アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 室内スロープ
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内スロープ
団塊の世代について、昨今取り上げられることが多い。定年後の生活はどうあるべき・・、趣味は・・、地域と関わりの活動を・・。
入らぬお世話だ、ほっといて欲しい。
それより今、問題なのは若年層の教育ではないのかと思う。我々の心配より、我が子の心配をこそして欲しい。

小学校から英語の教育-国際人として通用する人間を?。
その前に社会人として通用する人間を。まず日本人になってから国際人になって欲しい。
自国の歴史や文化について語れない、無国籍国際人にはなって欲しくない。
数少ない海外経験で引け目を感じたのは、縁を持った人々が、それぞれの民族の持つ文化についてしっかりした知識と誇りを持っている事だった。
勿論、唯我独尊で他の文化や宗教を認めない狭量な国になっては困るが。

今日は、室内段差のためのスロープ?について。 
大きな
 
手前が居間・正面が脱衣室・左のドアがトイレ室です。
3~4cmの段差を巾180mmと130mmのスロープで解消している写真です。
新築あるいは改築して間がないお宅で時々見かける手法です。このブログを見られているご同輩の中にも、我が家のあそこの段差はこの方法で、と予定されている方は居るのかも知れません。
工務店に任せたら和室と通路に段差が出来ていた、今更大きな予算を掛けて改修は・・。
だれがこの手法をスロープと言い始めたんでしょう。スロープというから、ついつい大きなものを取り付けてしまう。
ネット上で、事務所のホームページを運営している設計事務所の事例にも、これと似たようなスロープ?を改修事例として挙げているのをよく見かけます。
このスロープは本来車いす利用の場合に設置するもので、歩行用のものではありません。
冬場、靴下を履いた足がこの部分に乗れば、どういう事になるかは容易に想像が付きます。

元々は擦り付け板と呼びます。スロープという呼び方に較べて、若干イメージが異なってきませんか。 
小さな擦り付け板

白く写っているのが、ここでいう擦り付け板です。3cmほどの敷居段差に4cm巾のものを設置しています。
この手法の意味は、つま先の上がらない方や足を引きずって歩く方の足先が、直角の段差に引っ掛からない様にするためのものです。
僅かな巾でも、その機能は充分に果たします。足裏が乗っても滑り落ちることはありません。

しかし、これは費用を最小限にするための便宜的な手法です。改造を決めた段階から、このような小さな段差は無くすように注意しましょう。
万が一、どちらかが車いす操縦者になってもトラブルは少なくなります。ですが、下の写真では、車いすの通行は困難です。廊下の巾が不足していて、曲り切れません。

車いす対応のあれこれについては、そのうちに。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

ご無沙汰しています、トーマスです。
年賀状など頂いていたのにご返事も出来ないで申し訳ありませんでした。
3年続けて義母実父義父と亡くなり、ずっと喪中が続きました。

実父が亡くなった事により、自営とはいえ会社の内部がかわり、本業に関わらなければ
なりませんでした。(こちらも悲惨な状況ですが^^;)

昨年hareさんにはメールしたのですが、ぼくとさんのアドレスに送ったつもりが戻ってきて
それっきりになっていました。

今朝、名刺の整理をしていてぼくとさんの名刺が出てきたので、検索して
ここにたどり着きました。

hareさんは知っていますが、本業につながるような仕事としてのNPOに
参加しています。どちらかといえばまちづくりとものづくりですね。

たまにこちらにも寄せてもらいますので、よろしくお願いします。
お天気がよく乾燥した日々が続きます。風邪に気をつけてお元気で。
【2006/10/19 08:21】 URL | トーマス #- [ 編集]


ト-マスさん 随分とお久し振りです。
身辺慌ただしい日々が続いたのですね。ご両親のこと、お悔やみ申し上げます。
上に誰かいるのといないのでは、仕事上の責任も大きく変わりますね。
大変でしょうが、頑張って下さい。
【2006/10/19 12:25】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/27-98d3ba95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。