アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 加齢対応住宅 続
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢対応住宅 続
加齢対応住宅の、新築見学会の広告が出ていました。
いわゆる「お施主のご好意により・・」という入居前の見学会です。
文中に曰く、
「できる限り段差をなくし、家中に手すりを付けてみました」
うーん、こういうことなんですね、未だに。

段差をなくす・・これはまあ有りかもです。
家中に手すりを・・何をか言わん。

表題については下記へ。

特養の待機者がおおよそ52万二千人くらいだそうです。
一方、現入所者は51万人くらい。
今の、倍の施設を作っても足りない計算です。
もっとも、ダブってあちこちの施設に予約をしている方もいるので、
単純に倍とは言えませんが。

今後、団塊世代の高齢化による入所待ちが増えてくると、現実に倍の
施設でも足りなくなります。
そこで厚生労働省の方針も「施設から自宅へ」です。

しかし、上段で述べたような「家中手すり・・」の認識では、とても自宅での生活継続は
望むべくも有りません。
国土交通省にも厚生労働省にも、外郭団体・補助金支出機関等、様々な研究機関が付随しています。
「・・自宅へ」と言うことであれば、それなりの指針やガイドを作るべきだと思います。

一方、介護保険関連工事のメニューは、よく出来ていると思います。
対症療法としての、必要な環境整備手法は、ほぼ網羅していると思います。
しかし、自宅での生活継続を図るには対症ではなく、予防の整備手法が必要です。

なにも介護保険と同じような資金支援制度を言っている訳ではありません。
加齢に伴う虚弱化や疾患に、容易に対応できるリフォームや工法を研究・指導して
欲しいと考えています。
言わば、加齢に対応しやすいベースリフォームとでも呼べば良いのでしょうか。

ベースリフォームの考え方が浸透すれば、いわゆる先取りムダや再生ムダも
無くなると考えています。

先取りムダや再生ムダについては次回に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。