アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 体感ゾーン増設
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感ゾーン増設
なかなか、夏眠(仮眠)から目が覚めない”ぼくと”で御座います。

先日お伺いしたお宅でのこと。
定年後の嘱託務めも終えて、ご主人の故郷である延岡市に居を移されたご夫婦でした。
さあこれからご夫婦でそれぞれの趣味や活動をしようとした矢先に、奥様が軽い脳梗塞を起こされ
先日退院されたお宅です。

奥様が折角丹精して作られた、庭先の畑も入院期間中に雑草に覆われて仕舞いました。
奥様の状態は、杖歩行は何とか出来るのですが長時間の歩行は困難です。
また、利き腕である右手の動きが緩慢です。家事のかなりの部分をご主人に負担して頂くことが
必要に見受けられます。

この状況に、ご主人はかなりの不満をお持ちのようです。長い公務員生活を勤め上げられ
サアこれからという時にこの事態ですから、お気持ちは察せられるのですが。
何カ所かの手すり取付の打合せだったのですが、お話しの大部分が奥様の食生活から
日常生活の不節制をあげつらうご主人のお話でした。

奥様は元々、在京時より医師から脳血栓などの危険性を指摘されていて薬も処方されていたのですが
のんびりした性格もあって殆ど服用されていなかった様です。
従って、ご主人のお話の間にも「悔やんでも悔やみきれない。薬さえ飲み続けていれば・・」の繰り返し
です。

事業者としては手すりの取付を行えばそれで関わりは終わってしまうのですが、関わったケースの
なかでこの様な場合に起こりやすいのが言葉や支援放棄の虐待です。
ご主人が事態を受容出来るまで待つしかないのかとは考えてはいるのですが。
とても心配なケースです。

ご同輩、スーパーでの買い物力?や調理の勉強も退職に備えて必要なアイテムです。
それさえあれば連れ合いの病気にも優しくなれます。なれると思っているんですが・・。

表題については下記へ。


屋外の段差解消ゾーンです。
部外講師を務めさせて頂いている機構の職員講師の方々が時間をやりくりして完成させて頂いた
ものです。
屋外スロープ
左側が階段併用スロープ、右側が各勾配を組み合わせたスロープとなっています。
真ん中の階段部分は各種形態の手すり(斜め手すり、平行式手すりなど)を設置して、その功罪を
体感するコーナーとなります。まだ、未完成です。

スロープ併用階段のアップです。
スロープ併用階段
アップフロアーが50cmの高さです。
スロープであれば1/10勾配で5mの敷地長さが必要です。
ゾーンは1/13勾配で2.6m位となっています。約半分の敷地長さです。
勿論、非常手段としての工作物になります。一定の介護力がなければ登坂は容易ではありません。

さっそく、講義には使用しました。私自身、自分の設計ながら予想外の新鮮な体感も出来ました。
来月、地域のケアマネジャーさん達の研修にも使わせて頂く予定です。

研修会の顛末については又後日に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント
すごいですね!!
こんにちは、ぼくとさん。
素晴しいですね。
楽しみにしていたものが完成しましたね。
”予想外の新鮮な体感”どんなものでしょう?
ぼくとさんが予想外なんて私では思い浮かびません。
研修の様子もまた、教えて下さいね。
【2008/09/29 11:58】 URL | J.Hayahi #- [ 編集]


hyashiさん コメント有り難う御座います。

アップフロアーから1/8スロープに乗り出すときの怖さ。

ハンドリムをずるずる滑らせて下っているときの制動力のたよりなさ。

車椅子で勢いよくスロープを上り下りしている脊損の方々がいかに体重移動を
上手く行っているのかに初めて気付く。

その他体感しなければ気づかない事が満載です。
机上では得られない情報に気付かされることに感謝しています。
【2008/09/29 14:35】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]

おはようございます。
先日、介護福祉建築家の方にぼくとさんのブログをご紹介しました。
早速ご訪問されたみたいで、感想を頂きました。
案件のご夫婦のこれからを気にされていました。
是非、その後をお知らせ下さい。
私も、気になります。
【2008/10/03 09:16】 URL | J.hayashi #- [ 編集]

その後
hayashiさん コメント有り難う御座います。

ご夫婦の姪御さんが、当分の間同居されることになりそうだとケアマネから伺っています。
ご主人の生活上の不満の一部は改善されることになるかと思いますが、奥様の状態に
ついての受容は又別だろうと思います。

仕事を離れ居住環境が変わるなどの様々なストレスに耐える基盤として夫婦二人での
生活を足場としていた、その足下をすくわれたお気持ちでしょうか。
別の同じようなケースのご夫婦の場合は、結果として奥様の存在を無視する家庭内別居
生活となっています。
その方の奥様のための改修打合せの席にも一切参加されませんでした。

hayashiさんの新しいコメントは、一旦は公開したのですが個人情報が多いため「管理者にだけ・・」
のチェック付け忘れと考え削除しました。メール本文は保存しております。
【2008/10/10 09:02】 URL | ぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/134-d286344e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。