アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 昭和の営業・セピア色9
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の営業・セピア色9
「とんでもない奴がいる!」
朝礼中の支店内に、三輪店長のだみ声が響きます。
田中君たち新人は、何がなんだか分かりません。
先輩社員たちは情報を持っているらしく、神妙に店長の話を聞いています。

各支店毎の広告を新聞に掲載しているのですが、池袋支店の花形広告を
売っちゃった営業がいるらしいのです。
本来販売するための広告のはずですが、現実には集客のための広告媒体として
物件が掲載されています。
もちろん存在しないおとり物件を掲載すれば犯罪です。

すごく心を引かれる。
是非見てみたい。
とても購買意欲をそそられる。
そして、現実に売り物である。
しかし、現物を見たらとても買う気にならない。
それが池袋支店の広告物件です。

・築35 木平 6/6/4.5/台 335㎡私込 
 ・・駅 歩30 バ停10 介
 1,015万

分かりやすく書き直すと
・築35年経過の木造平屋建て 間取り 6畳 6畳 4.5畳 台所
・敷地面積 私道負担込み335㎡(約100坪)
・駅(西部線)徒歩30分 最寄のバス停留所まで徒歩10分
・仲介物件
・価格 1015万円

なぜこの広告が花形なのか。

この広告に反応する顧客は、沿線にはこだわっていない。
建物の在り様にもこだわらない。
交通の便が悪くともかまわない。
ひたすら面積の大きな物件(掘り出し物)を望んでいる。

顧客評価としては、不動産相場に初心(うぶ)な顧客であることが明白なのです。
営業としては、面積へのこだわりだけ修正すれば良いというお客様です。
この金額であれば、もっと交通の便が良くて間取りのしっかりした物件が買えます。
そして、この西部線沿線には1000万前後の建売がたくさんあるのです。

この広告で来社した顧客は、かなりの確立で案内即契約となっています。
この広告を収集してきた池袋店の営業マンには、どの支店であっても、その広告で来社契約した
売上の3%が自動的にグラフに配分されています。

田中君も何度か、この物件で来社したお客様を案内しました。
毎回、初めて来た顔で案内します。

延々と巾1mもない私道を、グダグダと下っていきます。
売り家の看板が出ています、間違いなくこの家です。
敷地は十数坪も有るでしょうか?
おまけに家は目もくらむほどの断崖絶壁に建っています。
よくもまあ、こんな広告物件を探してきたものです。

10日ほどすると、この広告復活していました。
本社で何とかしたのでしょう。
売っちゃった営業マンは当然・・・。

田中君も何度か、ブッシュウ(広告物件収集)に出されました。
街の不動産屋さんを廻って、扱わせてもらえる物件を収集して廻るのです。
しかし、田中君の会社が広告物件を集めようとしていることは業界では
すでに周知のことですし、自分のところで売れる優良物件を
廻してくれるはずがありません。
要は、営業力の訓練が主目的のようです。

その土曜日、田中君は案内予定がありませんでした。
”華の土曜日”に予定がないのは、席にいても針のむしろです。
次長の温情かどうか、ブッシュウで外に出されました。
田中君も、不動産店舗の訪問にかなり慣れてきています。
建物の見た目と会社名で、不動産関係と見当が付くようになっています。

ガラス戸に、・・商事、
「お世話になります。○○株式会社と申します。何か私どもで・・」
引き戸を開けるや否や、頭を下げながら挨拶をします。
「何か私どもで・・?」
挨拶をしながら徐々に頭を上げていきます。

正面にソファーセット。
足を広げて座っている数人のお兄さん方。
上方には大きな神棚とずらり並んだ弓張り提灯。

田中君、一瞬にして状況を読み取りました。
相手も一瞬「あん?」。

田中君、火事場の馬鹿力?やけくそ?
「当社は不動産を扱う会社ですが、こちら様で扱っている物件で・・」
頭に浮かんでくる言葉を必死でつないでいきます。
「よろしくお願いいたします。」と締めの言葉。
もう頭の中には、何も浮かんできません。

ソファーの真ん中に座ったお兄さんが、
「兄ちゃん、残念やけどあんたんとこに預けられるもんはない。名刺でも置いてって。」
と言った様な気がします。

どうやって、そこを出てきたか覚えていません。
駅までの道、足がギクシャクしていたことだけはしっかり覚えている田中君です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/295-a815cba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。