アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 手すり?柵?
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手すり?柵?
今春第一回の草取りをしました。
いつもの通り、家人からは何のお言葉もありません。
考えてみると、たくさんの生命を人間の嗜好で引き抜いているわけですから、その上お褒めのお言葉などと期待する方が間違っています。
それも雑草などとひとくくりにして。
もっとも私には、花の咲く草花とそうでない草花の区別は付きません。キッパリ。
お言葉がないのは、もしかするとそれが原因かもしれません。
    <なにもかも、考えもなしに引き抜いてしまって>

ご近所の老婦人、雨が降らないときは良く庭で草取りをなさっています。
結構広いお庭ですから一通り済むまでに1週間くらい掛かります。
その頃には最初に作業した区域に小さな草の芽が出てきています。
そこからまた作業スタートです。
草が生えなくなる季節まで毎日々精出して居られます。
認知症がゆっくりゆっくり進んでいる穏やかな老婦人です。
以前より、少し痩せてこられたのだけが気がかりです。

手すり?柵?は下記へ
包括支援センターの方からの先日のご相談です。

「利用者のお宅で、屋外通路に手すりを付けたいというご希望がお有りです。大工さんからも
見積もり等も出ているのですが、これはどうなのかなと思ったのでご相談する次第です。」
内容は、
・屋外通路である階段に手すりを付けたいとのご希望がある。
・予定されている材料は屋外であるにもかかわらず脚部、手すり部分とも木製(小丸太)である。
・脚部の固定は地盤への打ち込みである。

見積書に出ている数値からみると、使用材料は造園用の支柱材の様です。
屋外手すりの資材は、金属や樹脂のような耐候性のある物でなければならないという規制は無かったと思います。
手すり部の形についても、丸形状だけでなく板状の物も認められています。
又、径級が太い事への規制もないようです。
移動が容易でないように固着固定が求められますが、地盤への打ち込みがそれに当たるかどうか。
ここは微妙です。

包括の方が特に気にしていたのは、耐候性というか耐久性でした。
・屋外での木質の手すりの設置。 腐食の懸念。
・当地は中州によって形作られた地域のためシロアリが多い。その食害の懸念。
包括の方の本音は”この様な手すりは経験したこともないし不適切ではないかと思う。
なんとかして中止して欲しい。”ということだと思います。

はてさてどの様なアドバイスが。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

 難しいですよね。
理屈だけ言えば「耐久性にも疑問があり、シロアリによる侵食で いざと言う時寄り掛かったら倒れてしまう事が充分考えられる。しかも手すりとしての機能性にも疑問が・・・」
なんだかんだ理由を付けて 介護保険対象の手すりとしては認められません!このプランで改修するなら対象外です! としてしまうのが もしかしたら最も懸命な方法なのかも。
でもそうは言えませんし。 
最低限、支柱のコンクリート固定は避けられないような気がしますけど。
施主側で それが嫌なら「自費で御勝手に!」でいいんじゃないですかねぇ。

介護保険では手すりの材質等指定されていませんが
手すり業界にはBL認定基準とかブラケット間隔とか制限がありますし
メーカー側でも強度計算とか開発費とか経費掛けているので
「何でもあり」ということではないと思いますが、最終的には保険者の判断でしょう。
介護保険という公費を使う以上は やっぱり機能性と安全性は求められて当然です。
【2009/05/01 00:02】 URL | mucca #- [ 編集]


イヤーmuccaさん お久しぶりです。コメント有り難うございます。

利用者家族がそれでいいと言ってるんですから良いんじゃないですか。
と、迫られたら保険者も拒む根拠が無いような気もします。

公費も投入している介護保険ですから、もう少し工法や資材等にも
規制や指導があっても良いような気がします。

利用者ご本人にはお会いしていませんが話の流れから見ると、
<通路に転落防止の柵を作りたい。
柵でなく手すりとして申請すれば給付が受けられるのではないか。>
・・とも思いました。
【2009/05/01 07:58】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]

お久しぶりです
 ん~~~。実際、介護保険では工法や資材に規制が無いから それを逆手に色々な手すりを構築させて頂いているのも事実です(勿論安全性,機能性はバッチリです)。メーカーさんも様々な部材開発に精を出しています。
「工夫」の余地が残されているので、その意味では魅力なわけです。
明確に規制され、保険者が拒む根拠を文書化してしまうと 当然「工夫」の余地は減りますね。
私の結論:
『規制を厳しくしても どうしたって抜け道はできてしまうし、
介護保険制度を有効利用し易くする為には とりあえず現状のままでお願いします』

個々のモラルの問題です。
【2009/05/01 22:46】 URL | mucca #- [ 編集]


muccaさん おっしゃる通りだと思います。
特にmuccaさんのようにその上の「工夫」をこらして頂ける方の場合はそうだと思います。

私がご相談を受ける事例でも、悪意のある事例は殆ど見あたりません。
知識や経験の少なさが原因と思われる事例が殆どです。
そういった場合に、工法や使用資材に一定の指針となるものがあればいいのではないかというのが真意です。

保険者によって、その判断・対応がまちまちなのは困ったものです。
【2009/05/02 09:48】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/162-b63822d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。