アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2.5日セミナー
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.5日セミナー
先月、年度(20年度)最後の公開セミナーを行いました。
前回までは毎土曜日午前中開催の連続5日間としていましたが、拘束?期間が長すぎて不評でした。
5週となると1ヶ月超となります。
今回は初日午前中(3時間)のみ、2日間は終日(6時間)で計15時間で開催となりました。
拘束は?3週となります。

初日は座学3時間。
眠くならないように時々、綾小路きみまろ風に。
(与えられた時間に対し伝えたいことが過大な場合、どうしても聴講者の耳に情報を流し込む作業となり易く 眠気を誘うことになるようです。)

二日目は要介護3となった車いす利用者のための、グループによる居宅改修プラン策定です。
従来の5週制のセミナーであれば
1.現状の居宅を調査して頂きプランの策定をして頂く。
2.次々回セミナー時に(訓練生による)改修の終わった居宅で自分たちのプランとの差異を討議する。
という流れなんですが、今回は期間短縮のためそうも行きません。

写真等も提示して検討して頂くのですが、現場を直接調査するのとはかなりの情報の差があります。
また、平面図を見慣れている方とそうでない方では図面からの情報取得に相当な時間差があります。
それでも、それやこれやで討議を続けていく内にグループ構成員に一定の共通の情報が蓄積されていきます。
ここからが本来のプラン策定のスタートになります。

質問を受け付けながら討議の様子も伺っているのですが、やはりセンスというものがあるようです。
表現は稚拙ながら、そうですそこが壺なんですという状況を的確に押さえる方がいらっしゃいます。
表現はうまくないけどもつかみが良いというのか、やはり感性が優れているのでしょう。
物理的な側面からしかプランを立てられない方、建築的な常識に拘泥される方、常に人間の生活と存在を意識しながらプランを進める方。
自然にこの3番目の方のような思考が出来る方がいるものです。
私も少しでもこの様な方と同じ感性を身につけたいと思っています。

3日目は車いす利用のための改修の終わった居宅で、実際の走行体験をします。
今回の参加者には福祉用具店の社員の方々が相当数居られました。
さすがに車いすの扱いは慣れたものです。
しかし、扱いであって操作ではありません。
事務所の中で新しい商品に座ってみることがあっても、狭い空間を抜けてみたり回転してみたりという体験は行わないようです。

従って、改修の済んだ狭い居宅の中で戸惑いながら車いすで動いています。
訓練生のプランによる改修案も完璧なものではありません。
うまく操作できない箇所も多々あります。
皆さんフーフー言って操作しています。皆さんが異口同音に言われるのは、「こんなに、狭い所での車いす操作が疲れるものだとは思わなかった。」です。

自走型の車いすで移動経験して頂いた後で介助型の車いすでの自走経験をして頂きました。
今回福祉用具店の社員の方々が多く参加されたことの意義はここにあったかなと思いました。

狭い居宅の中で、介助型の車いすがどれほどスムーズに操作できるのかを新鮮な驚きで体感して頂いたことは、彼らの今後の車いす選択のアドバイスに生きてくると思いました。

次回は4月開催を予定していますが、フル(6時間)の3日間ということになりそうです。
18時間で1コースという様なルール?があるようですので。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事

この記事に対するコメント
お疲れ様です。
ぼくとさん、お元気ですか?
コメントありがとうございました。
ぼくとさんの講習を受けたいのですが無理なので北九州に通っています。(笑)

とてもよい会場で、講師の方も情熱のある方ばかりで、本当に良い勉強になります。
何より、スタッフのかたがた全員がお役所仕事ではないんですね。
眠くなったのは内科医のドクターの講義だけでした。
これは私の体力が限界だったせいもあります。(反省!!)

情報をお送りしましたのでご覧くださいね。
【2009/02/19 11:32】 URL | J.hayashi #- [ 編集]


hayashiさん メールでの情報提供有り難うございます。
家の用事もありなかなか動けないでしょうが、頑張って居られますね。

どこかに講師術なる物があればご伝授頂きたい。
興が乗るほど早口になり時間配分が出来ないぼくとです。
【2009/02/22 19:15】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/147-ed834a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。