アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 介護保険と住改ー2
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険と住改ー2
引き続き、障がい者の方の住宅改修について、です。

延岡市の場合、「障がい福祉課」が窓口になります。
以前も感じたことですが、なんとファジーで分かりにくい事業だろうと再度感じてしまいました。

介護保険の場合、関係する規定や通知等の情報は、ある程度リアルタイムに保険者と福祉関係職で共有しています。
窓口にも様々な情報がパンフレットやチラシの形で配布されています。
また、年数回開催される保険者と介護支援専門員との連絡会でも詳細な情報が伝えられています。
それに比べてという話です。

一つには、制度の成り立ちが違うせいでしょうか。
 障害を持たれた方と社会との関わりの、長い歴史的経緯。
 「まだまだ福祉の世話にはならん。」とお年寄りが言われる「福祉」(私の母もよくそう言います)。
 「社会保険」の考え方から出発した介護保険。(40歳以上の方は保険料の支払いにより常に意識させられ
 ます。)

もう一つは、対象者の相対数と必然性。
 どなたもいつかは高齢者になる。加齢によって何らかの支援が必要になる可能性は、事故などで障害を持
 つ可能性より高いと私自身も感じています。
 生活習慣病予備軍(私は既に甲種合格かも知れません)及びメタボ合格のご同輩は特に関心が深いと
 思います。

又一つには、民間事業者関与の多さの違いかも知れません。
 有り体に言えば、利潤を求めての経済活動として成り立つかどうかです。
 経済活動となれば企業にとって情報取得は死活問題です。

これらがあって、情報の量が違ってきているのかとも思っています。

ファジーな部分の小話を一つ。
改正もあって前回お話ししたように、介護保険と同じように20万円までの改修が行えます。
改修対象メニューも同じです。必要書類もほぼ同じです。
その中の見積書。

窓口、「20万円です。」
私、「はい、20万円までが対象工事費ですね。対象工事の備考欄に対象工事費と特記すれば良いですか。」 窓口、「対象工事だけを記載して下さい。」
私、「対象外工事は記載しないで対象工事とその総額を記載した見積書ですか。」
窓口、「提出見積額は消費税込みの20万円として下さい。」
私、「はぁ?」

会話文は漫画的になるのでここまで。
要は20万円の提出金額でないと通らないとのこと。
消費税込みの20万円ということは190,476.19円が工事費ということ。
毎回々こんな数字になることはあり得ない。
結局、工事費を1円単位で操作して作成することになる。すなわち虚偽の見積書の作成ということ。

後日制度に詳しい知人にその疑問をぶっつけたら、「そうなんですよ、でも使いやすい面もあるんです。
15万の工事費でも20万で通っちゃうんですよ。」
「その差額は誰が恩恵を受けるの」 彼、「業者さんですかね?」
「オーバーしたときは?」彼、「業者さんが、何とかしますと言ってくれます。」
なんとファジーな。

介護保険制度のように、民間事業者が多く参入している制度であればこんな事はあり得ない。
恐らくファジーであることが、制度運用を円滑にしている部分も多いのだと思います。
すなわち対象者の方々にとってもそうなのだと思います。恐らく?。

ここからが本題です。
地域支援を行う方々(包括支援センターの職員を中心に)や疾病により障害を持たれた方々の訪問看護を行っている方々の大部分が介護保険制度に沿って業務を行っています。
そういう方々にとって、補装具の給付や日常生活用具の給付制度は分かりにくいものです。
改修はむしろ分かり易い部分です。はぁ?の部分はあったにしても。
私を含めてそういう方々が使いやすい冊子でもあればと思いました。

出来るだけ介護保険の用語や思考を元に利用出来るような工夫を考えています。
実は、この冊子作りがとても勉強になるのです。
人様にご紹介する以上、しっかりした根拠と確実な情報が必要となります。
振り返ってみますと、事務局をさせて頂いている勉強会のメンバーにもこの情報収集が縁で入会を
お勧めした方々もおられます。

長々と書きましたが、要は冊子作りの縛りを作るためでもあります。
地域の福祉関係職の方でこのブログを時たま見ておられる方々からの脅し?「未だ作らないの?」を
期待してのことです。

完成しましたらホームページに掲載出来ればと思っていますが、補装具等の写真が著作権侵害に
引っ掛かりそうな場合は掲載不可となります。
その場合は、地域での配布のみと言うことで。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/126-afbb8d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。