アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 検索ワード3位-玄関
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索ワード3位-玄関
前回ブログを更新したその夜、夏布団をもう一枚押入から引きずり出しました。
暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、テレビのスイッチを切り替えたほどの印象で環境が切り替わりました。
支援が間に合わず、寒い夜を過ごされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
風邪など引かれてなければよいのですが。

当ブログの検索ワード3位は「玄関」です。
式台や段差の用語が関連付けられていることから、框段差の解消について検索されていると推理されます。

車いすでの框段差昇降については他の稿に譲るとして、ここでは歩行による框段差昇降について
考えたいと思います。

式台や踏み台が関連用語として使用されている状況から、それらを使った段差解消の手法が
一般的なのだろうと思います。
大工工事による設置と共に既製品の踏み台を使用した段差解消も良く見受けられます。
既製品の踏み台は、玄関に違和感なく納まる様に塗装や形状も洗練された製品が大半です。
しかし、一部の既製品には?マークが付くような製品も見受けられます。

式台による段差の解消 (クリックで拡大します。)
図面は玄関框段差を式台又は踏み台で解消した場面を縦に切り取っています。

式台1の問題点は踏み板の突き出しです。
大工さんによる工事でもこの状況はよく見掛けます。
こうした方が見た目にきれいな収まりになるのです。
加齢により、脳から出る指令と実際の身体の各部動作にずれが出てきます。
足上げ動作も同じです。
踏み板の厚みが2cmの時、指令と実際の動作に2cm以上のずれがあれば間違いなくつま先は
引っ掛かってしまいます。

一方、式台2には踏み板の突き出しはほとんどありません。
式台2の問題点は踏み板突端の丸面です。
踏み代が充分すぎるほど広ければそれほどの問題ではないかも知れませんが、そうでない場合
大きすぎる面取り(材料の端を丸めること)は靴下を履いた足裏を不用意に滑らしてしまいます。

既製品だけでなく大工工事による設置物にも見受けられる、転倒事故につながる危険な要素です。
式台や踏み台の設置の眼目は見え掛かりよりも安全です。

この点を頭に置いて、ネットで式台や踏み台の用語で検索してみてください。
思いの外、沢山の?マークが見えて来ると思います。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/244-7ccb7a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。