アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 安全な住まい-照明他
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全な住まい-照明他
当地、延岡市立図書館の二階への階段です。
一見して分かるように、壁面手すりが湾曲しています。
      図書館階段右
            
         反対側の壁面です。図書館階段左

段差の異なる(階段部から平坦部へ)箇所でのつなぎが曲部となるのはよく見かける
仕様ですが、この手すりは昇降部分で高さが弓状に変化しています。
この施設の設計者および管理者は、手すりを単なる規則上の設置物と捉えて
美観上の見え方を優先し、手すりの持つ本来の価値を下に見たようです。

このことで極端に手すり設置の意味が失われるとは思いませんが、
支援機能を犠牲にしてまでデザインを優先する考えは、特に公共施設においては
憂慮すべき発想だと思いました。

表題については下記へ。


延岡市内の電器店で組織されている組合の役員さんから連絡がありました。
来月(9月)中旬に理事会を開くので、先頃から申し越しの提案について、その場で
説明を願いたいとのことでした。

以前のスレッドと重複しますが、再度経過説明を。
5月に、市内ケアマネと市担当課との連絡会がありました。
その際、改修を伴わない住まいの安全整備についてお話をさせていただきました。
セミナー内容の一部に、電器製品量販店の利用だけでなく電球の取り替えなどの作業を
気安く依頼できる関係を作るためにも、地元電器店さんの利用も戦略的に推進して欲しい
ということをお願いしました。

セミナー後、一部のケアマネから
「確かに量販店に電球の取り替えなどの作業は頼みにくいが、昨今の高齢者を取り巻く
詐欺的事件の発生を考えると安易には利用者に勧めにくい。実際、自分自身も主婦として
気安く頼める電器店を持たない」という話を受けました。

つてを頼って市内電器店の組合役員さんにつないで頂き、有償ボランティアで高齢者宅の
電設環境の整備(電球の取り替え、製品の不具合、不適切な電設環境、リコール商品の発見等)
を行っていただけないかを申し入れました。

お話しした役員さんからはすぐさま良い反応をいただいたのですが、なにせ組合の構成が
ややこしい部分もあります。
ナショナル系、日立系、・・系と系列も多岐に渡り、各店とメーカーとの関係も同系列であっても
各店で異なっています。また組合の上部組織との関わりも無視できません。
それやこれやで当初、7月位に発足をと手前勘定で考えておりましたがようやく9月に
理事会という運びになったようです。

実は当初、この申し込みをする際に電器店の現状について若干のリサーチを行いました。
各地と同じく、当市にも量販店が進出しています。現在3店舗です。
進出に伴い、地元電器店数は進出前の半分になってしまいました。
勢い後継者も不足し経営者の高齢化も進み、人手を要する工事の際は
互いに手伝いを融通し合う状況でもあります。

役員さんとのお話のなかでも、「以前は、得意先の電器製品はすべて把握していたし、
掛かっているカレンダーも当店が差し上げたものがぶら下がっていた」
「今は、お宅に伺った時にいつの間にという商品も存在しているしカレンダーもいろんな店の
ものがぶら下がっている。そのお宅の高齢化に伴って得意先が年々減っているのが
現状です」というお話でした。
一部データでは、全国的に、量販店出現前の1/10の売り上げ額という数字もありました。

最も、それでは量販店の一人勝ちかというとそうでもありません。
量販店で実際に商品を手にとって確認し、ネットで注文という商形態があります。
ここでは量販店が単なる展示場扱いされます。
かく言う私もその一人です。
しかしここには、当該商品を含めた総合的なケアの考えはあり得ません。

今回の有償ボランティアの要諦は、
・有償であること
・作業ごとに一定の金額を明示すること
・団体としての全体責任をとること
等々です。

参加電器店のメリットなどのお話は後日に。
要は、よく言われるウィンウィンの関係でということに尽きます。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。