アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 隠し工事。4
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し工事。4
今朝の新聞に、独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」のポスターの話題が出ていました。
いつも思うのですが、障害を持った方々に健常者と同じ条件で競合させる、今の仕事の有り様は何とか出来ないものでしょうか。
作業能率が低い分給与が低くなる、それをいくらか公で補填する。これではプライドを持って仕事が出来ないと思います。
障害を持った方は何らかの不自由があります。その幾分かを健常者にも持ってもらうことは出来ないでしょうか。
例えば、ある分野の業務については障害者関連の団体・会社の独占とする、いわば経済特区?のような業務独占をさせる事は出来ないでしょうか。せめて、自治体や国の業務に関わる分野で実現出来たらよろしいのですが、またその監督をする監督官庁が必要になったりするのでしょうか。無想しました。
 ポスター山崎努氏

独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」ポスター 山崎努氏69才
私から見れば大先輩です。 

その前に、隠し工事と高齢化の関わりについて。
いくら将来への布石として、隠し工事(省力で高齢時の改修が行える仕掛け)を行っていても20年後あるいは~十年後にその存在を忘れていては何にもなりません。
「君の名は」と尋ねしひとあり~、尋ねているのはご同輩、あなたかも知れません。尋ねられているのが奥方であればこれは悲しいですが。
従って、隠し工事をしたところには、目立たなくても結構ですから小さな注意書きを貼って下さい。ブログが見られる、今のあなたでしたらオシャレなラベルを作れるのではないですか。

手すりの下地について。
お金は掛かりますがオシャレなやり方は、腰壁仕様で壁を作ることです。現役時代バスケットの選手だったり、バレーボールのアタッカーであった方は別として、通常の体格の方でしたら床から90cm位の所までを木質の腰壁にしておけば充分対応出来ます。但し材の厚みは12mm以上として下さい。これより薄いと止めネジが効きません。
腰壁仕様

下地板が表にでている取付より、スッキリしています。

予算を掛けたくない場合は、
合板を下地として使います。12mmの3・6版(3尺*6尺=90cm*180cm)の通常コンパネと呼ばれる合板です。これを横に使って張れば丁度90cmの高さの下地が出来ます。但し、若干の注意が必要です。この合板の上の壁をプラスターボード(石膏ボード)で張った場合、そのつなぎ目のクロスは、線が現れたり甚だしい場合は破れたりします。下地材の収縮率の違いが表面に現れるのです。
出来れば上の腰壁の写真にあるように、異種下地の境界に木製の横木(見切り材)を設置して頂ければ安心です。

次回は、ユーティリティー関係の隠し工事について。


 
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/21-8b9fb8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。