アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 ハンドル型電動車いすと事故
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドル型電動車いすと事故
昨日のテレビで、ハンドル型電動車いす(いわゆるセニアカー)での重大事故多発についてのニュースが
流れていました。
人形のモデルを使った転倒シーンなど、なかなか示唆に富んだ迫力のあるシーンが見られました。

しかし何か違和感があるなーと思っていましたら、原因に気が付きました。
人間のモデルを含めて、全てヘルメット着用でのデモでした。
人間はともかく人形にまで着用させてデモを行うのは、これが業界が推奨している操作服装ですよと
言いたいんだろうと思いました。

私は職業柄、一般の方に比べて電動車いすを操作される方々に出会う機会が多いと思いますが
今まで一人として、ヘルメットをかぶってセニアカーを操作されている方にお会いしたことはありません。

安全操作の推奨デモを行うのであれば、ヘルメットのない場合の危険な転倒シーンをむしろ
流すべきではなかったかと思います。

以下、今回注意を喚起した「製品評価技術基盤機構(nite)製品安全センター」
の資料冒頭文章です。

NITE製品安全センターに通知された製品事故情報のうち、ハンドル形電動車いす
(※1)による事故は、平成17年度から21年度の5年間に67件(※2)ありまし
た。このうち、死亡事故は20件(30%)、重傷事故は16件(24%)でした。
調査中を除く死亡事故と重傷事故を合わせた25件のうち、誤使用または不注意による
事故は19件で76%を占めています。
被害者の年齢・性別が判明した事故45件のうち、80歳以上の男性は19件(42%)
と多く、その中で死亡及び重傷事故は15件で79%を占めています。
ハンドル形電動車いすの事故は、転落、転倒、衝突による事故が多発しており、
死亡・重傷に至る割合が大きいことから、これらの事故を防ぐために、使用者が乗
車・点検・運転時に注意すべき事項などについて情報提供し、注意喚起をすることとしま
した。
(※1)電動車いすは、操作方式により直接ハンドル操作によって使用するハンドル形、ジョイスティッ
クレバーで行う標準形等、身体機能に合わせた特殊形等があります。
(※2)平成22年3月31日現在、重複、対象外情報を除いた件数。(調査中データを含む。)

この組織の存在は初めて知りました。
国家公務員型の独立行政法人だそうです。国家公務員型?、国家公務員で
組織されているという意味であれば役所の一部門で良さそうなものです。
経済産業省にも同様の、重大事故発生の報告機関があったような?
役職席を増やすため?
情報公開の時代です、理事長以下各職の報酬規定も掲示されています。
体調の良い時または自分の方がはるかに楽してもっと高給を取っていると思われる方は覗いてください。

ともあれ、様々な事故データがグラフ形式で表示されています。
特に興味を引かれるのは、使用年数と事故件数の関係です。

使用期間1年未満の方の事故件数が29件に対し、1年以上2年以上の方の件数がそれぞれ5件と
激減しています。
この結果については、次の二通りの考え方が出来ると思います。

1.1年間の操作技術の習熟によって、安全な走行が出来るようになった。
これが一般的な考え方だと思います。

もう一つの考え方は、

2.操作に不向きな方(操作開始一年以内に事故を起こした方)は、早々に本人又は
ご家族によって使用を停止したために1年以上の経験者に含まれないため。
言い換えれば、1年以上使用されている方は一定の能力をお持ちの方々が残っている。

しかし、「操作に不向きな方」は本当にそうだったのか、適切な指導や助言を受ける機会がなかった
方々も多く含まれているのではないでしょうか。

電動車いすの操作には免許も不要ですし、講習受講の義務もありません。
自転車すら乗ったことのない方でも使用できます。
遊園地の電動カートの乗りで使用を始められる方も多いのではないでしょうか。
電動車いすの売り込みに際し、業者側が事故発生の危険性を大きくアピールすることは
まず期待出来ないと思います。(m○○○aさんの反論は覚悟の上)

