頻繁にお会いします。
サービス提供者会議に出席しても、複数のデイサービスを利用していたりすると、ケアマネさんの前でアピール合戦です。
 「うちの事業所ではこんな問題をこのように解決しています」の話ばかりで・・・。
私としては現況確認とこれからの方向性をもっと話したいのに、肝心の在宅の話はほとんどせず、通所内の話で会議が終わります。
 結局在宅生活の支援者という意識よりは、事業所職員の意識の方が上回っている為に「在宅は大変ですよ」発言になるのでしょう。利用者・ご家族に配慮しているとは思えません。実際やってみてダメならダメで考えるべきなのに。やっぱり家族は近くにいる方がよいでしょうし。
確かにこの業界、非常に厳しい中で競争していかなければなりませんが、利潤追求ばかりでは利用者さんに信頼されないのでは?
【2007/07/19 00:39】 URL | mucca #- [ 編集]


muccaさん コメント有り難う御座います。

いつもカンファレンスに参加するたびに思うのですが、なぜもう少し分かり易い言葉で話せないのだろう。
なぜ、退院後の実際に即した方向で話が進まないのだろうと疑問に思っています。
専門職同士の言葉のヤリトリの中、ご家族は緊張するだけです。

相手が理解してくれないのは、理解出来ない方に責任があるのではなく、情報を分かり易く伝えられない方に責任があるのだと言います。
私もそう思っています。
【2007/07/19 19:19】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


 共通言語での意見・情報交換ののち、共通理解が生まれ支援者が同じ方向を向いてから御利用者主体の在宅での支援が始まります。医療は医療の用語、看護師は看護の用語、建築士は建築の用語、介護は介護の用語。通じるはずはありませんよね。尊重・思いやりの気持ちが欠けているのではないでしょうか? その垣根を取り払うことから「バリアフリー」が始まるのに、段差を無くして平坦にすること・段差をスロープ化することが「バリアフリー」だと世間は知らず知らず植え付けられています。

 本当のバリアフリー社会は・・・まだまだ遠いかもしれません。

 (だから 微力ながら 頑張っているのですけど)

御指導よろしくお願い致します。
【2007/07/20 01:13】 URL | mucca #- [ 編集]


その通りだと思います。
意識のバリア、知識のバリア。

物理的なバリア解消の前に、ご本人・ご家族の思いを忖度し、一通りではないその人なりの個性ある生き方を尊重することこそプロの仕事だと思います。

muccaさん 今後ともご卓見をお聞かせ頂くようにお願い致します。

まだまだ駆け出し、これからもずっと駆け出しのつもりです。
【2007/07/20 19:07】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/91-2498fc4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。