アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 折込チラシの間取りから-4
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折込チラシの間取りから-4
加齢による虚弱や老化に伴う疾患に対応できる建物の性能を
応老力と、とりあえずこのブログでは呼ぶことにします。

前々回のチラシのモデル住宅、平屋と2階建でしたが、2階建のほうは
1階に居室として4.5畳の和室があるだけでした。
平屋建はともかく、この2階建モデルでは1階全室を療養室とするか、
対面式キッチンのリビング・ダイニングルームを洋間としてリフォームするしか
対応居室を作るすべが無いと思いました。

電動ベッド1台を設置するだけで、ほぼ畳1.5枚分のスペースを要します。
従って4.5畳室にベッドを入れると3畳しかスペースが残りません。
そこに小さなテーブルや下着用の衣装棚があれば、介助での移動も容易ではありません。
しかもポータブルトイレが用意されれば、ご本人一人での移動もままなりません。
加齢対応の居室として最低6畳は想定していただきたいと思います。

手元に、今朝の新聞に折り込まれていた住宅チラシがあります。
15通りの間取りプランが掲載されています。
ひとつひとつ、その間取りの持つ応老力を検討しました。

チェック箇所は取りあえず2点だけ、
・トイレ室の応老力
・将来の居室としての応老力
それぞれ、将来必要なときにリフォームが容易であるかどうか○×を付けていきました。

トイレ室の応老力に×が付いたのは15モデルの内、9モデル。
この9モデルについては将来、対応改修が必要な身体状況になった場合、
トイレ室の位置変更を含めて大規模な改修が必要となります。

居室としての応老力に×が付いたのも同じく9モデルです。
1階に居室がまったくないか、6畳未満の面積の居室を×としました。

そのうち、両方の応老力に××とダブルで×が付いたのは6モデルでした。
×が一つも付かなかったのも同数の6モデルです。

ダブルで×印が付いた建物は、先行き改修より住み替えが現実的だと思われます。
応老力はほぼ見出せないモデルといえます。

このチラシの15プランを検討していて、この建築会社のプランには家族の成長や
生活の変遷が考慮されていないということを感じます。

15プランのうち比較的小面積で室数も少ないモデルには1階に居室がありません。
不釣合いに広いリビング・ダイニングルームは用意されていますが、居室は2階にだけ
配置されています。
・家族が病気やケガをしたときどこで療養するのでしょう。
・妊娠されたとき、大きなおなかを抱えて階段を上り下りするのでしょうか。
・ましてや老後は。

建物面積の大小にかかわらず各プランで印象的なのは、1階のリビング・ダイニングルームの
建物全体に占めるボリュームです。
・コストカットを行うためか
・はやりの省エネのためか

いずれにしろ、先行き大改造による居室設置が必要だったり、面積の拡幅が必要だったりすれば
本末転倒です。
子供たちが巣立った後の住まいや生活の在り様は考えても、その先まで考えを及ぼすことは
なかなかだと思います。

しかしスタート時、より応老力のある住まいを選択したり建築することで余計な費用が
掛かるわけでは在りません。
また今の体型に合う洋服がそのまま数十年後も着られるわけでもないのと同様に、住まいも
今の状況や流行だけで考えていると失敗します。

リフォームを計画する際にも、設備の取替えや資材の張替えに終始するのでなく、もう少し
お年を召されたご自分もしくは連れ合いとの生活を想像しながら計画を建てて頂いたらと
チラシを検討しながら思いました。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/301-7ab59c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。