アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2012年10月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害時避難路
過日ご紹介した、地区の避難路を実際に通行してみました。

    傾斜路1     傾斜路2
 
下から見あげた位置で撮っているので勾配がきつく見えますが
実際は、見た目の半分くらいの勾配です。

計画段階では地盤なりのスロープで吹き付けるはずでしたが、
工事中に階段状に吹き付けることになったそうです。
歩いてみると、スロープで有ればその人なりの歩幅で昇降できるはずでしたが
階段状だと一定の歩幅で昇降せざるを得ません。
しかも男性作業員の歩幅で作られているようです。

介護のための改修現場でも同じですが、やはり現場での思いつきというのは
配慮が届かない分不都合も出やすいと思います。

また普通の階段のように踏み面と蹴上げ(踏み板と次の踏み板の空間)が
直角に工事されていれば良かったのですが、蹴上げの部分がスロープで
処理されています。
水平面とスロープが混在した階段です。
これでは夜間に災害が発生したとき、真っ暗な中でこの避難路を登ると
昇降動作にリズムがないためつまずく恐れがあります。

また地震で本来の通路が崩壊した場合当分の日常通路となりますが、
降段の際に、歩幅の狭い高齢者が平らな踏み面から足を下ろすと
かかとがスロープに乗ってしまうことになります。
歩いてみましたが、足元を確認しながらでないと安心して歩けません。
夜間は問題が出そうです。

    避難路アルミ階段
避難路登り口の既製品のアルミ階段です。
ここが避難路のスタート位置になります。
両側に手すりも付いてきれいな階段です。アルミなので耐久性もそこそこ
期待できます。

実際に何回か昇降してみました。
ウーンこれは?と思いました。
普通の階段を真上から見ると、踏み板は連続して見えます。
つまり踏み板の段鼻と次の踏み板の蹴上げは直角につながっているはずです。
ところがこのアルミ階段は真上から見ると、踏み板と踏み板の間に15~18cm位の
空間が出来ています。
アルミの脚立を寝かせた形状に近いのです。

夜間、高齢者があわてて昇降するとその隙間に足を突っ込んでしまうかもしれません。
前方に体重を移動させている状態でそうなると骨折もあり得ます。
対策を考えているときにたまたま地区の役員さんと設置業者さんが
別の打合せで現場に見えられました。
ご相談の結果、階段裏に丈夫なアルミ板を裏打ちして頂くことになりました。

来月11日が避難訓練日となっており、その日以降に通行解禁となります。
当日はアイマスクをして、真っ暗な中での避難昇降体験をしてみたいと
思っているぼくとです。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
スポンサーサイト
出前講座-眠剤
先週の土曜日、市内老人クラブの出前講座講師をさせて頂きました。
もっともどこのクラブもそうですが、「高齢婦人クラブ」と
呼称した方が構成が分かり易いクラブが殆どです。
お伺いしたクラブも出席者20名程度の内、男性は会長さん
ただお一人でした。

演題は「転倒しないための暮らしの工夫」です。
幾つか転倒の原因とその予防策についてお話をさせて頂くのですが、
皆さんの反応が顕著に感じられるのが服薬のお話をさせて頂くときです。

特に、眠剤服用と転倒の関わりに付いては真剣に聞いて頂けるようです。
・入眠障害
・途中覚醒
・早期覚醒
・熟眠障害
それぞれの症状で処方されるお薬が違うこと。
くすりの利いている時間が長いものは起床後もふらつき等の症状が
残り転倒の危険が有ること。
この辺りは当然に納得されています。

しかし、くすりの効果時間が短い方がむしろ転倒の危険性が高いと
お話しすると少し疑問を持たれるようです。

朝までお薬が効いてぐっすりお休みになってからのトイレで有れば
ともかく、効果時間の短いお薬を服用された方が夜半にお薬の効き目が
薄くなったとはいえ半覚醒状態でトイレに行かれれば転倒の危険は
言うまでもないことです。

そうしたお話を笑いを取りながらお話させて頂いています。
もっともお薬の服用については、その他の疾患に関わるお薬との
併用もあり一元的には解説できません。
この辺りは薬剤師さんの職掌範疇だろうと思います。

私がお話しさせて頂くのは、
・ご自分が服用している安定剤や眠剤の内容を処方される
 薬局で確認すること。
・その際、お薬手帳は必ず提示すること
・院内受付前で談話をする際、互いに眠剤のプレゼントをしないこと。
私がお話しできるのはその程度です。

