アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 浴槽と手すり-続き
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴槽と手すり-続き
明日のセミナーの資料がなんとか出来ました。
今回の対象は、隣町の大工さんの団体です。
町の包括支援センターの肝いりで行うことになったようです。
背景には地域のケアマネさん達の声があったのでしょうか。

お話をさせて頂く私も、気を遣います。
長年、職方の方々とお付き合いをしています。
気むずかしい職人が多い職種もいくつかありますが、大工職もその一つかと思っています。

ケアマネさんも、大工さんとの打ち合わせを苦手としている方が多いようです。
中には強気で押すケアマネさんもいらっしゃいますが、福祉用具店の社員さんに
対するのと同じような対応をしているといつかしっぺ返しを食うことになるかも知れません。

以前身近であった話しです。
工事半ばの新築現場で、担当設計士さんのうかつな一言で工事が止まった事がありました。
管理者ですから設計書に基づいた工事の指示をするのは当然ですが、たまたま深く考えずに
技能的な事での指図を行ってしまった。
大工さん達は反論することもなく黙って道具を片づけ、全員帰ってしまいました。

最終的には請け元の社長・現場監督と連れだって設計士さんが何度も足を運んで
頭を下げ、工事を継続して貰ったそうです。

部外者からすると、受けた仕事は何があってもきちんとするべきだ、プロとしての自覚が・・。
という批判もありそうですが、別に大工さんのそうした行為がよろしいということではなく
事実そうしたものだというお話です。
なんとかスムーズに、セミナーを終えてきたいと思っています。

以前の浴槽と手すりについて、下記に継続を。





実は前回の記事以来、入浴するたびにこうしたら浴槽から立ち上がり易い、いやこうかと
ザブンザブンと浴槽の中で暴れていました。
長い入浴時間と水音で、家人が心配してのぞきに来ました。

以下が、検証した浴槽内での動作です。
   浴槽からの立ち上がり1リラックスした姿勢です。浴槽内イスは使っていません。

いよいよ立ち上がりの準備です。
   浴槽からの立ち上がり2
健康な方の足を向かい壁に突っ張って、お尻を背中側の壁に押しつけます。出来るだけ骨盤を
立てる様に密着させるのがここでのキモです。

次ぎに、健康な方の足首を握ってお尻の方に引き寄せます。
これも可能な限り引き寄せます。
暖まっているせいか、体の固い私でも圧迫は感じません。
ここでは、麻痺のある方の足はまだ伸ばしたままです。

いよいよ最終姿勢です。
   浴槽立ち上がり3
麻痺の有る側の足を負担のない程度の位置まで引きます。
あまり無理な姿勢ですと、立ち上がり動作の際に無理な形となって痛みがあるかも知れません。
(この辺りがPTやOTさんの専門情報の支援が必要な領域です。)

足を引いたら頭を前に傾けます。麻痺のない側の手は浴槽縁に掛けておきます。
特別意図しなくても健康な方の足裏を支点にお尻が浮きます。
わが家の比較的小さな浴槽だと、この時点で正面の壁は目の前です。

この姿勢で手が届く所に、横手すりが欲しいと思いました。
わが家だと、水栓のすぐ上の位置になります。
水栓のノブを手すり代わりに立ち上がります。

中腰まで来ました。
横手すり(水栓ノブ)の位置ではここまでが限界です。
次の手すりは、足の伸ばしにつれて握り替えられる縦手すりです。
あると想定して立ち上がってみました。

何度も同じ動作を繰り返してみました。
家人が心配してのぞくはずです。
良い年をしたオッサンが、ザブンザブン立ったり座ったりブツブツ独り言を言ったり。

しかし、このザブンザブンを通して縦手すりの利点と欠点・横手すりの利点と欠点が
見えてきたように思います。

次回講習の際の実験テーマが決まりました。
受講生の皆さんと楽しんで検証したいと思います。
しかし、来年2月のココロダー(小沢昭一風に)。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

こんばんは。

私もやってみました。
浴槽の状態が違うので。。。

携帯からなので、休み明けにまた、会社のPCからコメントしますね。
【2010/12/04 22:34】 URL | Junko mama #- [ 編集]


Junko mamaさん コメント有り難うございます。

是非々ご報告を。

私は、体が固いため健側の足首を握って引いてももう一つ寄りが不足します。

そこで健足を外から抱え込むようにした手をひねって、健足の足裏に土踏まずの方から差し込んで、
足裏を浮かせるような感じでさらに引き寄せています。

その際、いわゆるズッコケ座りの態勢ではいくら足首を引いてもお尻を浮かせるのは
困難なようです。

最初に骨盤を立てる。お尻近くの背面を浴槽壁にいかに密着させるかがポイントのようです。

【2010/12/05 08:19】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]

やってみました
 字面(じづら)を追っても良くわからなかったのでやってみました。
浮力を最大限に生かしている、ということだと思いました。

写真を見て頂きたいので、メールを送ります。

御安心下さい。我々は真似できませんが、お客様がしている事を御紹介します。
【2010/12/08 01:26】 URL | mucca #- [ 編集]


muccaさん コメント有り難うございます。

こうした方がより良いかもと思っても、それを利用者の方にお伝えすることはなかなか。

メール添付の写真有り難うございました。
まさに人それぞれということのようですね。

【2010/12/08 18:08】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]

こんにちは。
遅くなりました。

年末になってなかなか思うようになりません。
年賀状に年末調整がまだ残っています。
さて。今日はこどもの受験について来て暇がようやく出来ました。なんて親でしょう(^_^;)


我が家の浴槽はアパートなので、小さいので容易にできる事を先にお断りします。

浴槽の壁はどの面もほとんど垂直です。
私が小柄なので浴槽の縁が肩よりかなり高いです。

浴槽の壁に腰をぴったりつけます。
健側の足をできるだけ引き寄せます。
健側の腕を、というよりも健側の脇で浴槽の縁を挟みます。
そのまま頭を前に下げます。
脇に力を入れれば自然に腰が浮きます。
浴槽の縁が高いので、健側の手を縁に持ち変えて下に押せば重力と反対に押し返されて中腰までいけます。
この時頭を下から前に弧を描くように上に伸びるのがコツです。
前に横手すりが有れば反動で楽に立ち上がれそうです。
でも、安定した姿勢でそのまま立ち上がるなら、健側に縦手すりが欲しいなぁ。
健側が壁なら可能ですがエプロン側なら(私のやり方はエプロン側を脇で挟んだ方法でした。)無理ですね。

ただ、浴槽の縁が低ければ、健側の手で浴槽の縁を押して腰を浮かせる事は可能ですし、壁側に健側の手が行くように入浴すれば腰を浮かせた少し前に縦手すりが有れば安定した姿勢で立ち上がる事ができそうです。

今携帯からなので、自分のメッセージを確認できにくいのですが。。。
申し訳ないです。

こどもから電話がかかりましたのでまた、訂正するかもしれません。
【2010/12/11 12:41】 URL | Junko mama #- [ 編集]


Junko mamaさん 検証ご報告有り難うございます。
携帯からの長文のコメント有り難うございます。
私ならこの分量であれば、打ち込みに1時間以上掛かるかも知れません。
子供さんの受験、良い結果をお祈りします。

麻痺が利き手側かそうでないかによって随分動きも違ってくるようですね。
それと浴槽の大きさと体格の関わりも重要な要素のようです。

浴槽からの脱槽方法だけでも奥が深い。
生活環境整備、どこまで行っても終点がないような。

【2010/12/11 16:12】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/257-487f459f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。