アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 老後も安心して暮らせる住まいの定理:住まいの立地条件まとめ
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後も安心して暮らせる住まいの定理:住まいの立地条件まとめ
前々回のスレッドの続きです。

ブログを見た友人から、
積雪がある地域の場合、延岡市のような南国と違って、生活道路が
坂道である生活環境は高齢者にとってより困難な状況になってしまうね。
と感想を述べていました。

私の住まいも狭い坂道の上にあります。
滅多にないことですが、冬季に生活道路であるその坂道が凍結すると
人・車ともに動きが取れなくなってしまいます。

都心で積雪があると、坂道を通勤通学する人たちがスリップして転倒するシーンが
照れ笑いしながら立ち上がる様子とともにニュースで放映されます。
これが高齢者だったらとんでもない事故につながってしまいます。

こうしてみてくると、高台の団地より低地の団地の方が高齢者にとっては
有利だと考えます。
又、選択する団地の規模も統一感のある大規模な分譲地より、小規模な分譲地が複層的に
存在し且つ分譲時期がまちまちな団地が高齢者にとっては
有利だと考えます。
理由は前回も述べましたが、いわば「地域団塊の発生」を忌避するには
様々な年代の世帯が混在する集落である必要があります。

高齢者にとって望ましい住まいの立地条件は、
1.生活道路が坂道でないこと
2.バス通りに生活道路が近接していること
3.大規模な分譲地内でなく又近接もしていないこと
4.新旧様々な形態の住宅が混在する地域であること

これすなわち、地域の方々の干渉の多い生活空間と言えます。
まさにその必要性をお話ししています。
そんな生活とんでもないことだという方はやむを得ません。
ただ、すでに高齢のお二人又はお一人で孤高の生活を続けようとしても
容易でない事例を小さな地域でも日常的に目にします。

  団塊世代の明け暮れに 勝つことばっかり夢にした♪
  戦終わって 夕日が落ちりゃ♬

吉幾三の「その昔」という歌です。

そろそろ突っ張ってきた肩から力を抜いて、共助・互助の空間に身を置くことも
賢い老後のあり方かもしれません。
そうした空間を得やすいのが上の立地4条件です。

次回から、空間について述べてみます。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。