アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 加齢対応住宅 続々2
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢対応住宅 続々2
続々の2という順位付けはないような気もしますが、まあ続編ということで。

先日のスレッドで、リフォームアンケートの夫婦別希望箇所で1位が異なっていましたが、
2位は何れもトイレで共通しています。

療養が必要な身体状況で、最も支援環境が必要な場所が、トイレであることは自明です。
加齢による身体虚弱や療養環境におけるトイレ室の整備には様々な要点がありますが、
必要となってからでは対応が容易でない工事に、トイレ室の断熱工事があります。

便槽の所在から、より冷所である北方が定位置とされた慣習は、便槽が不在となった
現在でも積極的に見直す必然もないためそのままとなっています。

経年による傷みが窺える住宅の裏に回ると、しばしば壁面にこけのようなものが広がって
いるのを目にします。
これは大半が、断熱材として敷設したグラスウールが水分を含み自重で滑落したため
壁面下部に湿気が集中しているためです。
  グラスウール脱落 平田建設(株)さんのHPから

留め具がしっかりしていれば落下までには至らないのかも知れませんが、大半の仕様は
ホッチキス止めとなっています。
経年で錆びて保持力は無くなりますし、本体にも自立力はありませんから当然に落下してしまいます。

またグラスウールは低価格で優れた断熱性が有りますが、一旦水分を取り込んだら乾燥しにくいという
特性があります。

南面の壁面であれば湿度の高い空気も、晴天日の太陽熱で放湿されますが北面では
上手くいきません。
断熱材が落下するゆえんです。

トイレ室での動作は身体状況によって様々な態様が出現します。
また滞在時間も様々です。
濡れた下着を脱ぎ去ったり湿ったオムツを取り外したり、冬場は特に体温を奪われる
動作となります。
これによるヒートショックについては論を待たないと思います。

トイレ室の壁床の断熱工事、窓ガラスの複層化が推奨されます。
特に床の断熱は、前提となる工事が、便器や設備の撤去など大掛かりなものとなります。
設備の更新時に合わせて行うべき工事です。
窓ガラスの断熱は、複層ガラスの採用でも樹脂サッシの並設でもかまいません。   
複層ガラスサッシ 複層ガラスサッシ   樹脂サッシ 後付けの樹脂サッシ

ただし断熱材についてはスチロール系のものを推奨します。
天井裏についてはグラスウールでも構いませんが、取引単位からすると
むしろスチロール系の方が容易かも知れません。
       旭化成石油系断熱材


施工上家族がチェックすることは、断熱材が床壁何れも、室内側の床壁に密着している
かどうかの確認です。
内室側の床壁と断熱材の接面に空気の流通する隙間があると、断熱は不完全になります。

断熱が一定程度なされているトイレ室であれば、よほど使用頻度が高く無ければ、
便器本体の暖房便座の暖気機能でも室内は暖かくなっています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。