それにしてもこの講座の原稿、当初1時間の講座原稿だったのに
今は同じ原稿で1時間半掛かっています。
お話の、ここがミソという部分を印象づけるための小話が増えすぎたようです。
なによりも、人前でしゃべるのが嫌いじゃないという性格も大いに影響しているのですが。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
相田みつを
毎日通る経路に名物の交差点があります。
交差点の脇に、様々な石版を壁面に貼り付けた石材店があるのです。
    石材店外観
停止線から2台目くらいだとこんな風景です。
       石材店2
石版には一日訓話、
「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの・・」や
法話の一説、寓話の一節などが様々な書体で刻まれています。
そして相田みつをの語りかけも
   相田みつを
車中の皆さん、チラ見をしているのですが心が疲れている方?は
つい見入ってしまいます。
結果、後ろの車両から「信号変わったぜ」のクラクションが。
それでも皆さん同じような経験のある方が多いようで、「オイ、気持ちは分かるが
あとは又の機会に、なっ。」ポン。
そんな優しげなクラクションです。

私も再々この交差点で信号待ちをしますが、チラ見チラ見の繰り返しで
読み通せず、見るたびに新しい話を見ているような気がしています。
もしかすると本当に時々付け替えているのかもしれませんね。

それにしても相田みつをの言葉は本当に優しいですね。
金子みすずの詩が心のきれいなお姉さんの語りかけとすれば
みつをの言葉は、気の良い叔父さんの励ましの語りかけに感じます。
「いいんだ、いいんだそれで」


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
車いすの選択
介護関係の相談ブログで、車いすについての相談が掲載されていました。
相談者
「虚弱になった母親のために屋内で使う車いすを購入したいが、どのような点に気を
 つけて選択したら良いのでしょうか?」

回答者(社会福祉士)
「福祉用具の販売店に足を運んで、お母さんに実際に試乗してもらって
 決めて頂ければ良いと思います。
 お洒落なカラーリングの機種もあります。」

質問者の質問内容もおおざっぱですが、
(使用者は母親、使用場所は屋内-だけが提示された情報)

回答者の回答もお座なりです。
(実際の使用場所ではない販売店の中で試乗、知識のない母親に選択させる-
 カラーリング以上にもっと大切な情報があるのでは)

ここには、
・だれが(母親が)
・どこで(屋内で)
の幾らかの情報はあっても
・何のために使うか
・どう使われるか
が見あたりません。

・何のために使うか-離床を促すためか・屋内移動のためか・外出時はどうか
・どう使われるか-完全介助の移動か・部分自走できるのか・車のトランクに
            収納する機会は多いのか

「だれが・どこで・何のため・どう」は車いすの選択の基本情報です。

例えば「だれが」
使用者は安全な操作を認知できるか。
認知できなければ、段差を不用意に降りようとして転倒する危険。
または玄関土間に転落する危険がある。
私がヘルパーの施設研修を受けた際、床にぽたぽたと血痕が有りました。
その跡をたどると麻痺側の手のこぶしに擦過傷を負った車いす使用者が
居られました。

「どこで」
車いす対応の改修を行った住宅かどうか。
住宅が対応していなければ、狭い通路でもある程度対応が出来る機種を選択
することになります。

「何のために使うか」
しばしば車いすの重量をメインに話を進めている場面に遭遇しますが、
折りたたんでトランクに収納する機会の少ない環境で有れば、少なくとも
使用者には殆ど関係のない要素です。
また、乗車時間の長い使い方で有ればクッションにも気を遣わなければ
ならなくなります。

「どう使われるか」
完全介助で屋内使用の場合、ハンドリムの付いた機種は通常選択外となります。
ハンドリムがなければ一般的に巾で10cmほど狭い機種が選択できます。
足こぎも活用するので有れば、座面の高さも重要な要素となります。

回答者の方はあまり福祉用具に詳しくない方なのでしょう。
含みの薄い回答をするより、相談窓口や相談方法を伝授してあげた方が
むしろ良かったのではと思いました。

「重箱の隅を・・つつく。・・穿る。」
真ん中にあるご馳走に箸を伸ばさず、隅の小品に手を伸ばすことを言うらしいのですが
今回は、おかずの少ない重箱に追加で料理を追加したという風に解釈して頂ければと願う
次第です。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
NHKニュース アメリカのDIYブーム
アメリカでDIYがブームで、そうした教室の受講者が増えているという
ニュースがありました。

自宅を売りに出している家族が、なかなか引き合いがないのに業を煮やして
DKと浴室を改造したところたちまち沢山の応募があり、改造に掛かった費用を
含めた金額を越えて売却できたという事例を紹介していました。

この家族は小さな家に引っ越すために買い換えを計画したという設定です。

一体にアメリカに於ける中古住宅の評価と日本に於ける評価はかなり違うように
思えます。
日本
建てて15年経っているから、地価はともかく建物はかなり低い
評価を受けることはやむを得ない。

アメリカ
建てて15年間私がこつこつと手を入れてきた、
従って建てたときの価値より評価が上がって当然だ。

大統領でさえ、休日には柵のペンキ塗りをしている写真を撮らせる国です。
ドラマで見るガレージの中には、玄人はだしの道具が並べられています。
入居後の経年劣化を当然とする日本の亭主族。
わびさびの境地とは違うと思うのですが。
湿度が高くシロアリも多い日本とは建物の評価が違うのは仕方ないのかもしれません。

