アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 スロープを作ったらダメ。
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロープを作ったらダメ。
daikuさんという方からコメントを再々頂いています。
同じFC2ブログの建築部門で、堂々の第一位に君臨されています。
今時珍しい、職人気質の大工さんのようです。
こだわりの仕事の有り様が、沢山の写真と共に述べられています。これから新築をお考えの方やリフォームをお考えの方は覗いてみられたら如何ですか。URLは下記です。
http://uradasi.blog21.fc2.com/

それでは表題について。

先ず写真から。
スロープ外観

前回掲載した写真です。木製デッキと木製スロープ、コンクリートスロープで構成されています。比較的広いお庭があったため設置出来ました。車椅子通行用です。
次は内部からの写真です。

スロープ内部から

白く見えるのは、ステンレス製の渡り板です。
車椅子を使用しないときは、向こう側のデッキ部分に倒しておきます。
一般の掃き出しサッシのため、この様な渡り板が必要となります。
庭に面した部分を改造されるときは、フラットレール(ノンレールと表現するメーカーもあります)サッシで掃き出しを作られるとデッキも室内と同じ高さに出来、自由度が高くなります。

それでは本題のスロープを作ってはダメについて。

正確に表現すると、「将来どの様な身体状況になるか判然としない時にスロープを作っておくことは、無駄な投資になる可能性があります。」となります。
工務店さんの多くは、介護=スロープと考えている向きがあります。
実際にはスロープが有効な身体状況は限られています。
1.車椅子通行の方
2.段差への、足の踏み下ろしの度に痛みを感じる方
3.歩幅が極端に狭い方(チョコチョコ歩き)

逆にスロープ歩行が不適切な方は次の方達です。
1.リウマチ等で足首や膝に痛みを持つ方
2.脳血管障害(脳卒中など)で垂足(後述)気味の方
3.下肢装具(後述)を装着されている方
4.パーキンソン関連疾患の方
5.歩行器(後述)等を使用されている方
6.両側で松葉杖を使われる方
7.その他 類似疾患の方
もちろん、平地と遜色ないごく緩やかな斜面は除きます。

後述:垂足(すいそくと読みます)。足首を上げることが出来ず、つま先が常に下がっている状態。
    脳血管障害の後遺症やながく寝たきりを続けた方に多い。

    下肢装具(かしそうぐ)。垂足の状態が強い場合に、歩行の補助用具として設置する物です。足首を固定します。今時は判りませんが、スキー板の適正長さが上に手を伸ばした手首付近だった時代のスキー靴を着用した感じを想像して頂けたら良いと思います。

    歩行器(車輪のある物、ない物があります)。歩行が不安定な方が、杖代わりに使います。高齢の夫人が使うお買い物カートも歩行器の一種です。

上記の不適切な理由を一つずつ述べていたら、膨大な記述になってしまいます。
しかし、連れ合いがリウマチ疾患をお持ちの方は、結構いらっしゃるのではないですか。リウマチについてのみ、今日は解説しておきます。
リウマチは進行性の疾患であり、一時期はスロープが有効でも、何れ苦痛を感じることになります。
スロープを登る際は、足首に負担を掛けながら、常に下方への引力に抵抗しなければなりません。
下降する場合も、同様に膝に負担が掛かります。スロープ上で痛みが引くのを待つ間もその負担は続きます。

それではどうしたら良いのか。
この疾患の場合は、むしろ段差を小さくした階段の方が適切です。勿論手すりも必要です。階段であれば休息も平地での休息であり、足首や膝への負担も少なくできます。

スロープが有効な場合もあるのですから、スロープそのものがダメと言ってる訳ではありません。どの様な身体状況になるのか判らない時期に漫然とスロープを作ることはダメですと言っているのです。
それでは将来に備えてどうしたら良いのか。

どうしたら良いのか、は次回に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント
うわっ!
ご紹介、ありがとうございます。v-436
と言うか、お恥ずかしい。
あまり役に立つブログではないので・・・。

スロープ。
「あればいい」と云うものでもないのですね。
言われてみれば、「な~るほど」です。

将来に備えて・・・。
次の記事楽しみです!
【2006/10/28 20:58】 URL | daiku #l3W7yd.M [ 編集]

月末で・・。
コメントありがとう御座います。
月末しかも、期末です。バタバタしています。
次の更新は、しばらく後でということでご了承お願い致します。
【2006/10/29 20:43】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


こんにちは、水戸のトーマスです。
私も先週ブログ始めました。^^;

ぼくとさんたちと知り合った頃のこととは、離れてしまった内容ですが
改めてよろしくお願いします。
【2006/10/30 10:15】 URL | トーマス #- [ 編集]


トーマスさん コメントありがとう御座います。
ブログ拝見致しました。
それぞれ目指すところは同じだと思います。
頑張って下さい。メルアドは長野のhareさん経由ででも
お教え下さい。返ってきてしまいました。
【2006/10/30 14:47】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/33-a9e285ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。