アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 農家のリフォーム
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家のリフォーム
すでに一度は改修を行っているお宅を訪問することも多いものです。
いやむしろその方が多いかも知れません。

一般の住宅が1回、多くても2回のリフォームまでということが多いと思われるなか
職住接近というか家そのものが職場という業種のお家、例えば自営業だったり
農業を営んでいたりするお家は数次に渡って改造を行っている建物も珍しくありません。

特に農業のお宅は、家族総出で農作業を行っていた時代から機械化の時代また
いわゆる三ちゃん農業への変遷それぞれの時勢に伴って改造が行われています。

最初に流し台の導入で台所の改修、続いて薪風呂から灯油ボイラーによる
内風呂への改修、最後に下水道の普及又は共同処理施設の設置による
便所の内(うち)便所化。
そしてこれ以外にも、一般住宅と同じく家族構成の変化に伴う改修もあります。

そして家族の加齢や疾患による改造も必要となってきます。

表題については下記へ。

先日の改修のお宅は近郊の農家でした。
すでに家業であった農業は行っていません。
元牛小屋ででもあったろう小屋は車庫となっています。
前庭の畑の有り様に、素人が手を入れるのでは出せない農家の名残がかろうじて残っています。
住居もすでに改修済みです。

仏間を中心とした、襖で隔てられた和室の続き間は昔のままのたたずまいです。
その居住空間にくっつけられた様に改造された部分があります。

居住空間からダイニング、キッチン、浴室・洗面脱衣室、トイレの順に並んでいます。
しかもこれらの床レベルは、和室続き間より10cm以上低くなっています。
     和室の段差 黒部分が従来の敷居部分

作業途中の土まみれの体のまま使えて、貴重な肥料の貯蔵場所でもある外便所。
薪をたいても住居に類焼のおそれが少ない別棟の風呂。
汚れた作業着のまま賄いが出来て、夜なべ仕事も出来るかまどのある土間。
これらを本体にくっつける形で床上げした建物です。

改造後の段差残しには様々事情があるようです。
・ハレ(晴れ)の間である畳室と日常空間であるケ(俗)の区別を残したい場合
・母屋の軒下に潜るように改造部分の屋根を伸ばしたために屋根高さが低く
 和室と同じ床レベルでは天井までの空間がとれなくなる場合
・どうしてもレベルを上げられない箇所があり、その高さに他の箇所の床レベルを
 合わせた場合
・旧来の和室床レベルが高すぎてその床レベルに合わせると様々支障が出る場合
 (私の母の実家がそうでした。今でも土間から式台まで60cmもあります。)

今回担当したこのお宅も、そのどれかの事情があったのでしょう。
そして元々の配置にそのまま従って改造したために、台所から一番遠い位置
(疾患を持つ母親の居室からも一番遠い位置)にトイレが設置されています。
汲み取り便所の時代であれば合理的であったに違いないのですが。

一体に、農家の改造は、数次に渡って行われている例を多く目にします。
その都度、隣接する室にレベルを合わせているために最終的には幾層もの
床レベルを持った住居となっています。
こうなると、いわゆるバリアフリーとしての平坦化も容易ではありません。
幸いこのお宅では1層のレベル差だけでした。

但し、ベッドの位置から一番遠い位置にトイレがあるために横手すりの
総延長が6m必要でした。
通常は縦手すりでの対処も併用しますので、横手すりの総延長が6mというのは
私の事例ではかなり長い方になります。

数次に渡り改修を行ってきた農家住宅は、一般の住居に比べて加齢や疾患に対応した
改修が容易ではないと感じています。
作業や行事を優先した農家の家造りと日常生活をもっぱらとする街中の建物ではその違いは
当然なのかも知れません。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。