アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 見積について
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見積について
新政権の報道を見て、団塊の世代が置いてけぼりになっている、と思ったのは私だけではないと思います。
何故か最近は、世間で活躍している人の年齢が気になります。自分より年上だと、頑張ってくれているなと思いますし、年下だと恨めしく思う気持ちがあります。「オイオイ、そんなに焦らすなよ。まだまだこれからと思っているんだから」。なんてね。

今日は、工事に際して必要になる見積、特に三者?見積について。
 

三者、すなわち複数の業者から見積を取ることを言います。合い見積もりとも言います。
特に公共事業関係では、当然に行われています。公共事業でなくても、公の補助を受けて行う事業では同じく義務づけられます。
昔、大昔に公の支援を受けて行う事業に参加したことがあります。担当の中央の役所に何度も足を運びました。いわゆる陳情と事業の説明です。
経験のない方がほとんどでしょうから、少しその風景を。 
20060926093316.jpg

宮崎のお土産「チリメン」鰯の稚魚です。軽くて持ち運びに便利です。お酒のツマミには絶品です。いかがですか、ご同輩。

打合せ室の前には、時間待ちの方々が沢山並びます。順番が来て室にはいると、テーブルの上にはジュースの缶が所狭しと並んでいます。陳情者が、それぞれ担当者様向けに持ち込んでくるのです。1本2本は飲めても、次から次と持ち込んでくるので空いてない缶が並ぶのです。
担当者の背後には、各地の名産・お土産がずらりと並んでいます。陳情者である私たちの後にも持参したお土産が待機しています。
打合せ中に割り込みが入ります。どこぞの知事さんが、ご挨拶だけ・・と特産品と共に割り込んできます。それやこれやで、打合せが進行します。不慣れな陳情者にはアドバイスと、同行した県の担当者に対する、指導をヨロシクのお言葉が頂けます。
その中で、三者見積の文言が出て来ます。購入する全ての設備及び各工事について、複数の業者から見積もりを取り、その見積書を会計検査に備えて残すように言われます。
会計検査の時の話も面白いのですが、これは又後日に。

この場合の三者見積は、施主側が計画と図面を業者に提供して複数の見積を取る場合の話です。
皆さんの場合は、大きな工事の場合は設計士に設計料を支払い、その図面を元に複数の工務店に見積を依頼することになります。小さな工事の場合は、複数の業者さんに、ここはこうあそこはこうと現場説明を行って見積を依頼することになります。これが三者見積の一つの形です。同じ図面・指示に基づいているので金額の差が分かり易いといえます。

もう一つの形があります。工事の大小に拘わらず、こういう生活をしたい・この金額内でここを新しくしたい等々自分の希望を述べて、プラン設計を含めた見積依頼をする形です。この場合は、プランの善し悪しと金額の差の両方を見ながら判断することになります。
施主側とすれば、良いプランがあればそれを採用して、最も安く見積もりしてくれた業者にもそのプランで再見積もりを頼みたいのは人情だと思います。しかしこれは出来ないのです。意匠権はプランを提出した業者にあります。そのまま実行すると大きなトラブルに巻き込まれます。強いて行うとなると、プランを出した方にしかるべき費用を払いプランを買い取ることになります。
しかし、それでも問題は残ります。見積書・図面には各項目が細かく並んでいると思いますが、技術的な詳細・配慮を必要とする所などは明確には表示されていません。それは工事管理上の工夫だからです。

老後を視野に入れた改造・改修ではプランを優先すべきです。今現在お住まいの住宅をリフォームしなければならない要因の一つは、予算を優先した結果ではなかったですか。
若いときは、どんな建物の作りであっても身体を合わせることが出来ました。
今、2mの高さからポンと飛び降りることが出来ますか。最近そういう経験をしました。
イベントがあって、その近道として子供たちがポンポン降りていきます。直前で踏みとどまりました。しばらく下を眺めて、荷物を降ろし手を足元について飛び降りました。子供の頃は、屋根から飛び降りていたのに。

良いプランを出してくれる業者さんがいれば、じっくり打ち合わせて下さい。工夫次第では多少の減額も可能だと思います。

今日はここまでとします。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

とても勉強になりました。
プラン優先の姿勢を貫き通すのは大変ですが、
どうぞ頑張ってください。
応援しています。
【2006/09/28 02:03】 URL | artymama #- [ 編集]


artymamaさん コメントありがとう御座います。
私たちは、出来るだけ多くの情報をお伝えする、採否は自己選択・自己決定と言うことになります。
少しでも、その選択に役立てばと考えてブログを綴っています。
又、宜しくお願い致します。
【2006/09/28 18:28】 URL | いもがらぼくと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/17-2b9a66b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。