アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 大工さんの工夫
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大工さんの工夫
古いユニットバスに手すりを付けました。

鋼板が下地となっている最近の浴室壁材で有れば、取付に大きな困難はありません。
そこで奥様から、冷蔵庫の扉に付いているメモ止めの磁石をお借りしました。
残念、壁にくっつけても何の反応もありません。
樹脂板で構成されている壁材のようです。

ここの大工さんは、マンション用のユニットバスを戸建てに転用したようです。
従って、ドアの框部分が10cmほど床より高くなっています。
かなり古い形式のユニットバスです。
従来の取付方法では手すりをきちんと固定出来そうもありません。
しかし健常な方と違い、手掛かりがなければ安全に入浴できない方に、
取り付けできないので入浴を諦めてでは済まされません。

そこで初めての取付方法ですが、アルミの下地板を先ず壁に取り付けて
その板上に手すりを取り付ける工法を試みることにしました。

アルミ板の壁に接着する面に接着剤を塗布し、その上で壁にネジ止めします。
さて、ネジが取りあえずきちんと壁に食いつかなければ接着剤を塗布した
板は壁に密着しません。
厚み9mmほどの中空のアルミ板ですが重量も結構有ります。

ネジ締めの途中まで電動ドライバーでゆっくりネジを回し込んでいきます。
勢いよく最後までねじ込んでしまって数回でもネジが空回りすれば、薄い壁材に
ネジ溝が刻まれずネジ径と同じ直径のトンネル穴になってしまいます。
そこで、最後の数ミリは手回しのドライバーで締め付けていきます。

あと1~2回でネジ頭が板に密着します・・・ギシッ。

何回か手すりを付けたことのある方なら同感して頂けると思います。
この、最後のギシッという締め付けの感触は本当に肩の力が抜ける
思いがします。
これがスカッと空回りした時の気分と来たら。
特に、壁内の状態が手探りの工事の場合はなおさらです。

そうした下地の不明な工事の場合は、着工前にホームセンターを廻って
これが駄目ならこのネジで、それも駄目ならこの資材でと不測の事態に
対処する方法を考えています。

1本決まれば後は楽勝です。
次々同じ作業の繰り返しです。
しかし最後の1本は心構えが違います。
徒然草にもあるように、「より慎重に周りの状況を確認しながら
ゆっくりと」作業します。
最後の最後に不手際を起こして、余計な時間を費やしたことの
どれほど多かったことか。

      アルミ下地板横手すり
L90cmの横手すりです。白い下地板にネジ溝がありますがアルミのカバーが掛かって見えません。

              アルミ下地板L型手すり
L型手すりの写真ですが、右手前に白い丸棒が写っています。出入り口の縦手すりです。
その右に写っている白い板、これも下地板です。若干ネジ溝のカバーの線がうかがえると思います。

大工さんに下地板の取付をお願いしたケースを下記へ。

一般的な住宅の手すり取り付け工事において、壁に直接手すり金物が
取り付けられない場合は、下地板を取り付けてその上に手すりを取り付けます。

ごく一般的に行われる下地板取り付け工事であり、普段大工さんの手を
借りることなく自分で行っています。

しかし今回、なかなか容易でない構造の建物に遭遇しました。
下地板を取り付ける壁下地が見つからない。
言い換えると、有るべき壁下地が有るべき場所にないのです。
こうなると、本職の大工でない私はお手上げです。
親しい大工さんにSOSです。

お盆前の長雨で請けた仕事が遅れている中で、何とか下見の時間を作ってくれました。
しかし、本職の大工さんも首をかしげます。
所々見つかる壁下地の同縁取付寸法に、規則性がありません。
建具枠材は、木毛を集成圧縮した段ボールの様な物でネジが利きません。
「何か考えます」
工事の時間が取れたときには何かの策を持って来てくれることになりました。

以下、工事当日の大工さんの作業です。

 大工工夫クロス切り 
下地板を取り付ける位置のクロスをコの字にカットします。

    大工工夫PB切り
PB(プラスターボード=石膏ボード)を同様にカットしますが、壁面に取り付ける
下地板の巾が8cmなので6cmの巾で切り取っています。

        大工工夫下地入れ
壁内に下地の材を差し込んでいます。壁内の下方の桟に届くように、分割した板を差し込んで
いきます。
それぞれ開口より長く幅の広い板です。
建築時の下地の入れ方に規則性がないため、場所によっては別の工夫も必要になります。

            大工工夫PB戻し
壁内の下地材の差し込みも済み、切り取っていたPBとクロスを元に戻します。
こうしておくことで、将来手すりを取り去った後のクロス張り替えが容易になります。大工さん談。

大工工夫手すり取付
傷跡が6cmの巾ですので、8cmの下地板できれいに隠れました。
壁を下地板の巾に切り欠いて、下地板を壁に埋め込んだ事がありますがこんなにきれいには
収まりませんでした。

大工さんに脱帽です


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。