リーマンショックへの金融機関の対策はそれなりに進捗しているように窺えます。
しかし肝心の、サブプライムローンの破綻した庶民は今だその債務に脅かされています。
リフォームをすることでより有利な売却を行い早く債務処理を行ってしまおうというのが
現在のアメリカにおけるDIYブームの本音なのだろうと思います。
     サブプライムローン


しかし現在のアメリカの景気は、日本同様停滞気味です。
少しばかりのリフォームを行ったところで、元々サブプライムローン対象の建物です。
購買層も従来の居住者と同じ所得層になると思います。

わらをも掴みたい心情なのだと思いますが、何れこのブームも一時のあだ花だと思います。
とてもニュースで解説されたような「新たな住宅ブーム」には、
ほど遠い出来事のように私には思われます。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
協働・共汗道づくり事業-延岡市
延岡市の提唱する「協働・共汗道づくり事業」に地区が参加しました。
地区の防災意識の高まりから、旗地地形(入口が棒状でその先に敷地が広がる地形)で
窪地状の団地からのもう一つの避難路を造ろうということです。

確かに、団地への進入路近くの住民は斜路の進入路がそのまま上方への避難路になります。
しかし団地奥の住民は緊急の場合、そこまで到達できないかもしれません。
開けた一方は海岸線に面しています。
取りあえず高地への逃げ道が必要です。

候補地は二つありましたが、今回はすでに踏み分け道となっている斜面通路を
拡充整備することになりました。
斜面近くの住民が斜面の草刈りなどを行うために踏み分けた通路です。

市担当課との協議を進めながらの作業です。
・初回 草刈りと通路上の樹木の抜根及び荒道づくり
・二回目 本格的な路面拡幅とのり面の整備
この後、形状や土盛りのやり方が不適切ですとの工事業者の指導がある。
・三回目 土堤の立ち上がりのり面を叩き締める。
      急斜面の通路を階段状に形状変化する。
いずれも住民の汗のみでここまで来ました。
ちなみに私は腰を痛め、初回以外はぶらつき要員でした。

この後、工事事業者がパイプ手すりの取付とコンクリートの吹きつけを
行いました。


完成写真です。
      避難路出口 上から見下ろした画像です。市の検査前なので業者がロープを張っています。
共汗であれば市職員も参加しているはずなのに今更検査?

避難路の必要性が窺える写真です。
                避難路横写真 赤い屋根の住宅に右下がりしている白い道が避難路です。
彼方に日向灘が見えます。
この団地は海抜約六米です。
海岸に沿った国道とJRの線路、それが海岸までの距離です。

近々完成祝いをするそうです。
腰痛で参加状態の悪かった私としては、いささか面はゆい気持ちです。

それにしても「協働・共汗道づくり事業」という事業名には疑問を感じました。
協働の一方が市である事には間違い有りませんが、共汗の部分には大いに
疑問があります。
国や他の市町村には「市民とともに市が一緒になって・・・」ということが
アピール出来るネーミングでしょうが、今回市の誰が汗を共にかいたの。
もしかすると脳に汗をかいたのかもしれませんが。
事業予算獲得のためであっても、相変わらずの上から目線です。

ぶらぶら参加も含めて今回感じたのは、「民汗道づくり事業」であったなーと
いうことでした。
それにしても、建設業経験の住民が二名参加していたということがあったにしても
今回の作道作業、なかなかの住民エネルギーを感じさせました。
おじさん達、まだまだ捨てたもんじゃないね!


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
「転倒しないための暮らしの工夫」再編集
出前講座の資料、「転倒しないための工夫」を改訂作業中です。
現在の使用資料は下記の通りです。
     転倒防止表裏紙 表紙と裏表紙です。イラストは、おなじみの(株)エム・ピー・シー社です。
この両ページも若干の変更を予定しています。

     転倒防止4,5ページ 見開きの4/5ページです。
A4用紙2枚を横に谷折りして作成しています。
左ページが転倒した原因、右ページがその対応策となっています。
・1~2ページは(転倒の原因が)日常生活にある場合
・4~5ページは(  〃   )住居に有る場合
・6~7ページは(屋外での)  転倒原因
の3構成となっています。

見開きの4/5ページでお分かりのようにかなり見づらい構成になっていますし、
右ページの解説もこの資料だけでは分かりにくいものとなっています。
もともとお話をさせて頂く際のサブ資料として作成しましたので
文字を大きくし内容の解説も簡単になっています。

従って資料だけ単独でご覧頂いた場合、言葉足らずになってしまいます。
今月は28日に予約が入っています。
それまでにはなんとか編集を終えたいと。



トータルで50項目ほどの転倒原因が記述されています。
それにしても、朝起きてから散歩~就寝までと夜間の排尿行為まで、
真に沢山の転倒の機会があるものです。

すべてから逃れるのは困難なような気もします。
それでも一つでも二つでもその魔手から逃れられるようにお話をしていきたいと
考えています。
つまるところ将来の私のためにもなるのですから。

さっそく土間のサンダルをかかとのある物に変えなければ!


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。