アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 施設見学
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施設見学
先週、新しくオープンするディサービス施設を見学してきました。
地域の病院が経営主体の施設です。
現在、老健や複数の介護施設を展開されています。

今までにもいくつかの施設オープン時の見学をさせて頂いています。
いずれの施設も真新しく優しさを表現した形と色彩の建物でした。

しかし今回の施設は趣が違います。
元々は繊維系の工場だったところを買い取り、転用した建物です。
外観は鉄骨のトラス(筋交い)が窺え、スレート外壁も塗装の塗り替えなく経年の汚れのままです。

屋内はさすがに壁床とも新装成っています。
元が工場だけに空間は長く広いものです。
階段であがる二階部分は事務室と会議室になっています。
有り余る空間に利用構想が追いついていない感じです。

見学中、なんとなく違和感を感じました。
何なのか見学時はわかりませんでしたが、見学を終えて振り返ったときに
その原因に思い至りました。

さりげなくかもし出されている「手馴れ感」が怖かったんだと
思い至りました。

確かに、外観や空間の有り様は介護の質とは無関係です。
建物の外観にお金を掛けても、介護の質には直接結びつくわけではありません。
集合していただく空間の中で介護は行われます。
しかし、建物の印象をも含めて、優しさを現そうという受け入れ側の姿勢は介護の質にも
現れてくるような気がします。

「手馴れ感」
介護させていただくんだという謙虚さが薄れつつあるんでしょうか。
合理性からは出来るだけ遠くあって欲しい業務だと考えさせられました。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。