アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 階段について
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段について
講義資料の準備でバタバタしていて、なかなか更新出来ませんでした。
独立行政法人(厳めしい名称ですが)の機関で、住環境に関わる講座が発足し、その一部を外部講師としてお手伝いすることになっています。
講座期間は六ヶ月、長丁場の講座です。私がお手伝いするのはその内一週間程度ですが、受講生の皆さんは、半年間毎日六時間の講義を受けるわけです。大変な労力です。
こういう資質を持った方々が全国で誕生していただけば、高齢者の在宅生活に幾らかでも明るい兆しが出てくると考えます。

まあそう言う事と、本業もしなくてはなりませんし、晩酌の時間だけは確保しなければなりません。
結局、更新が遅れる次第です(堂々、キッパリ)。

言い訳が済んだところで。
今日は階段のお話です。

  

現在必要性もないのに、スロープを作ることは無駄という話を前回?していますが、それでは階段はというお話です。屋外の階段です。

皆さんのお宅の玄関ポーチからの、又は敷地からの階段はどうなっていますか。
踏み面(足を乗せる面)の巾は充分ですか、蹴上(段ごとの高さ)は高すぎませんか。

新築をする際には、敷地と建物との関係を最初に配慮します。次に車庫の位置。
人間様の移動経路は、玄関の位置と車庫と接道との関係で必然的に決められています。
これは、車に比較して人間の方が自由度が高いために、車様に遠慮して人間の通路が決められるためです。
しかし、主体である人間の自由度が低くなってもその上下関係?は変わりません。

車が不要になった方は車庫を無くしているか?。そのまま空き車庫にしている方がほとんどです。
子や孫が来てくれたときに駐車する場所がないといけない。切実な想いです。
今日も、秋風の中、車庫の落ち葉を掃いています。(また、○麿風になってしまいました)。
駐車スペースを改造して安全な通路を造ることは諦めています。

二、三段飛びで行き来していた階段も、何れ生活上の大きな障害になってきます。
庭や外構の改修を考えている方は、ガーデニングや防犯上の事だけでなく階段の改修も考慮して下さい。

踏み面巾を広く、蹴上を小さく。しかしこれは、お互いに敵対関係?にあります。
踏み面が大きくなれば階段の水平長さは長くなり、敷地との関係で蹴上が大きくなります。
一方、蹴上を小さくすれば段数が増え、踏み面の巾は狭くなります。

どちらも取り入れられる敷地の場合は問題ありませんが、そうでない場合、どちらを優先すべきでしょうか。
私は踏み面の巾を優先しています。何らかの歩行に関わる障害を持った場合、究極の昇降の仕方は横歩きです。表現は悪いのですが、かに歩きと表現すれば分かり易いと思います。
手すりに掴まって、一段ごとに同じ面に足を揃えて昇降します。そのためには踏み面の巾が必要なのです。 

階段巾拡幅

写真は既存階段の蹴上をそのままに、踏み面だけを拡幅した工事です。
鉄筋は差し筋といって、後付けのコンクリートが古いコンクリートから分離しないための物です。
この工事では、一段だけ段を増やしました。既設階段の解体工事はありません。

階段の工事に伴って、手すりの設置も、この際行っておきたいものです。
将来、どちら側に手すりが必要になるのか判らないのに付けるのか、については次回に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2006/11/10 18:46】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/38-dc7b3960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。