アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 失敗事例に学ぶ・・。
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗事例に学ぶ・・。
しばらくPCから遠ざかっていました。
肩から後頭部までの痛みがひどく、眼精疲労からくるものだということでした。
PCへの接見禁止を言い渡されていました。
二日間ほど、終日細かな詳細部分を、web上の画像で確認していた所為だと思います。
メールも、頂いていることを確認させて頂くだけで返信はかないませんでした。
それでも連休前くらいから症状は軽くなってきています。

「失敗事例に学ぶ住環境整備」の草稿が出来上がりました。
まだまだ文章に推敲を重ねなければなりませんが、一応の体裁は出来ました。
ここまで来ると、後は楽しみながら修正していけます。
画像のボリュームを紙面上大きくしている関係で文章の枠が大きく取れません。
それだけに、伝えたいことを短い文章でどう表現するか、見直すたびにどこかに修正が入ります。
修正が無くなったとき(能力の限界)又は飽きが来たときが完成です。

・手すりの取付編では、浴室手すりの取付と福祉用具のコラボミス。
・段差の解消編では、既製品踏み台の落とし穴。
・便器の取替編では、新設トイレ室。
・床材の変更編では、危険な階段の滑り止め。
・扉の取替編では、意味のない扉の取替。
・車椅子利用に関わる工事編では、経験がなければ必ず失敗する箇所。
・福祉用具と改修との関わり編では、キャリーチェア利用の排泄。

などがそれぞれの編では秀逸だと思っています。
表紙を含めて6枚で9頁(裏表印刷)の冊子になりました。

web上の画像を拝借している関係でホームページなどには掲載できません。
こういう事例集は出版も不可能だろうと思います。
せいぜい図画で表現するくらいになりますが、情報量としては
画像のもつ情報量とはとても比較にならないと思います。
そうした意味でも、地元配布のみというのは気が楽です。
本来、セミナー時の配付資料として作成していますので掲載写真もセミナー時に紹介する
量の1/3程度になっています。

先日ざっと計算しましたら、住環境整備の科を受講された方々の人数が500人近くになることに
気が付きました。年内には大台を越します。
全員が地域に就職されているわけではありませんが、一定の知識を持った方々が地域に増えてきているのは事実です。
FJCのテキストで知識を獲得した方々と違って半年間実践演習で学んだ方々です。
私も終日で約2週間、お伝えできることは全てお伝えしています。
勿論、相当数の方はFJC検定受検もしています。
他の地域に比べて住環境整備の知識を取得してその効用を理解している方の密度はすごく濃いのではないでしょうか。
その内、地域で何かが変わってきそうな気がしているのですが。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント
絶対変わりますよ!
 別に小泉信者ではありませんが、今回の政権交代も小泉元首相の言っていた行政改革がようやく見える形で表出し始めたに過ぎないと思います。今まで我慢に我慢を重ね耐え抜いてきた国民がようやく立ち上がったのです。そう思います。 
 絶対 変わりますよ。ひっくり返したっていいじゃないですか。良くなるのなら。
良き伝統は継承すべき。悪しき伝統は徹底排除!

さて・・・ 私に何ができるか?
【2009/09/25 18:18】 URL | mucca #- [ 編集]


muccaさん 早速のコメント有り難うございます。

公園の整備や箱物の新設などの際に、招請した専門家でなく地域の方が
「うーん、この勾配は高齢の方には車椅子での介助が困難だな。また、スタート箇所
のこの段差はまずいね。」
「この階段手すり、誰がどう使うということなの?」
「もう少し優しい発想は出来ないのかな?」
そんな会話が、構えずに普通に飛び交う地域ってすごいと思います。

「朝には紅顔の・・」今元気な方も何れは支援を必要とします。
人のためは、いずれ自分のために。
住環境を整備する精神が地域生活の他の面でも生かされればと思っています。
【2009/09/26 08:04】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/198-beee5057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。