アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 白蟻について
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蟻について
宮崎の県南地方で初雪です。暖冬だと油断していたら、ここ数日の寒さです。そろそろ仕舞おうかと思っていたファンヒーターにも朝夕頑張ってもらっています。
桜の開花もこの刺激で早まるかも知れません。

小冊子「認知症に於ける住まいの工夫」が、地元ローカル紙で紹介されました。
 記事
思ったより大きく紹介して頂きました。ポツポツ窓口に見えて持ち帰って頂いているようです。
写真写りが良くないと文句を言ったのですが、家族にいわせるとそのまんま(現在、宮崎では使いづらい用語になっています)だそうです。
認知症の家族を抱えるご家族に少しで役立てば幸いだと思っています。

今日は過日、依頼を受けた改修現場のお話です。  

実家に一人で暮らしている母親と、退職を機に同居予定をしている方からの依頼でした。
休日ごとに東京からお帰りになっています。
元々大家族のお家で、増築の必要は無いのですが和室がほとんどで使いづらいため幾室か洋間に変更し和式のトイレも洋式にしたいとのことでした。

お伺いしてすぐ感じたのは、妙に畳みがブカブカしていることでした。
息子さんは、「家が古いので根太が傷んでいます」と言われましたがどうも違うようです。
畳をはぐって床下を覗かせて頂きました。畳をはぐった瞬間から、カビくさいような湿った空気が上がってきます。
床下の写真です。
床下1
束石にへばり付いている茶色の帯は白蟻の道です。大引き(束が支えている横材)にぶら下がっているのはカビのようです。
どのお部屋の床下も似たような状況でした。土台もかなり浸食されていました。急遽、改修方針の変更の打合せになりました。
息子さんは、何とか手当をして改修したいとの意向でしたが、私の方からは「ここまで進行していると構造的な耐久力はかなり落ちてしまっています。大きな予算を掛けて改修しても早晩立て直しが必要になります。」「しかし、若干記憶力の減退が見られるお母さんにとって急激な環境の変化は好ましくないと思います。」

最終的に決まった方針は、
1.現状より食害が進まないように手当てする。
2.使う部屋を限定し大きな予算を掛けない。
3.トイレの改造は行う。
4.立替は将来、時期を見て行う。(有り体に言えば、お母さんを見送ってからと言うことです。)

工事を行って分かったこと。  
床下2
この地域は以前、床下浸水する事が多かったので床下換気口をモルタルで塞いでいました。その後、河川工事で浸水はなくなったのですがそのままにされていたのです。
田園地帯なので水田も多く、床下の土は乾きにくい環境です。そこに通風を妨げる工事をしているのですから、当然の結果だったわけです。
下見に来た白蟻駆除の方が珍しい物があると言って写真を撮ってくれました。
床下3
宙を飛ぶ蟻道(ぎどう)です。通常は折れて残骸しか残っていないそうですが、ここまできれいに?残っているのは珍しいと言っていました。 
改修に当たって、食害を受けた建物の改修をする事は珍しくないのですが、通常はその残骸を処理する事が多く現役で活動している場面を見ることはそう多くありません。
駆除処理前に床材の撤去を行っていると、目の前で、白蟻君達は壊された蟻道をせっせと補修しているのです。
休憩をして戻ってみると1cmほど補修が済んでいます。そのたくましさには驚かされます。

ここで、担当した処理業者さんのアドバイスをお伝えしておきます。
1.床下換気口は充分に確保すること。
2.床下に使う材料は防蟻を注入した材を使うこと。
3.時々は畳室や床下収納庫などから床下を点検すること。
4.換気口の前に物を置いて空気の流通を妨げないこと。

後日談。
息子さん達が帰ってきて、お母さんは凄く元気になられました。
お約束の立替は当分無なさそうです。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/77-2ab339a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。