アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 中高年のための・・
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高年のための・・
奈良県の方からメールを頂いています。
曰く
>中高年のためのリフォーム術となっているが、疾患などで身体が
 不自由になった人達のための改修術が多いように感じられる。
 ・・・ブログ名称に沿った情報を期待する。

実はこの方以外にも時々おしかり?のメールを頂戴しています。
>ブログあるいはメールで貴ブログを紹介(中高年のためのリフォームの
 ブログとして)したが、どうも違うようだと返信が来る。
 いかがなものか。

一々ごもっともです。
ついつい細かいところに目がいってしまっています。
しばらく初心を念頭に置き、更新してまいります。

実のところ、このブログにもカウンター(訪問者数集計カウント)を貼り付けていますが、
その訪問者数以外に訪問された方がどのページを見て頂いたかどのくらいの時間
ブログに滞在されたかが分析される機能も付いています。
30分~数十分のご滞在は珍しくありません。
そうした方々が次々に連続閲覧をされているのが、いわゆる細かい所を解説した
スレッドなのです。

そうした方々に引きずられる形で<看板にいつわりあり>というスレッドが増えた
こともあると思います。

それでは、名称本義に立ち返って下記へ。

<加齢対応リフォーム>って、老化による体力の衰えに備えてそれに
 対応したリフォームをしておく、ということを推奨しているのですか?」
セミナー参加者からの質問でした。

「何が何でも、一定の年齢に於けるリフォームに際しては必要な対応だ」と
いうのは少しニュアンスが違うように思います。
言い換えれば、
折角のリフォームの機会に際し、
「加齢に配慮した工事プランにされていた方が有利ではないですか」
ということのほうがより正しいと思います。

これは何らかの疾患を持ったことで今までの環境のままでは生活できない状況に
対し、扉を変えたり手すりを付けるといった、いま目の前の状況に対処するという
対症療法のような改修とは当然違います。

もちろん、加齢に配慮するのに必要な知識情報を持ち合わせて対処するということでなければ
有利不利でなく元々無駄な工事と言うことになってしまいます。
そのヒントになることを一つでも見つけて頂ければというのが
このブログの本義です。

「どういう身体状況になるのかも分からない、またどのような疾患を
 持つことかも分からない時にその分からない将来に向けての改修の
 方向性など出るわけがない。」
といったご意見もよく耳にします。

じつは改修の方向性は見えています。
目の前にある不自由を改善するための工事であれば、目的を限定した工事が行えます。
しかし、将来に対する対応の可能性を残さねばならない「全方位加齢・疾患対応」においては
その方位性を限定しない改修を行う必要があります。
言い換えれば、<ふところの広い改修プラン>にしておくということです。
これが、ここで言う改修の方向性です。

たとえば全面的にトイレの改修を行う場合、
トイレ室を隣接する洗面室あるいは脱衣室とワンルーム化して、将来車いすを利用するような
状況になっても対応が容易な改修を行ったとします。
しかしそれは一方で、家族が洗面・入浴を行っている間、他の家族はトイレの利用は
我慢しなければならない場面が出てくるということでもあります。
またその逆の場面もあります。

<ふところの広い改修プラン>とは
今の生活に不自由をもたらさず、先行き住環境の整備が必要になったときに
その都度の状況に軽微な工事で対応できる環境作りに他なりません。

必要な状況でないのに車いす対応の改修を行っておくというのは
正に、上に述べた(車いすの利用という、方位性を限定した工事)そのものと言えます。

また、ふところの広い改修プランは<ふところに優しい改修プラン>であることも
必要です。
たとえば、便器の色を何色にするか。
何色を選んでも費用は変わりません。
        便器色見本

老後に向かって、赤やピンクの便器が適切でないことは明白です。
そうした小さな事から配慮していきます。
そうしたあれやこれやを集束した改修プランが「加齢対応リフォーム」と言うことになります。



スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。