アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 院内打合せ
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内打合せ
院内で、退院後の環境整備についての打合せを行いました。
ご本人、MSW(相談員)、担当PT、福祉用具レンタル社員と私です。

自宅での移動経路の歩行支援については短時間でまとまりました。
しかし、入浴支援については1時間近く掛かりました。

ご本人夫婦及び成年男子3名(息子)の5人家族です。
生活時間もまちまちです。

浴室は旧式のユニットバスで、ホテル浴室と同様に出入り口に
水返しのドア框(10cm)が存在します。

浴室はいわゆる1600タイプで洗い場も決して広くはありません。
その洗い場に
ご本人用のシャワーイスと浴槽への移乗用具及びご家族が使っている
洗体用いすが混在することになります。
そしてご本人と支援を行う奥様の二人の存在。

加えて旧式のユニットバスのため、壁材は鋼板の裏打ちがない比較的脆弱な
壁材です。

そしてまたご本人は、今回罹患した疾患(脳血管障害)とは別に障害を
持っています。
股関節の可動域制限です。

中学校の化学の先生をしていた先輩は片足が義足でした。
子供の頃、骨折をしてギブスを嵌めたそうです。
父親は遠洋船の業務で出張勝ちでした。
数ヶ月ぶりに帰宅して息子の石膏で固めたギブス姿を初めて目にします。
ここ3ヶ月ほどギブスをしたままであるという話を聞くやいなや
すぐにギブスを取らせたそうです。
しかし遅すぎました。

今回のご利用者もほぼ同じような経緯だったそうです。
何回も手術を繰り返して切断は免れましたが、左右で12cmほど長さが
異なっています。
加えて可動域も大きく制限されています。

今までの相談業務の中で、なるほどと感得したことがあります。
私も相談員も言葉を換えて説得しても尚かつ利用者ご本人が強いて望むことで有れば
精神的な安心という意味でやむを得ないかなと思う場面で、担当のPTは毅然として
そのマイナス面を主張します。

私や相談員には対等に応酬する利用者も、自分のリハ指導を行う担当者であることまた
医療従事者としてのプロ意識に押されるのか相当部分最終的に応諾していきます。
考えるに私や相談員は、その後の業務を考えると、いやがられたり嫌われてまで
説得できないスタンスが有るように思います。

勿論そうした場合も、その後も何回か説得を繰り返して工事実行までには翻意して頂くように
努力しています。
それでも翻意の確率は8割ぐらいでしょうか。

後の2割はどうなったのか-。
これが皆さん結構問題なくやれているんです、それも問題です。

今回、懐かしい場面に遭遇しました。
同席した福祉用具レンタル社員さんです。

懸命にPTにお話をします。
途中利用者さんが話に割り込もうとしても、ちらっと顔を向けるだけで又PTへの話を
つづけます。
曰く
「この方は股関節の可動域に制限がありますので、浴槽からの立ち上がりには云々」
(おいおい誰に話をしてますのやあんたが話してるお人はリハ職やで)と
つっこみを入れたくなりました。

素人の利用者では自分の知識の確かさは判断できない。プロのリハ職こそ
自分の能力を正当に判断してくれる。プロ同士で話をしましょう。
そう思っているのでしょうか

私も昔、営業職でした。
第一期 お客様と何の話をして良いのか分かりません。商品知識もありません
     お天気の話のあとは・・。
     禁忌です。 景気の話、政治の話、宗教の話、色事の話
     (それでもなぜか可愛がられてそこそこの成績は残せます)
第二期 息もつかずしゃべりまくります。
     持っている知識全部ご披露します。
     これだけの知識を持っている人間です。是非ご評価を。
     (接客時点で客を潰してしまいます。成績低迷時期)
第三期 ここまで生き延びればそれなりに営業職でやっているはずです。

まさに第二期の真っ只中にある社員さんでした。
ほほえましく思ったのは私の年のせいでしょうか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント
知識だけではねぇ・・・
頭でっかち~


↑と言いながら 私も過去を回想して懐かしいです。


ご無沙汰してます!(^^)
【2012/09/21 01:42】 URL | mucca #- [ 編集]


本当にお久しぶりです、muccaさん。

BOOKの方は、今のところ敬遠気味で覗くこともまれです。

性格は犬型だと思っていましたがどうもネコ型のようです。

あっけらかんとお天道様に姿をさらすのは苦手のような。

くだんの社員の方に商品の配達時にも利用者宅でお会いしましたが、

来宅するやいなや、現地とは関係のない情報まで延々と話し続けていました。

ポツリポツリの方が、底が深く見えるのにと思った次第です。
【2012/09/22 07:59】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。