アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 電動アシスト自転車
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動アシスト自転車
梅の枝に、つぼみが膨らんでいるのを発見しました。
雨模様の薄暗い中、冷たい雨に濡れて揺れていました。
この木は粛々と春の準備をしています。
人間もいつまでも縮こまってはいられません。
小さなつぼみに背中を押された気がします。

機会があって、改修の過去のデータを見直しました。
振り返って反省する事例も多々ありました。
すべての利用者の、「その後」を知っているわけではありませんが
状況が変わって使われていない方や施設などに入所された方、すでに
鬼籍に入られた方がほとんどと聞き及んでいます。

もちろん最近の事例は別ですが、それにしても何年もそのままでという方は
稀(まれ)の様に思います。
大半が加齢や疾患によって目の前に必要となった工事ですから、利用年数が
短いのはやむを得ないことです。

その中でも比較的長期に渡って利用して頂ける工事が、予防工事(転ばぬ先の杖工事)
だと思います。
屋内での転倒転落を防ぐ工事、入浴中の事故を防ぐ工事などが一般的だと思います。
これは身体的な介護予防工事だと言えます。

これとは別に精神的な介護予防とも言うべき工事があると思います。
外出が困難なため閉じこもりがちになり、その結果として廃用症候群(生活不活発病)を
惹起してしまうことを防ぐ工事です。
好きなときに安心安全に屋外に出ることが出来る、これは大事なことだと思います。

しかし、今日のテーマはこの後のことです。

以下は下記へ。


スーパーの駐車場でお買い物カートを押している老婦人、乳母車状の押し車を
押しているやはり老婦人。
よく見かけます。

しかし、同様のことをしている老紳士にお目に掛かることは滅多にありません。
私は、ほとんど記憶にありません。

少し遠い買い物に、杖では不安という老婦人がカートを押して歩行される。
もちろん、近くのお友達のお宅に遊びにいくのにもゴロゴロと。

一方老紳士は、
「そんな女子供が掴まって歩くような物に頼ってまで出かけなくても良い。
 男が、そんな格好の悪いまねが出来るか。」

改修で建物の出入りを安全にしても、その先に安全な移動手段がなければ
改修箇所の利用はほとんどされないことになります。
その行き着く先が、男性高齢者の閉じこもりです。
そうした男性が使っても格好が付く補助用具は無いものかと常日頃考えていました。

先日、自宅近くの坂道を知人の高齢者がチリンチリンと登ってきました。
後ろの荷台には結構な量の買い物袋が。

電動アシスト自転車でした。
よく見かけるアシスト自転車ですが、この坂道をすいすいと登れるとは驚きです。
普通の自転車では先ず不可能です。
少なくとも私は2mも登れないと確信?できます。

しかし、自転車ではバランスを取る能力が必要となります。
三輪車ならかなり安定します。
しかし、坂のある環境では体力的に困難かも知れません。
電動の三輪車があれば良いのにと思いました。

あるんですね。
    電動アシスト三輪車 電動アシスト三輪車だそうです。
これなら格好を気にする男性も利用してくれるかも知れません。
運動量が少ないのが気になりますが、あちこち出かける生活の方を評価したいと思います。

歩く際は、ハンドル部と連動して前輪が傾むくため後輪にかかとを噛みつかれずに
押し歩けるそうです。
これなら我慢して?利用して頂ける紳士諸氏もいるのではないでしょうか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

こんばんは。
コメントありがとうございます!
 
最近車生活で、昔使っていた自転車もさびてしまいました。私が欲しい位です 笑

電動アシスト自転車
良いですね!
 荷物も乗せられるし♪
 
皆が明るい前向きな暮らしができることを願います☆
【2012/01/19 19:58】 URL | ayaori #2Z5jlXfU [ 編集]


HNはayaoriさんなのですね。
ブログ覗かせて頂きました。

女性らしい癒しのブログだと思います。
 素敵な明日へ(*^ー^)
http://sutekinaasitahe.miyachan.cc/

私のブログは、自分の考え方をまとめるために書いています。
ブログを書くことで、意識しなかった事や新しい思考が浮かんでくることがあります。

従って、ブログを見て頂いている方々が居るということはあまり認識していません。
今年もそういう流れで更新していく?事になりそうです。

【2012/01/19 20:38】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。