アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 加齢対応リフォーム 締め
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢対応リフォーム 締め
それやこれや、バリアフリーリフォームと加齢対応リフォームの
考え方と結果の違いを高齢者倶楽部の方々に粗々とご説明しました。

もっとお若い方や専門職の方々への講座の場合は、
ここから
・どの状況のとき自走式、介助式のどちらの車いすを推挙すべきか。
・車いす利用者にとっての手すりの働きと取付位置。
・壁下地の望ましい作り方。
・清掃が容易なゆか、壁の仕上げ材。
・引き戸を壁外に作るか室内側に作るか、車いす利用状況による違い。
などと展開していきますが、この場ではここまで。
これ以上舟を漕ぐ船頭さんを増やす必要もありません。

講座の趣旨は、概略すれば
「バリアフリーの考え方では先行き同じような規模の再改修が
必要になるかも知れないが、加齢対応の工事であればそのまま意識せずに
生活を継続してゆくかあるいは行っても軽微な工事で対応できる事が期待できます。」
という事です。

講座修了後、倶楽部の会長さんがしみじみ言われました。
「もちっと早う聞いちょきゃよかった。遅しかったわ。」(もっと早く聞けば良かった。遅すぎた。)
そうした声が多かったとのことでした。
冷静に会場内を見回すとすでに単身生活を送られている方や、自宅と施設で別居されている
方々が多いようにも見受けられます。
確かに、倶楽部の皆さんには少し遅すぎた話題だったのかも知れません。

昨日、息子さんの件でお伺いしたお宅でも、「じいちゃんが悪かったときここを改造しよかと
思ったちゃけど、そん時もう80過ぎちょったかい、せんかったつよね
(下線=80才過ぎていたのでしなかったんです。)
というお話を奥様から聞きました。

改修をする元気というか意欲は加齢と共に減少する様です。

壮年時、何か不自由を感じるようになってから改造すれば良いと考えていた方も
実際にその必要が出てきたときにはすでに体力気力が減少してしまって
・もうあと何年も寿命がないし。
・前回の改修から何年も経っていないから。
・今の家で暮らせなくなったら施設でも探せば。
そうしたあれこれで不自由なままの生活を続ける方も多いように思います。

そして不自由な生活を強いる環境は、自立を妨げ介護負担を加重にする事にもつながっていきます。
結局は、慣れ親しんだ自宅での生活継続をあきらめることになります。

そうした意味から、今回の倶楽部構成メンバーのお年からするともう少し早く
聞いておく内容だったという感想を持たれても仕方ないかと思います。
今更言われてもと、すでに行ってしまった工事内容を責めるような流れに
なってしまった事ははなはだ申し訳ないことでした。

知人から「加齢対応」という用語から受けるイメージは「高齢者の方々に」または
「老後生活に入られた方に」というように聞こえると言われました。

「加齢対応」リフォームが老後を見据えて今のうちに必要な改修を行っておきましょう
と言うことであれば、シニアライフとかシルバーサポート対応のリフォームとした方が
「団塊の世代の方々こそが対象ですよ!」というメッセージがまだしも伝わるのではないか
とアドバイスを受けました。

私自身は「加齢対応」には、対応の準備をというニュアンスが含まれているという
事を汲み取って頂けるのではないかと思っていましたが、相変わらず思い込みのようです。

「加齢対応」に変わるフレーズを考えなければ。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/274-64a12784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。