アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 省電 キャンペーン
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省電 キャンペーン
前回のブログで「節電」について書いたばかりですが、本日の新聞に一面広告で、
九州電力からのお願いという形でキャンペーン広告が出ていました。

「毎日の暮らしの中でできる「省電」へのご協力をお願いいたします。」

省電-節電(せつでん)は変換できますが省電(しょうでん)は出来ません。
作ったばかりの造語ですね。

節電だと、節約の反意語として無駄が想起されます。
無駄な電気を使わないようにというのは、少し上から目線に思われたのでしょうか。
省電だと<有効に又は賢く>電力を利用しましょう、と呼びかけているようにも
感じられます。

夏の日中(2時頃)には、在宅世帯は平均で約1,200wの電力を消費しており、
そのうちエアコンが約半分を占めているそうです。

広告紙面は、冷蔵庫や照明器具などの消費電力が大きなグラフで表され
・家庭での(省電)取り組み事例と効果   ・削減率%と削減消費電力           
 ・・を心がけましょう。               ○○%    ××w
  ・・・減らしましょう。                     〃
    ・・・・・ましょう。                      〃 

一部?という取り組み事例もあります。
「(ご飯は)早朝にタイマー機能で1日分まとめて炊いて、冷蔵庫に保存しましょう」
 (冷たくなったご飯を食するときはレンジでチンするんじゃないの?冷たくしたご飯を
  暖めるには結構電気が必要なんじゃないの?)

その一面広告の下の方に薄い水色文字で
・エアコンの控え過ぎによる熱中症などに気をつけて、無理のない範囲で省電力をお願いします。                             *熱中症予防のため、水分は定期的に摂取するようにしましょう。  
・省電力を意識するあまり、保健衛生上、安全上及び管理上不適切なものとならないようご注意ください。            紋切り型というのか、「取りあえずのご注意書はしておきましたので、後は自己責任で「省電」
よろしく」 以下の文章は実際に小文字の印刷です。

やっぱり、「上からご指導目線」に感じてしまいます。
同じ土俵に立って、
・こういう工夫をされているお宅もあります。
・我が家ではこういうことをしています、の情報をお知らせください。
・高齢者のお宅や省電が不適切なお宅に気を配って差し上げてください。
などの呼びかけが欲しいと思います。

この一面広告、表現は柔らかですが
・・すれば %節約 w数で言えば w。
数字でぐいぐい押し込んでくる感じです。

この論調で行くと先行き、「○○さんのお宅では % wの節電に成功しました。
お宅はいつ目標に到達できるのですか?」

私は、今年も扇風機だけで過ごすことになりそうです。

あっ、それじゃ去年と同じ消費量か!消費電力削減にならないなー。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちわ
テレビでやっていたのは・・・分電盤の容量を下げる!
まぁ普通は、家じゅうの家電を全てONにしてブレーカーが落ちるか落ちないか、
という感じでかなり容量に余裕がありますよね。
容量を下げれば基本料金は断然下がります。
家族が協力しながら節電をするようになります。

ここが落とし所でした。
ある家庭では、家族の会話が増えたそうです。
声掛け。 笑顔。 会話。

オール電化で踊らされてましたから、
原点回帰もいいのかも!
【2011/06/22 01:02】 URL | mucca #- [ 編集]


みんなで集まる部屋を温度調節して、てんでんばらばらだった時間の過ごし方を
少し見直す。

家族それぞれが抱えている問題や状況を家族として理解・共有する。

節電で何か一つくら良いこともなきゃですね。
【2011/06/22 19:25】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/311-fcbb98c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。