アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 浴室のリフォーム。ラスト
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴室のリフォーム。ラスト
昨日は友人の家に行って来ました。竜巻のルート下にあったのですが、隣近所は半壊しているのに、幸いなことに2階の窓が数枚割れただけで済んでいました。ただ、近くの野天駐車場に止めてあった友人の乗用車がひっくり返っていたそうです。しばらくは状況が飲み込めなかったと言っていました。
目が点になるというのは、ああいうことかと初めて分かったと言っていました。
それにしても、ご家族に被害が無くて幸いでした。

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、浴室については、ここらで一旦閉めたいと思います。
今日は、段差の解消などを少しだけ。   
浴室の段差を解消することは、どなたも考えることですが、それに伴って発生するのが脱衣室の工事です。
今現在、充分な脱衣室スペースをお持ちの方は結構ですが、そうでない方。
脱衣室に洗面台、洗濯機が同居していませんか。入浴するために脱いだ服を洗濯機に乗っけているあなた、今立っている場所に大人3人くらい立つだけの空間があるでしょうか。もちろん押しくら饅頭状態でなく。
もし、とてもそんなスペースはないと言う方は、洗面台又は洗濯機を別の場所に移動して下さい。
どちらを移動しますか。答えは自ずから明らかです、あなたが主夫でない限り、奥方は洗濯機の移設には賛同しません。
これまで、日曜日又は帰宅後しか着なかったジャージーや普段着(恐らくゴルフウェア)を終日着用することになり、洗濯物は着実に増えてきます。

移設すべきは洗面台となります。(ここではリフォームする事を前提に書いていますので、なぜ移設しなければならないのだとお怒りにならないようにお願い致します)
なぜ脱衣室を広くしないといけないかと言いますと、いくら浴室の機能を様々改造してもそこに巧く到達出来ない状況が、実際の事例として発生しているからです。

狭い脱衣室は狭い通路でもあるのです。しかも、洗濯機や洗面台が(場合によっては衣類タンスやバケツや諸々の洗剤類等々も所狭しと)足元の危ないあなたを複雑な経路に誘い込みます。
どこか、ここなら排水位置も現在地から遠くなく便利な場所を探して下さい。

私のお薦めの場所は、家族関係もありますが、お二人の寝室です。現在、家庭内別居の方には無理な注文ですが。
給水管の配管は皆さんがお考えになるほど難しいものではありません。汚水配管も便器からの汚物配管ほど勾配を制限されるものではありません。
余談ですが、汚物配管は1/100程の勾配で配管します。ドッと流せば良いようなものですが、それだとあなたの落とし物だけ取り残されて水だけ行っちゃいます。緩い勾配の中、プカプカ流れていくのが配管の妙なのです。

むしろ問題は温水です。
ボイラー等の温源が遠い場合、いくら保温をしても連続した使用ならともかく、1時間置き又はそれ以上の間隔で使用すると一定の低温の水量を流した後でなければ予定した水温の温水は流れてきません。
無駄な水量もありますが、何より待ち時間が長くなります。そこでお勧めが電気温水ポットです。
魚さんにも稲さんにもあると思います。洗面台の水栓と連結して洗面台の下から温水を供給してくれます。これでワンレバー混合水栓が使えるようになるわけです。

費用はそれなりに掛かりますが、連れ合いは必ず喜んでくれます。と、思います。
化粧落とし?表現がよく分かりませんが、素の自分に戻るためには結構手続きがあるようなのです。それが寝室で出来る。又、それ以外にも寝室に給水があるのは色々と便利なものです。

しかし本当の効用は、将来にあります。
体調が悪いとき体を拭いてもらう、遠くから洗面器にチャプチャプさせてお湯を運ばなくても良い。
上の世話から下の世話まで、部屋に給水のあることがどれほど便利であるか容易に想像が付くと思います。
可能であれば寝室に給水を。お勧めします。

ここまで、連れ合い(奥方)があなた(男性)を世話をする前提でお話をしていますが、その逆も当然起こりえます。
それで問題はありません。なぜなら、
体力的に非力である女性が介護をする前提で改造を行っていれば、より体力ある男性が女性を介護することは容易な事は自明のことです。
まさか、そんなことは考えもしなかった当然世話をしてもらう側だと思っていたご同輩、女性に特に多い疾患もたくさんあるのです。
明日からでも山の神に、炊事・洗濯その他諸々ご教授賜るべきです。

団塊の世代の男であれば、女がいなくちゃ夜も明けぬでは男の沽券に関わるのではないですか。全て出来る、しかしそれ以上のことが私には出来るから家事は頼むと。
まあ、私もそう言ってみたいと言うのが本音です。

次回は何にしましょうか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

誠実なお仕事ぶりが伝わってきます。
お仕事頑張ってくださいね。
【2006/09/24 09:01】 URL | artymama #- [ 編集]


コメント書き込み有り難う御座います。
artymamaさんのところは、すごいカウンターの廻り方ですね。
そんなに訪問者が多かったらビビッテしまいます。

私の方は、ぼちぼちと更新していくつもりです。
【2006/09/24 16:16】 URL | いもがらぼくと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/15-a5e8c8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。