私は基本的に、そこに多少の?危険があっても歩行による移動が困難な方は
こうした器機を大いに利用して社会参加すべきだという考え方を持っています。

従って、「そこに多少の?危険があっても。」の「多少」を幾分かでも減らす工夫が
あればと考えています。

もちろん高齢の方々に今更免許制度を、とは考えてはいません。

1.一定の講習を受講したことを証する受講証明書を持たない方には販売できない。
 (地域の事情に沿った講習が期待できる。狭いあぜ道の多い地域、坂道の多い地域、
  交通量の多い地域。地域によって様々なアドバイス・工夫が出来ると思います。)

2.ヘルメット着用の指導。
 (罰金制度でなくあくまでもその地域の、交番のお巡りさんや交通指導員による指導・お願い。)

それでも事故は無くなりません。
当然です。
経験年数を重ねる毎に車の運転に習熟していく世代と違い、習熟に伴って、同時に危険予知能力や
瞬発力・とっさの判断力が衰えていく世代ですから。

ならば
座して待つか、打って出るか。

座して待つ (weblio 類語辞典から)
放置する ・ 手を拱(こまぬ)く ・ 知らん顔で~ ・ 対岸の火事視する ・ (~を)見殺しにする ・ 助けない ・ (成りゆきを)見守る ・ 関与しない ・ 「火中のクリを拾わない」 ・ 行動しない

打って出る
攻撃に出る ・ 勝負に出る ・ (寄せ手を)攻める ・ (~を)迎え撃つ ・ 迎撃する ・ 仕掛ける ・ (~の)機先を制する ・ 「窮鼠ネコをかむ」

先輩諸氏に打って出て欲しいと、私は心からそう思っています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント
お呼びでしょうか?
>電動車いすの売り込みに際し、業者側が事故発生の危険性を大きくアピールすることは
まず期待出来ないと思います。

反論はありません。但し、危険性を「大きく」伝えなくても「最低限」は伝えるべきだと思います。事故で被害を受けるのは利用者さんです。
高齢者の操作ミスによる自動車事故がまた最近増えています。自動車側にどんな安全装置を付けたとしても、操作するのが人間である以上は事故が起きる危険性を含んでいます。ましてやバランス感覚,反射神経,判断力の低下した方々です。
 刃物だって道具です。使い方が適正でなければ事故は起きます。道具は使う側の適正を求めます。便利な道具にだって危険な要素は含んでいます。「便利だから、便利だから」と軽々しく利用を進めるのではなく、道具の使用者としての適確性を見極める必要はあると思います。
その上で、
歩行による移動が困難な方はこうした器機を大いに利用して社会参加すべきだという考え方には賛成です。

基準をどこにするかが大変難しいですが、事故で悲しむのは利用者本人と家族です。

(私見)
事故率の低い段差解消機が「便利な道具」の割りに普及していない気がしますけど・・・


今、熊本です。今日は羽田から福岡空港経由でした。
【2010/07/25 23:04】 URL | mucca #- [ 編集]


早速のコメント有り難うございます。

車いすとハンドル型電動車いすでは高齢者の認識が違うようにも感じています。

・車いす-無ければ困る障害を持っている人。

・ハンドル型電動車いす-歩けなくはないが楽で便利な道具を使ってる人。

ヘルメットの着用がもっと推奨されると重大事故は減ると思うのですが。


*段差解消機-今までに、私が忌避された事例では
 
1.電動で動くこういう大げさな機械は年寄りには上手く扱えない。操作が怖い。

2.外から見える場所に設置すると、いかにもこの家には障害者がいますとPR
  しているようで厭だ。

確かに機能重視で2.の感性に配慮した製品はありませんね。
サッシのテラスに見えるようなさりげなさがあると良いのかも。

相変わらず講習巡回ですか、暑い季節ですのでお身体大切に。

【2010/07/26 07:57】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/225-14938f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。