アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 階段~スロープ
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段~スロープ
今日のテーマは、ご質問頂いた事への回答ですが、同じ思いをお持ちの方もあるのかもしれない。ということで、ご質問者のメルアドをお伺いしていないため、ブログ上で解説させて頂きます。
ご質問の要点は、
・敷地が道路面より高い。
・母親が進行性の疾患を持っている。
・今は、辛うじて階段歩行も出来るが、何れ車椅子利用になると考えている。
・しばらくは手すり付の階段を設置し、必要になったらスロープの設置とする方がよいのか。
・しかし、スロープを作りたくても敷地高さに対して、長さが取れない現状である。
私が、お伺いしたのは次の点です。
・他のご家族の通行に、多少の不都合があっても宜しいか。
・車椅子を介助する予定の方の介護力は充分であるか。

「続きを・・」に、お電話でお伝えしたかったことを解説致します。
お読み頂ければ、酩酊朦朧とした脳機能では、言葉だけでお伝えすることが容易ではない内容であることがお分かり頂けると思います。

  
進行性の疾患をお持ちのご家族がいる場合、その進行に合わせて改造していくことが推奨されています。しかしながら、その都度、以前の工事を壊しながら進行に対応していくことは経費的にも容易ではありません。
今日のテーマのご質問者の場合も、
現状の階段を、段差の少ない手すり付の階段に改造しても、何れ歩行が困難になれば無駄となる。緩やかなスロープを作っておけば歩行も可能だろうし、将来の車椅子利用にも繋がると思う。しかし、敷地にそれだけの余裕がないと言うことでした。
 
階段併用スロープ

上の写真は、同じ様なご事情を持つご家族の希望を形にしたものです。敷地高度差が80cmほどありました。使い方は、
歩行出来る期間は、手すり伝いに昇降して頂く。
蹴上(階段の段差=黒く写っている箇所)10cmとなっています。屋外の段差としては小さな段差です。
車椅子利用となった場合は、上方向きに車椅子を押し、前のキャスター(小さい方の車輪)が蹴上に当たる前にキャスター上げを行い、上の段にキャスターを降ろします。
降ろすと同時に前に押し、今度は、後輪が蹴上に当たると同時に車椅子を押し上げます。この繰り返しで敷地高さまで上がります。
降りる際も同じ動作です。当然、後ろ向きでの降壇になります。
踏み面(足を乗せる面)は長さ1m勾配を1/10としています。

蹴上10cm*4=40cm スロープ1/10*4=40cm 計80cmとなります。
 段差80cm 必要水平距離4mです。 通常のスロープであれば1/10で8m、1/8で6.4mが必要です。 (プラス最終地地点での停止平面)

ここで、私のご質問者に対する質問の意味が出て来ます。
車椅子を押す方の介護力です。1/10の勾配はごく緩やかな勾配ではありますが、キャスター上げ動作をする瞬間には、介護者の足元とキャスターの位置で20cmほどの高低差が発生します。
通常より負荷が掛かります。これに耐える体力が必要です。といっても、
それほどの体力が要求されるわけではありません。要は馴れです。
荒れ地走行の場合は、キャスター上げの状態で走行することは普通ですし、キャスター上げも乗っている方が協力して頂ければ難しくありません。 
しかし、介護者を信用していないとしんどい作業になります。
単車(今は、バイクといふ?)の二人乗り(タンデムといふ)の際、カーブで単車を傾けようとすると同乗者が反対に重心を移す。曲がりにくい事この上ない。まあ、その様なことです。

幾らかお分かり頂けたでしょうか、この様なことを電話でお答えすることの困難さを。

次回は・・の予定?です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント
あ、な~るほど!
踏み面を広くとって、
尚且つ、踏み面自体に勾配を付ける
知らず知らず「踏み面は平らなもの」という固定観念がありました。
納得です。
【2006/11/05 16:47】 URL | daiku #l3W7yd.M [ 編集]


daikuさん 「管理者にだけ表示・・」アドバイス、早速使わせてもらっています。
それでも又、お電話が・・、トホホ。
ご質問は歓迎なんですが、なぜかポチッとして頂けない。コメント欄では、充分意味が通じないと思って居られるようです。
【2006/11/05 17:28】 URL | いもがらぼくと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/37-0c7d11cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。