アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 老後も安心して暮らせる住まいの定理-2
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後も安心して暮らせる住まいの定理-2
「マンションより戸建ての方が良いというのは、片手落ちの評価じゃないでしょうか?」
という内容のメールを先日のスレッドに対し頂きました。
なんでも、ご両親が高台の戸建て団地にお住まいで、最近父親が免許を返納したため
買い物や病院通いに不便をかこっており対応に苦慮されているという内容でした。

まさにこれが次の次くらいに取り上げようとしていた事項でした。
メールをいただいた方には「次のスレッドでご疑問にお答えします」と
返信させていただいています。

従って今回のテーマは「戸建ての立地条件は」についてです。
内容は下記へ。

戸建てであっても高台にあるため、車を手放すと著しく生活が困難になる。
というテーマから。

高齢者の戸建て住宅の場所として適切なのは、
高台の団地なのかそれとも低地の団地なのか。

もっともここで高台と言っても、道路から数mといった団地ではなく、それなりの
長さの坂道を有する団地を想定します。
また低地も、高台への比喩としての表現でありいわゆる窪地ではなく、国道や市道の
標高レベルの団地を想定します。

自家用車の利用が可能な世代期は、防災や景観という面からすると高台に分がありそうです。
実際、数年前の東北大震災の後、市内の高台にある団地の人気が急激に高まりました。
その団地を突き抜けるメインの坂道は、映画やドラマに使えそうなとても急な勾配をもちます。

具体的な話として、
先に話題にした市内の高台団地中央にはバス停留所があります。
従って、そうした公共交通機関が利用できるのであれば運転免許を返納しても
外出のサイクルは変わって来ますが、何とか対応が可能ではないでしょうか。

ここからは一つのストーリー。
・丘陵を開発して大きな分譲地が出来た。
・ほぼ同じ宅地面積での分譲が行われた。
・同じような所得・年代の夫婦が入居した。
・地域の幼稚園は満杯となり、団地内に託児所が運営されるようになった。
・地域の小学校、中学校と団地の子供達の成長につれて児童数が膨らんでいった。
・自治会の努力も有り、バス停が設置された。

年月を一部早回しで
・子供達の巣立ちで、みるみる団地の高齢化が進んだ。
・通学や通勤の住人が減り、バスの利用者が極少なくなった。
・バス会社からの要請で、住民に対しバスの積極的利用を自治会が呼びかけていている。
今まさに、この段階です。

要は、バス利用者が団地住民に限られ一般道のバス便のような不特定の利用者が
当てに出来ない閉塞した団地では、運行維持は困難なことは元々自明の事でした。

余談になりますが、
同じような条件の宅地を一気に開発分譲させるのは道路や排水その他の
インフラを整備するには良いでしょうが、大きな政策ミスではないでしょうか。
いわば団塊世代を形成した、戦後日本の流れと同じ事をしているように見えます。

数十軒あるいは数百軒の新築が出来、同じ年代の子供達がその地域で
一つの大きな塊として地域の幼稚園、小学校、中学校の空間を一時期膨張させては
収縮移動してすり抜けていく。
残るのは、廃園や廃校を余儀なくされる教育施設です。

まさに余談でした。
長くなりました続きは次の回に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。