アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 外出への備え。
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外出への備え。
先日、老後の”癒し”としてペットが取り上げられていました。
男女合わせて8割くらいの方が、癒しの効果を肯定しています。
しかしながら、現実には様々な問題があります。私の経験でも、その方の可愛がっていたペットが亡くなって、その悲しみから立ち直れないままの方も居られます。
体力・気力が充実している時ならいざ知らず、気力の衰えた方には容易には耐えられない悲しみのようです。
また、飼いたくても高齢世帯の自分達の余命を考えると、躊躇してしまうと仰る方も方も大勢いらっしゃいます。
愛情を注がなければ癒しとしての存在にはならず、注げば注ぐほど失ったときの衝撃は大きい。
安易にペットを飼うことをお勧めすることは出来無いように思います。

今日は前回の続きです。
 
”取りあえずスロープを設置しておく”がダメであればどうするのか。必要があるまで何もしないで良いのか。と言う疑問が出て当然です。

ブログの最初の頃に述べたように?、何らかの対応が必要になったときに、大きな予算を掛けずに対応出来るようにしておく。が、このブログのテーマです。

対応策には(隠し工事)のように積極的な対応策と消極的な対応策があります。
健常でなくなった時、あるいは何らかの疾患を持つこととなった時は信条的にも柔軟な対応が必要です。
従って、いかなる状況になっても男子たるもの玄関から出入りするのだと、お考えのご同輩は取りあえず寝ていて下さい。

玄関以外の通用口として先ず考えられるのが、庭に面した掃き出しの窓になります。玄関からの出入りが困難になった方の大半が、ここを通用口とされています。

「アルミバルコニー設置を考えている場合。」積極的対応
サッシからの敷地距離が1.5m以上あって、バルコニーを新たに設置する場合は巾を150cm位の物とし、窓サッシもノンレールサッシとしてバルコニーと居室側の床を同じ高さにするのが理想的です。しかし、予算の都合でサッシ窓までは今回改造出来なくとも将来、車椅子での外出対応は可能です。

アルミバルコニーと木製階段

写真は、既設アルミバルコニーと木製階段を組み合わせての改修例です。
歩行移動の方のための改造ですが、既設のアルミバルコニーに木製の床板を積み増して高さの調整を行い、歩行出来る段差の階段としています。
巾が90cmのバルコニーのため、車椅子の場合は対応出来ません。車椅子への対応とする場合は、150cm程度の巾が必要となります。
前回の写真のように、庭が広い場合は90cmであろうと問題ありません。


「バルコニー等の設置は考えていない場合。」消極的対応
サッシ窓の庭側に120~150cm程度の空間を残しておきます。その範疇に堅固な工作物を設置しないことが必要です。堅固とは移動困難な物という意味と撤去するには投下資本が大きい物という意味も併せ持っています。

「バルコニー等の設置は考えていない場合。」積極的対応
120~150cm空間の取れる箇所の窓を、掃き出し窓に変更します。
以上が、万一車椅子を利用する事になった場合でも、対応出来る積極的・消極的改造案です。

バルコニーから先はどう移動するのか、空間は空けたがそれで?スロープ設置の距離がない、階段を作る場合は、等々は次回に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

掃き出しの前が1500mm開いていればいいんですね。
掃き出しの前が直ぐ塀って家ありますね~。

>120~150cm空間の取れる箇所の窓を、掃き出し窓に変更
なるほど、間取り以前に、建物の配置がポイントなんですね。
取り合えず大工の出番はそのあとですか。アハハ。
【2006/10/31 21:20】 URL | daiku #l3W7yd.M [ 編集]


外出方法は様々ありますが、他人の手を煩わせない又は軽度の介助で気兼ねなく外出出来ること、が大切だと考えています。
取り外し式のスロープは結構面倒な物です。家族への気遣いで、外出が少なくなる方が多いですね。
【2006/11/01 13:01】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/34-3d8516b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。