アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 ユニットバス
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットバス
正月明けに、知事選挙があります。今までは夏の改選期だったので、候補者の方は終盤、真っ黒に日焼けしていました。何せ南国の選挙です。
しかし今後は、任期中に事故がない限り、毎回冬季の熱い選挙戦になるそうです。
夏ならともかく、冬、車の窓を開けて連呼する。凍えてしまいます。
告示になったら選挙も終盤とのことで、正月前から水面下の選挙運動となるのでしょう。
それでなくとも慌ただしい年末が、一層慌ただしくなりそうです。

今日はユニットバスの導入について。 
現在はシステムバスという言い方もあるようです。
マンションやホテル用がユニットバス、戸建て用がシステムバスとされているようですが、厳密な定義付けはされていないように感じます。
オプションの少ないものをユニットバス、オプション選択の幅の広いものをシステムバスとするメーカーもあるようですから。

ユニットバスが国内に導入されたのは、東京オリンピックの時だそうです。当時、体育館の床に座ってテレビを見ていました。女子バレーのごつい方々を見た後では、ソ連邦の女子体操はまぶしいばかりでした・・。それはともかく。
当時、受け入れ施設であるホテルが、改装に当たって導入したのが最初だと言われています。
限られたスペースに浴槽、洗面台、便器がセットされました。今でも、ユニットバスというと、このタイプを想像する方が多いようです。
今は、これらのタイプは3点ユニットとか呼称されて、普通のユニットバスとは区別されているようです。
多層住居施設で、水回りに要求されるのが階下への水漏れ防止です。大きなタライ?をベースに、組み立てたユニットバスはその要求に応える存在でした。

オリンピック景気が済んだ後、メーカーは戸建て住宅への浸透を図ります。
本来多層階向けの製品を、1階に設置されることが通常である、浴室に設置させるためには様々なアピールが必要です。
曰く、カビが発生しにくい。家にいながらホテルの雰囲気。施工時間が短い・・・。
本来一番重要であった、水漏れ防止性能は余りアピールされなくなりました。
そのため、多層階では禁忌である出入り口の平滑化も可能となりました。
いわゆる、バリアフリーの出入り口です。タライの一部を切り取った訳です。
斯くして、戸建て住宅へのユニットバスが可能になりました。その現状は皆さんご存じの通りです。

私は「在来浴室推進協議会」(そんなものは無いと思いますが)のメンバーでもありませんし、「全国浴室左官組合」(コレもないと思います?)の組合員でもありません。
2階以上のフロアーに浴室を設ける困難さは、過去の経験からも良く承知していますし、そうした際のユニットバスの優れた性能については高く評価しています。
懸念するのは、設置後の改造の自由度です。

将来貴方が、どの様な身体状況になるのかは、私はもちろん貴方にも分かりません。
浴槽の取替で対応出来るかもしれません。浴槽の設置位置を変えることで対応出来るかもしれません。又は・・・。
その際の、自由度がユニットバス導入の懸念材料です。

諸先輩の方々の浴室改造の現場で実感した経験で、お話しているに過ぎません。
またリフォームに際し、ユニットバスを導入する場合の問題点は以前にも述べています。
後はご同輩・先輩諸兄の人生観にもよると思います。
ほとんどの方は、自由に入浴出来る期間の方が、入浴に不自由を感じる期間より絶対的に長いと考えられます。

従って、
オシャレで優雅なシステムバスで、可能な限り、入浴を楽しむのもありかなとも思います。

次回は、またしても・・です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。
 http://www.ju-kankyo.co.jp/blogl-list2.htm
当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/49-3c76c45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。