アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 公開講座への参加
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開講座への参加
先日、所属のライオンズクラブで献血活動を行いました。

会場がスーパー駐車場でしたので女性の献血者が大半でした。
9時から17時までで64人の参加者、うち献血して頂いたのが48名の方々でした。
男性参加者は概ね献血可能ですが女性の場合は血沈の判定が悪く(沈まない)、ご意志通りに行かない事もあるようです。

女の子が二人連れで「献血出来るのは何歳からですか?」と尋ねてきました。
「18才からです」と答えると「ホラやっぱりダメじゃん」と帰っていきました。
「来年?待ってるよ」と心の中で呼びかけました。こういう事が嬉しいですね。
献血頂いた方、参加頂いた方、有り難う御座いました。

私も最近メタボ対策を行っている関係で心配していましたが、スムーズに沈下していきました。
血圧も70台から130台で概ね良好の判定でした。
あとは分析のハガキを待つだけです。これが結構怖いのですが。

公開講座について。
地元の福祉系大学での開催です。従前あった「福祉マネジメント学科」の教授が退職後、特任教授として
研究所に残られ講座を担当されました。
演題は「高齢期に向けての居住の安定を図るために」-介護サービスとの関係づくり-です。
内容は、新しい住まいづくりとして高専賃住宅(高齢者専用賃貸住宅)が推進されるだろうと言うことでした。
講演を聴いて思い当たりました。近くのカルチャープラザ(管理者指定制度?)の横に工事が始まっています。

後日、工事現場をのぞきに行きました。
看板には「共同住宅建築中」とあります。
駅に近く、隣はスーパーとカルチャープラザ。周辺には診療所が多い地区です。しかも、管理者は医療関係者です。
絵に描いたように高専賃住宅の条件にピッタリです。もっとも、適合高専賃住宅というのもありますので
詳細は分かりませんが。
ただ、最寄り駅のホーム連絡通路が階段だけというのがネックです。
私の母も、この駅を利用するときは荷物は出来るだけ少なくする様にしているようです。

一定の利用者数によってエレベーターなどの設置が考えられるようですが、利用者の年齢構成や
障害を持たれた方の利用率なども設置判断する基準に入れるべきではないでしょうか。

講座には研究所の所長(教授)も参加されていました。
冒頭の所長挨拶で、「私も自宅を造るに当たってバリアフリーを念頭に置いて設計しました。」と話されました。
休憩時間、所要(喫煙)で屋外に出ました。実は構内禁煙なのですが駐車場であればと言うのを管理人の方から伺っていました。この辺は抜かりありません・・何だかな・・。

たまたま所長も同好(同病?)の士でありました。
お持ちの携帯灰皿をお借りしながらお話を伺いました。
曰く、「敷地との段差もないようにベタ基礎(立ち上がりのコンクリート基礎が無く、コンクリートを平らに打設して土台を置く工法)でしましたが、問題が発生しました。」
「白蟻の食害が出ました。」
当地は川で運ばれた土で形作られた地域で白蟻が多い地域なのです。従ってベタ基礎の場合はその対策は大事です。
「玄関ポーチから車椅子用のスロープも作る予定でしたが、勾配が上手く取れないと言うことで断念しました。」

将来どの様な身体状況になるのか分からないのに車椅子用のスロープ設置とは、と思いましたが、お相手は研究所の所長です。
うかつなことは言えません。
「それは残念でしたね。」とお答えしました。

将来的な展望でスロープも予定するのであれば、計画上でスロープ設置予定図を書き、必要となるまでは
家庭花壇や菜園として利用し堅固な構築物はその予定場所には作らない事を推奨しています。
スロープが不適な状況になるかも知れないのですから。

それにしても、喫煙癖もたまには有効な場合があることを認識したひとときでした。
「禍福はあざなえる縄のごとし」ちょっと違うような。イヤー全然違いますね。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/137-b43016c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。