アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 隠し工事。2
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し工事。2
何とはなしにテレビを見ていたら、大人向けのおもちゃ(オトナのオモチャではありません)の話題が出ていました。それも、800万人といわれる団塊の世代をターゲットとして開発しました、とのコメントが付いていました。
曰く、熟年離婚を避けるためのグッズ-夫婦の相性をはかるQ&A式のグッズ(有り難いアドバイス付き)。また、団塊の世代の7割が関心を持っている?陶芸のための小さなろくろセット。最後が、会話の無くなった夫婦のための人形-各所にセンサーが付いていて沢山のことばで癒してくれます、とのこと。
舐めてんじゃねーぞー、と思いました。本当に、バカにしてるのかと憤りを感じました。
それにしても、そんな風に世間的には思われているんでしょうか。団塊の世代って。

気を取り直して、隠し工事について。
 
前回述べました、いかにも高齢者住宅では・・不満。
もちろんよく理解出来ますし、またその様な改造をお勧めするつもりもありません。
そのための隠し工事です。たとえば、開き戸を引き戸に取り替えることはバリアフリー?(私はなぜかこの言葉に違和感を感じます)の基本とされています。しかし、引き戸は開き戸に比べて密閉度が低い扉なのです。引き戸にした結果、
1.灯りがもれやすい。
2.プライバシーが保ちにくい。
3.鍵が掛けにくい。などの問題が出て来ます。もちろん引き戸の利点は多々あります。
それは又後日に。
1.2.は若い世帯と同居の場合、又は妙齢(もはや死語か)のお孫さんが同居の場合は特に嫌がられる特徴です。
そこでどうするか。
ご存じのように、引き戸にする場合は戸の巾以上の横壁が必要です。この壁がなければ、引いた戸はそのまま飛んでいってしまいます。
様々な状況があると思いますが、横壁のない開口部、又は改造によっても横壁の作れない場合は開き戸しかありません。開き戸にも、様々な工夫をしている扉もありますが所詮1.2.はクリアー出来ません。従って、ここの扉は開き戸とします。
それでは、引き戸も作れるが1.2.に配慮が必要な部屋の扉をどうするかと言うことになります。
将来引き戸にする必要が出てくるかも知れない扉部分には、鴨居が来る箇所などに下地材を入れておきます。これで、将来引き戸に改造する際は、しっかりした下地が壁内にあるため改造が容易になります。材料費は微々たるものです。施工している大工さんに、将来引き戸にするかも知れないのでそのための下地を、とお話しするだけです。
開口巾は変えませんのでプロであれば容易に察しが付きます。


 宮崎名産 メヒカリ

なんの脈絡もありませんが。当地特産?のメヒカリです。眼がエメラルドグリーンに光るからだそうです。姿焼きでもフライでもつまみには最高です。ビールにも相性が良いですね。


これで、引き戸の準備は終わりです。おまえ達がいなくなったら早速引き戸にするぞーと宣言して終わりのはずなんですが、実はそう簡単でない事態も出て来ています。我々が育った建物は、ドアの枠材は木でした。今は圧縮した物質をコア(中身)材としてそれに塩ビシートを貼ったものが主流となっています。シックハウス症候群が出るはずです。
それは置いといても、そんな材料では再加工は不可能なのです。見てくれはたしかにきれいでオシャレです。でも一度切りのお勤めなんです。
昔は建て付けが悪くなると、建具屋さんが削って摺り合わせしてくれたもんです。私が一緒に仕事をしている大工さんもこの塩ビ製品を使いたがります。何せ簡単です。この節、シックハウスの問題もあり、段々体力も落ちて来るのですから開口部くらいは木質にしませんか。
全国の林業従事者に成り代わってお願い致します。
ところで、隠し工事と老化についてご助言がありますが、
又次に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/19-1be57449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。