アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 老後も安心して暮らせる住まいの定理-1
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後も安心して暮らせる住まいの定理-1
時たまNHKの朝のドラマを見ています。
洗濯機の公開試験の様子が出ていました。
ハンドルを回して衣類を絞る場面、とても懐かしく観ていました。
シーツや大きな布の洗濯の時にはよく手伝わされました。
厚い布の部分が通過する場面では、中学生の腕力で目一杯ハンドルを回していました。
結構頑丈な機構だったんだなーと今更に感心してしまいます。

今回からしばらくは、どのような住まいの有り方がより
老後に安心を与えられるのかを考えてみたいと思います。
先ず1番目として、居宅構造があります。
簡単に言えば集合住宅(マンション)か戸建てかということです。

それぞれ賃貸と持ち家という形態がありますが、状況に応じて移転が可能な賃貸は
今回置いておいて、持ち家に限っての考察を行いたいと思います。

先ず、高齢者にとってのそれぞれの利点をピックアップしてみます。
1.マンションの利点
  ・防犯機能が高い
  ・居住空間以外の家屋周りの清掃作業が不要
  ・比較的風水害に強い
  ・概ね利便性(買い物・交通手段)の高い地域に存在する
  ・プライバシーの保持が容易である
  ・近所づきあいの煩わしさがない

2.戸建て住宅の利点
  ・状況に合わせての増改築が容易である
  ・地域活動参加が容易である
  ・庭での趣味活動が出来る
  ・地域で、人とのつながりが取りやすい
  

こうして見てみると
マンションの場合の主な利点は利便性であり、戸建ての場合は地域との関わりと
見ることが出来そうです。

たまたま私の母親は近くのマンションに住んでおり、私自身は戸建ての古い団地に
住んでいます。
従って、自然に両方の高齢者の生活のありようが分かる位置にいます。

マンションの方は母が住んで10年ほどになりますが、お隣のおおよその家族構成は
分かるようですがそれ以上の情報はないようです。階上・階下のお宅のことは
さっぱり分かりません。
引っ越しの作業を見てどなたかが入居か転居らしいと分かる程度です。
雨戸も必要なく、鍵1本で戸締まりも完了です。

一方戸建て団地の方は、毎月のように何らかの行事があり顔を合わせることが
多いため、住人の情報がある程度共有されています。
ある意味ではプライバシーを完全に保つことが難しいといえます。

この住居環境の違いと高齢者の暮らしとの関わりを、次回以降で
考察したいと思っています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。