アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 跳ね上げ手すり
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

跳ね上げ手すり
最近、地域の新聞やチラシにポリテクセンター訓練生募集の広告が出ています。
昨今の経済状況によって応募者が減っているのでしょうか。
ポリテクセンターは独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の中の
就業支援・訓練組織です。

いくつかのコースがあるのですが、私は住居系コースの
福祉系住環境整備訓練コースの講師として、延べ900人弱の訓練生とお付き合いしました。

一定の座学の後、不自由のある身体状況を想定した利用者を対象に改修プランをたて、
又、実習棟で実際にプランを形にしていきます。
最初の改修プランを立てるグループ討論の場で、様々な意見や疑問が発言されます。
私が想定していない疑問や意見がたくさんやりとりされます。

この場面もすごくためになります。
一般の方の、対応策の考え方や私が解説した事柄への反応のあり方は、一方的に
お話しさせて頂くセミナーなどでは経験できない事柄です。

その中で感得させて頂いた事柄について下記へ。


下記の手すり商品はよくご存じだと思います。
       跳ね上げてすり樹脂仕様   跳ね上げてすり木仕様
       便器での座位保持や立ち上がり支援に役立ちます。

実習棟の改修訓練でも、この部材を活用するよう指導します。
左半身片麻痺の方を想定したプランニングです。
麻痺側の壁が便器から遠い位置にあるため、通常の取り付け方では
麻痺側の手すりが遠く使用できません。
当然にこの跳ね上げてすりを設置しています。

改修後は障害を持つ状況を想定して、改修効果確認のため、屋内を移動します。
中には、そこまでしますかと言うほど、表情を含めて演技して頂く方もいらっしゃいます。

そうした方が、便器に座って跳ね上げてすりの操作を行います。
麻痺側にある左手すりを、健常な右手で跳ね上げます。
おやっ、セットできません。
途中までは上がるものの、背面壁に縦にロックさせることが困難だと訴えます。
次に、壁に密着している手すりを下げようとすると体幹が麻痺側に大きく崩れます。

それまでの方は、お座なりに手を触れるか振り返るくらいで済ましていました。
演技者が登場して初めて、跳ね上げてすりの利用法が分かりました。

麻痺側に手すりを必要とする身体状況の方は、これら跳ね上げてすりを
自ら操作することは困難です。

介護者が麻痺側の動作支援を行う時に、固定では邪魔になる手すりを跳ね上げる。
座位が安定したら手すりを下げて室外に待機する。
排泄が終わったら逆の手順で手すりを操作する。

うかつにも私も、
座位で麻痺側の腕を手すりに乗せている姿しか浮かんでいませんでした。

この演技過剰?の方の出現がなかったら、まだまだその思い込みを修正できなかった
と思います。

思い込みのもう一題。
排便後の後始末(おしりを拭く動作)
私は、私の手法が日本人共通の動作であると考え、なんの疑問も持っていませんでした。
効果確認動作の中に、訓練生からそうではないということを教わりました。           
               排泄後の動作新潟医福誌2(1)55・59より
私の手法は、この中の1つに過ぎませんでした。

このほかにも、講義中に頂いた質問や疑問から、様々な思い込みや読み込みの浅い知識に
気づかせて頂きました。
900人弱の人々とのこうした関わり合いは、日常の業務や狭い工事経験では得られない
貴重な経験を与えてくれました。感謝です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

先生
こんにちは!
お元気でしょうか?

市役所
見に行かれました?

私にとって、建物を見ることは
懐かしくもあり
刺激にもなりました

新しい発見、刺激て
大事ですね
ではまた(^-^)
【2015/02/15 11:30】 URL | 綾織 #2Z5jlXfU [ 編集]


ayaoriさん ご無沙汰です。
新しい路線に取り組んでいるところで、ブログの更新も出来ていません。
メールも迷惑含めて150くらい溜まっていました。

新役所の見学には行けませんでした。
業務が始まってからゆっくり見学したいと思います。

福祉課を通じて障害者のための配慮をあれこれお願いしていたので、
楽しみではあります。

お返しのコメントが遅れて申し訳ありません。


見学の感想をブログやその他で表現したいと思います。
【2015/02/16 19:38】 URL | ぼくと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。