アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 福祉用具と事故
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉用具と事故
久方ぶりの書き込みです。
来週から急遽冬将軍のご訪問とのことで、慌ててオータムシーズンの後始末を。
紅葉を楽しむ暇もなく、尤も紅葉の噂を聞いてもいく暇はなかったのですがあちこちで
山間部は降雪予想とのことです。

三日前から所定の講座が始まっています。
今回から、技術的な知識もさることながら、対象者周囲の人間関係把握の重要性やご本人・ご家族の本音を上手に聞き取る手法をお伝えすることとしました。
しましたが、その意図通りにいくかどうかは私の能力に依りますので成果は・・?。

講義の枕は、
「あなた方が、ご本人のADLや疾患の特性に懸命に焦点を当てて、いかに合理的なプランを立案してもそのプランが採用されるとは限りません。なぜなら・・」から始まります。
この部分が、今までお伝えしきれていなかったのではないかと反省した次第です。

それでは表題の事故について。
10月26日付けの経済産業省から厚生労働省宛のお願い文書です。
表題は「高齢者等の要介護者等における重大製品事故発生に関する注意喚起のお願いについて」
分かり易く国民用語に翻訳しますと、

今年の5月から死亡、治療期間が1ヶ月以上の負傷、火災、一酸化中毒を重大事故として製造事業者・輸入事業者に事故の発生を届けさせることになった。
そうした中(お宅は把握していないかも知りませんが)福祉用具に拠る重大事故が発生していますので(お知らせしますが)介護現場に向けて注意喚起をお願いします。
注:( )内は私の解釈です。

これを受けて厚生労働省は、
「福祉用具使用の際の重大製品事故発生に関する注意喚起のお願いについて」
内容、一部略です。
今般、標記について経済産業省商務情報政策局より依頼がありましたので、別添の内容に留意しつつ、改めて福祉用具貸与・販売の適切な利用がなされるよう、御理解・御協力頂くと共に、管下の市町村及び関係団体に対しても注意喚起下さいますようお願い致します。

詳しく見たい方は下記を。
経済産業省の文書
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo/work/lib/CT202ID1333N2.pdf

厚生労働省の文書
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo/work/lib/CT202ID1332N1.pdf

事故の内容
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo/work/lib/CT202ID1334N3.pdf

何かスッキリしません。
本来、被害者である高齢者や介護者に尤も近いはずの厚生労働省が、他の省から「お知らせ」を受けて「依頼がありましたので」というのは違うような気がします。
重大事故の発生の陰には沢山のヒヤリハットの存在があるというのは介護の世界では常識です。
また、重大でない事故?は当然報告されていないことになります。
本来であれば、ヒヤリハットや軽症事例を集約して経済産業省にその対応を申し入れるのが監督官庁である厚生労働省の役割ではないのでしょうか。プンプン。

適切でない福祉用具の選択や使用方法の説明不足による危険は現実に沢山あるのだと思います。
また同様に不適切な改修による危険も同様だと考えます。
上記の事故報告は本年5月から5ヶ月間だけの発生報告です。

自己選択、自己決定、自己責任といっても充分な情報提供に基づいての事であるのは当然です。
施設内の介護の現場に於けるヒヤリハットは様々な形で事例や対策が示されています。
福祉用具利用や改修に於いても同じようなヒヤリハットの事例研究が必要だと思いました。

それにしても、段差解消機をテラス代わりに使用することは想定外でした。
段差起床機のは地盤に着地している状態、は昇降している状態しか考えていませんでした。
改修に当たって段差解消機の設置をお奨めしたお宅で、テラスがなく掃き出し窓から直ぐに段差解消機を利用されるお宅については確認に廻らなければいけないと考えています。

これから寒くなるとは言うものの、小春日和に誘われて・・。
いかん、取りあえず電話だけでも。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
関連記事
この記事に対するコメント

ありがとうございます。大変参考になりました。
今、担当している方のお宅に、掃き出し窓から直接段差解消機を利用するようにしています。納屋との通路で狭いし見晴らしも悪く暗いので、夕涼みされることはないと思うのですが、よくよく説明しようと思いました。
現在、我が家のPCが入院中ですので、職場からです。今月末には、記憶喪失で戻ってくると思います。
自己選択、自己決定、自己責任については、私も同意見です。私たちの責任逃れにならないよう、よく説明しなくてはといつも思っています。専門用語ではなく、分かり易いように・・・勉強することが山積みです。
【2007/11/19 10:39】 URL | H.Junko #- [ 編集]


ある方から、コメントがありましたが返信されていませんね。とご連絡がありました。
ハッとしました。
実はこのHさんからは、いつもは(管理者だけが・・)の形でコメントを頂き直接メールで返信をしていました。
いつもメールで返信を差し上げていたので、コメント欄はそのままにしていました。
しかし事情を知らない方は、コメントが来ているのにそのままなのかと思われたかも知れません。

コメントを頂いた方には、出来るだけ速く応答したいと考えていますので宜しくお願いします。

【2007/11/23 17:03】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]

ぼくとさん、ごめんなさい!
すみません!
私が、自分に自信がなくて、シークレットでコメントしていました。
ぼくとさんにご迷惑をお掛けしたようですね。
申し訳ありません。
新米なので、いつも、このブログを見させて頂いて勉強していました。

これからも宜しくお願いいたします。
【2007/11/27 12:38】 URL | H.Junko #- [ 編集]

お気になさらずに。
管理者だけに・・でも、公開コメントでもどちらでも構いません。
お気になさらずにコメント宜しくお願いします。
【2007/11/27 17:21】 URL | いもがらぼくと #dDm6s.8Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://jukankyou.blog49.fc2.com/tb.php/107-51e0c5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。