アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 ポリテクとの 総括2
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリテクとの 総括2
私の担当期間は、1クール6ヶ月の終盤の2ヶ月間に収斂されます。
5ヵ月目スタート時30名ほどいた訓練生仲間も次々に就職が決まって、ラストの月には
状況にも因りますが2/3または半数近くに減ることもあります。
在籍している方々にとって、心理的にはかなりしんどい時期ではあります。

そうした状況下で、希望職種が建築系でも福祉系でもない方々が「福祉住環境サービス科」という
コースで連日講義を受けるというのはかなりのストレスがあると考えます。

「このコースを卒業された方は、福祉的な環境整備に関わる訓練を受けているという経歴は、
 入社時の記録として必ず把握されています。店舗や事業所において、障害者の雇用または
 高齢者を含めたお客様の利便を図るという場面では、間違いなくあなたへ諮問があります。
 そのとき、きちんと期待に応えられるかどうかはその後の評価に大きく関わります」
従って個人宅の住環境整備に特定せず、就業先の事業所においても対応できるであろう内容に
講義内容を勘案してお話させていただくようにしています。

(其の都度伝えたい想い)
・恥をかかせない。
 家庭でも事業所でも、恥をかかせることのない、使用方法の安易な設備、環境に。
・思い出を大切にする。
 連れ合いを失くし友を失くし、人に必要とされる機会がなくなっていく。
 高齢者は失くすばかりです。それだけに想い出は大事にしてあげてください。
・安全な使用方法を記憶できるうちに。
 レコード原盤が柔らかい時に刻んだ記憶の溝は深く、なかなか失われません。
 硬くなってしまってからの浅い記憶の溝はしばしば針飛びします。
        レコードと針 画像はhttp://dot.hobby-web.net/sb/log/eid269.htmlさんから

・生兵法は怪我の元
 本人、家族の承知していない病状情報について、生半可な知識を不用意に披露する。
・介護力と福祉用具
 用具の利便性と同時にそれへの介護者の支援力も併せて考える。
・幼児帰りと神への接近
 認知症を「赤ちゃん帰り」として扱うのが一般的です。しかしアイヌの人々は、意思の疎通が
 出来なくなったとき、彼は神の言葉を(神用語)話していると考えたそうです。
・プランに正解はありません。
 ご本人、家族に採用されたプランがあるだけです。
・自己選択、自己決定、自己責任
 一定の規模の改修プランは二つ以上提供する。一つのプランで諾否を求めるのは
 脅迫と同じ。(やるかやらぬかでなくどちらを選びますか)
・工事完了と終了 
 工事完了や福祉用具の搬入で終わりではない。改修個所の使い方、福祉用具との
 連携などそれらの手順をしっかり納得していただいて、先ずは取りあえずの終了です。

(検証の締めに際し)
・コラボレーション
 本来建築コースであるため、訓練も建築的な内容が大部分を占めます。そのため改修工事
 だけで環境を整備しようとする傾向になりがちです。
 下の写真は要介護3(車いす対応)の方のための改修ヶ所です。
         コラボレーション 訓練生は、ご主人の支援で入浴出来るように奮闘します。
しかし、高齢のご主人の介護力では入浴は困難です。

この場面は、
・脱衣室~浴室間の段差解消工事を行ったことで (建築)
・キャスター付きシャワーチェアで移動ができ    (福祉用具-テクノエイド)
・ヘルパー職の入浴介助が可能になりました。   (人的支援-ヒューマンエイド)
で収まる場面とお話します。

「専門職(大工、福祉用具店、介護職)は往々にして、この三つのコラボレーションを
 忘れることがあります。
 福祉住環境サービス科の卒業者である皆さんは、常に職場でのコラボ(製造、営業・・)
 を意識して業務に携わってください。」
検証の場での最後の言葉です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。