アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 公共施設とバリアフリー
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共施設とバリアフリー
月曜日ということをすっかり失念し、昨日、休館中の延岡市立図書館に行って来ました。

以前は、宮城谷昌光さんなどの中国歴史物を良く読んでいたのですが、最近は日本の歴史小説それも
江戸の庶民や武士の生活が描かれているジャンルに興味が移ってきています。

今でも行われている風俗習慣が、その当時の庶民の生活でどんな有り様だったのかや
サラリーマンとしての武士の悲哀など今の時代と比較しながら読むのは、下手な時代劇を
見るよりずっと面白いと感じています。

休館に怒ったわけではないのですが、たまたまデジカメを積んでいたので図書館と
延岡市社会教育センターの外部写真を撮ってきました。

久々に、画像掲載と続きは下記へ。



社会教育センターの玄関口です。社会教育センター正面
皆さん、画像からどの位の情報を読みとって頂けるのでしょう。

1項目
すぐ目に付くのが、階段両サイドにある手すりに結びつけられた幟でしょうか。
視覚に障害のある方が手すりを伝って階段を上がると、いきなり顔に触れる幟。
タイミングによってはポールにゴツンかも知れません。
幟の標語は「元気のべおか/がんばろう」と書いてあります。
その心は、・・「障害者の方々を除いた我々で・・」ではないと思いますが。

手すりの効用について述べることは今更ですが、幟立ての道具ではないことは
言うまでもないと思います。
視覚に障害を持たない高齢者であっても、風の強い日にバタバタと幟が顔に当たることは
不快でしょうし安全とは言えません。

2項目
手すりを登ると両サイドとも、大屋根の柱の基礎にふさがれます。
それを廻らなければ玄関扉に行けません。
効用は、出てきた時にぼんやりしてても手すりにぶっつからない位のことです。
出入りがスムーズとはとても言えません。

3項目
正面右サイドの手すりの下には木製のフラワーBOXがあります。
通常は左サイドの手すり下にもあるのですが、この日は移動してありました。
この状況では、最後の一歩はBOXを避けて足を下ろさねばなりません。

4項目
視覚障害者が左サイドの手すりの左側を登ると、足元の表示ブロックが左に誘導します。
誘導された先は手すりのない、一段低い植栽エリアです。(今はもう一個のフラワーBOXが通行止めに)

逆に左の方から手すりの方へ誘導されても、手すりの上端と屋根支柱の基礎との間はスムーズに
通行できる空間ではありません。

鋭い方はもっと沢山の情報を見つけるのでしょうが、取りあえず次の画像へ。

同じ場所のスロープ部分です。教育センタースロープ
スロープの床面が汚れているのがお分かりだと思います。

5項目
一見滑りやすそうですが、それほどでもありません。
でも、見た通り汚い。路面も荒れています。

市役所正面にもスロープがあります。でも、そのスロープはこんなに汚くはありません。
このスロープの床面が汚いのは、溝スロープだからです。
このスロープに屋根を乗せたらトンネルです。
上方にしか空間が空いていません。陽も差しにくいし風も当たらない。
一度雨が降ると当分乾きません。乾いても風が当たらないのでゴミが張り付きます。

市役所のスロープは左右に手すりがあるだけです。
南に面して陽当たりも良好、風通しも良し。いつでもきれいなスロープです。

こうした溝スロープはいろいろな建築物で結構見掛けます。
まるで、塹壕で車いすの方を、出来るだけ健常者の目に触れないようにしているかのようです。

それにしても、なぜこうした建築物玄関に付けられている手すりの位置は端っこなんでしょう。
右麻痺の方が降りるときは左サイドの手すり、左麻痺の方が降りる場合は右サイドの手すりをと
玄関ドアを出て右に左にウロウロと。

真ん中の手すりなら、1箇所の設置で済むのに。

不特定多数の方が出入りする建築物では、避難の際の障害とならないようにとの法規が
あるのでしょうか。

真ん中正面に設置してそのまま真っ直ぐ玄関ドアに至る。
支障があれば取り外しも出来る手すり、そうした手すりであれば視覚に障害を持たれた方も
点字ブロックの誘導なしで、手すりに沿って容易に通行が出来ます。

どなたかこの辺りの法規や通知等に詳しい方がおいででしたら、是非ご教授を。

図書館の写真もあるのですが、これはまた後日に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/250-6defde09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。