アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 工事業者選定あれこれ
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事業者選定あれこれ
昨夕、私が事務局を務める勉強会に、外部講師として特老の管理者においで頂きレクチャーをして頂いた。
経営の話や拘束の話、事故の有り様など極めて率直なお話をして頂きました。
そこには、社会福祉法人としての理念と現実との大きな乖離がありました。
また、親が子を訪う障害児施設と子が親を訪う老人施設、家族が家族を見舞う事は同じであってもその会合の様子は大きく異なるとの話もありました。
「本当は、在宅で暮らせるのが一番良いのですよ」と言う講師の言葉が、現場をよく知る人の言葉として、強く印象に残ったレクチャーでした。

今日は、現実に工事を発注する際のあれこれについて。  
 
以前、三者(社)見積についてお話をしています。重複するところもあるかと思いますが。

発注する側、すなわち貴方です、低予算で良いものをと希望します。
請け手の工務店は、一定の利益を確保出来た上で、仕事を受注したいと考えます。
これにはどなたも反論はないと思います。そのはずですが?。
発注側も受注側も立場は平等のはずですが、実はそうではないですね。

貴方は、建築について充分な知識を持っていません。
一方、相手はプロです。
素人とプロとのせめぎ合いが書面として表れるのが、見積書や契約書・図面です。
貴方はその見積書や図面を充分に読みとれるでしょうか。
ほとんどの方は読みとれないと思いますが、もし読みとれたにしても、プロでも読みとれない部分があります。
それは、技術です。細かな技術的な側面は書類には表れていません。

せめぎ合いの話に戻ります。
貴方は、ひたすら見積額を低く要求します。
工務店は、貴方の要望金額に合わせるよう努力します。
この金額であれば、何とか受注しても良い金額を提示します。
まだまだ貴方は粘ります。
工務店が受注を諦めれば、取りあえずお互いが不幸にならずに済みます。
そうでない場合、工務店は材料の質を見直して減額します。
貴方がそれを納得すれば、技術的な側面を含めてそう問題はありません。

問題なのは、材質の変更にとどまらず工賃の削減にまで及んだ場合です。
大工さんを例に取れば、10日間掛かる工程を7日間の工賃しかもらえなければ、3日分の工程をどこかで短縮しなければなりません。
本来であれば手の掛かる仕口を、ぷっつり切って、釘と接着剤で済ましてしまう。
時間を掛ければ無くせる隙間も、充填材で埋めてしまう。
左官さんであれば、下地の乾燥が終わらないままタイルを張っていく。先行き、下地の収縮に伴ってタイルのヒビが出てくる事になります。
言い換えれば、指し値で勝って仕事で負けると言うことになります。

では、素人である貴方が、どうやったら正当な見積金額と工事を受け取る事が出来るか。

見積金額だけを注視して選択することの危険は今まで述べてきました。
いくら競争見積もりさせても、競争する工務店選びの段階で選択を間違えてしまえば、その後の貴方の努力は無駄に終わってしまいます。
どうすれば良いのか。言い古された言葉ですが、情報収集しかありません。
予定している工事金額を貯蓄した時間は何ヶ月ですか、又は何年でしょう。
その期間に比べれば、工務店選定に多少に時間を掛けることは当然だと思いますし、素人である貴方がプロに対向出来る唯一の手段です。

長い年数、七人の敵と戦ってきた貴方であれば多くの人脈をお持ちだと思います。その人脈を活用しましょう。男の面目躍如という次第です。
但し、親戚・知人の直接の紹介は上手く事が運ばなかったときにしこりが残ってしまいます。又、その方も貴方同様、素人です。

プロの情報はプロが持っています。
設計事務所や建材店等、多くの工務店と付き合いのある業種は様々あります。
高齢者の住宅改修であれば、役所の介護保険や補助金を担当する部署等。
いずれも、正面から行っても親身な情報は得られません。ここで貴方の人脈が生きてきます。
友人知己を介して情報を得ます。建材店にしろ役所にしろ、表立ってどこかを推奨することは出来ない立場にあります。
しかし、友人からの相談であれば親身に相談に乗ってくれます。

工務店の選択が決まったら、率直に話をする事です。
「親戚も近々・・、友人が・・」近い将来の利益を誘導するような話はするだけ無駄です。相手はプロです、何人ものお客と話をしてきています。すでに、値引き交渉の足がかりの一つと見抜かれています。侮られるだけの結果に終わります。

「工賃を下げることなく、材料の質を調整して、貴社が出来る精一杯の見積金額を出して下さい。」「在るところから貴社を推奨されてご相談をする事にしました。」
これだけです、貴方が言うべき事は。

”工賃を下げることなく”-金額が下がったからこんなやり方での言い訳が出来ません。-一つのミソです。
”在るところから”-どこなのか凄く気になります。どこか言わないところが-もう一つのミソです。

こんな長い文章を読む人がいるのだろうかと思いつつ。

次回は、リフォームに於ける見積の取り方について、です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント
いました
とても実際的な話しで、
全然長く感じませんでした。

私は、誰の紹介か聞けた方が気合が入りますが、
今の時勢じゃ仕方ありませんね。
「紹介してくれた人の顔はつぶせない」
そんな考えは少数派になってしまいましたね。
【2006/12/01 00:46】 URL | daiku #l3W7yd.M [ 編集]


記事の二つのセリフは、実際に経験した殺し文句でした。
受注側としては、とても緊張した覚えがあります。
結果として、とても良い現場となりました。
往々にして管理者としては、受注するまでが緊張する場面で、
受注後は気の弛む事が多いものですから。
【2006/12/01 10:20】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/44-5de2405b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。