アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 立ち上がりの補助
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち上がりの補助
給付金振り込まれていました。
世帯主である私の口座に振り込まれてきたのですが、家族から「私の分下ろしてきて!」。
手渡すまで、なぜか肩身の狭い思いをしたのは私だけでしょうか。

少なくとも我が家では、給付金騒動は終わりました。

立ち上がり補助については下記へ。


命題としては、
・和室を居室としている片麻痺の方が、畳からの立ち座りにいつも苦労している。
 どういう支援策が考えられるますか、というものです。

まず出てくる案は、縦手すりを付けようというものです。
それも畳上30cm位から1mの長さの縦手すりです。
もう一案は横手すりです。
床からの立ち上がり補助手すり兼歩行補助手すりとします。

単独又は複合した案で設置されます。
写真は複合案です。(写っている箱は関係ありません。)
立ち上がり補助手すり
この手すりが付いた所で、仮の検証が行われます。
作業着のまま畳に寝ころんで、付けたばかりの手すりを掴んで立ち上がろうとします。
左手左足だけで立とうとしますが上手くいきません。
やはり手すりだけで一気に畳から立ち上がるのは困難なようです。
協議の結果、一旦、腰掛けてから立ち上がることになりました。
急遽腰掛け台の作成です。
あれやこれやで40cmの高さの腰掛け台を作成することになりました。
結構手間が掛かります。
和室に似つかわしい品位も必要です?。
何とか時間内に完成です。取りあえずバタバタ検証してOKが皆さんから出ました。

その他の箇所の工事も完了しました。
いよいよ本格的な検証です。
右片麻痺を想定して装具を付けて頂きます。

「ハイ、取りあえず畳に横になってください。」
「エー、座れねー。どうやって座るんだ。」「手すり、手すり!」
ワイワイガヤガヤとドシンドシン。
殆どの方がお尻から落ちていきます。

・・・
仰向けになった状態から横座りまでの動きをしてもらいます。
「足を畳んで体をコンパクトに、健側の手を・・」
取りあえず横座りは出来ました。
「ハイ、皆さんの想定した動作で立ち上がってください。」

「えーと、最初に縦手すりを・・無理。遠すぎる。台が邪魔。」
「違う!、横手すりを掴んでお尻を台に乗せるの!」
皆さんお若い。無理からに力を入れてヨッコイショ。「フー、年寄りには無理。」
全員が検証します。
  結論。「これは違う。これでは立ち上がれない。」

ここで片麻痺の方の床からの立ち上がりを練習します。
詳しくは「新潟のカリスマPTである大淵氏のHP」から。
http://homepage3.nifty.com/MYKAIGO/howto(13).htm”片麻痺者の床からの起立動作”の項をご参照ください。

実は、写真に写っていた箱はこの項で言われている手つき台でした。
高さは20cm前後に設定しています。
手つき台の利用のポイントは、いかに体重を台に乗せるかです。
台にのしかかる様にすればするほど、健側の左足に掛かる負担は小さくなります。
言葉を換えて言うと、お尻が軽くなってヒョイと足をのばすことが出来ます。
手つき台が高すぎると体重移動が上手くいきません。厳密には検証していませんが、この位でしたら何とか。
立ち上がった所で縦手すりが生きてきます。立ち上がり直後のふらつきを縦手すりが防いでくれました。

しかし、
さんざん苦労して頂いた40cm高さの台は無用になってしまいました。
当初から分かっていたのですが申し訳ない。
それだけに、このことは印象強く覚えて頂いたのではと思います。思いたい。

話は変わりますが、ご紹介した大淵氏のページはジューシーな中身が一杯です。
(ジューシーかどうかは関心の度合いや基本知識の集積度?によって違うかもしれません。)
全部に目を通すには1日では足りません。
連休中にでも挑戦してみてください。眼に何枚うろこがあるか知りませんが、それはもう。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント
ありがとうございます。
こんにちは、ぼくとさん。
楽しそうな講習会の様子が目に浮かぶようです。
本当に実際に体験し検証することは大切ですね。
思わず前に乗り出してしまいました。

大淵様のHP、すごいですね!!まだほんの少ししか見ていませんが。。。
これから少しずつじっくり見させていただきます。
ご紹介ありがとうございます。
私のブログでもご紹介させていただきたいと思います。
1人でも多くの方のために。

ありがとうございました。
【2009/04/24 11:09】 URL | J.unko mama #- [ 編集]


この大淵さんのHP、年2回くらいのペースで、原点回帰のつもりで覗いています。
そのたびに新しい発見をさせて頂いています。

福祉用具についてのうんちくは、ほぼここで習得させて頂いたようなものです。
医療専門用語の使用を避けて、平易な言葉で表現されているのがすばらしいですね。
【2009/04/24 19:28】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/160-473bf174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。