アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2012年09月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不便と不自由
先々週の土曜日に「出前講座」の講師を務めてきました。
延岡市年金協会の婦人部の会合の席でした。

60名くらいとのお話でしたが、男性役員さんを含めて80名ほどで、
用意した資料が足りない状況でした。
担当役員さんとの事前打ち合わせで、「老後にも配慮した改修」をテーマに
と言うことでしたので準備した資料は下記の次第です。
   出前講座レジュメ この面は裏ページです。

表の1ページには 
・健常なときに付けておきたい手すり3種
・バリアフリーで安心か?
・老後に対応しやすいトイレ事例と困難なトイレの事例
のお話のネタ図解を印刷しています。

かなり高齢の方が多いのだろうと、情報量は少なくなりますが14ポイント
の比較邸大きな文字で作成しました。
しかしながら意外にお若く見受けられる方が大半でありました。
詰まるところ、これは私の年齢が近くなった所為でもあります。

リフォームの切っ掛けを
・不満-不便等を起因とするリフォーム
・不自由を起因とするリフォーム
に分けてお話しさせて頂きました。

床鳴りしたり汚くなったりした箇所を新しくしたり
古い設備を更新したりする再生リフォームや
世帯構成の変化による部屋の用途替えによる
リフォームと
ご夫婦の先行きを見通した予防的リフォームに
分けての分けてのお話です。

台所のシステムキッチンの導入について、
「やっと理想の流し台が付いたと思っても、5年後にそこに立っているのは
 貴方ではなくご主人かも知れません。
 そして折角のシステムキッチンの流しに乗っているのはスーパーでご主人が
 買ってきたパックのお総菜かも知れません。」

ここから私の持論である、「ふところの広いリフォーム」のあり方に
話を振っていきます。

それにしてもセミナー等で介護のお話をさせて頂くと、男女ともに、ご主人を介護する
奥様の漠然としたイメージはあってもその逆のイメージはあまり持たれないようです。

そこでお話の最初のつかみとして、
「もしご自分が亡くなった後、すぐにでもご主人に来てもらいたい方は
 料理や洗濯などの家事をご主人に一切教えないことです。
 家のことが何も出来ない男性はたちまち弱っていきます。
 逆に、当分そばに来ないで欲しいと思われる奥様は、普段から料理を始めとする
 家事をご主人にしっかり仕込んでおくことです。」
ここで笑いが取れれば後は余裕です。

しかし今回の講座は他の式次第が満載で僅か30分の講座時間、
笑いを取っていたら時間が無くなってしまいます。
今後は1時間未満の講座は引き受けないようにします(キッパリ?)。
講師が楽しめない講座は聴取される方も楽しくないはずです(独断と我が儘)。

そう言えば、来月予約の消○○署OB会の出前講座の招請確認が来ていません。
はっ、もしかして独断と我が儘の噂が・・・。



スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
スポンサーサイト
大工さんの工夫
古いユニットバスに手すりを付けました。

鋼板が下地となっている最近の浴室壁材で有れば、取付に大きな困難はありません。
そこで奥様から、冷蔵庫の扉に付いているメモ止めの磁石をお借りしました。
残念、壁にくっつけても何の反応もありません。
樹脂板で構成されている壁材のようです。

ここの大工さんは、マンション用のユニットバスを戸建てに転用したようです。
従って、ドアの框部分が10cmほど床より高くなっています。
かなり古い形式のユニットバスです。
従来の取付方法では手すりをきちんと固定出来そうもありません。
しかし健常な方と違い、手掛かりがなければ安全に入浴できない方に、
取り付けできないので入浴を諦めてでは済まされません。

そこで初めての取付方法ですが、アルミの下地板を先ず壁に取り付けて
その板上に手すりを取り付ける工法を試みることにしました。

アルミ板の壁に接着する面に接着剤を塗布し、その上で壁にネジ止めします。
さて、ネジが取りあえずきちんと壁に食いつかなければ接着剤を塗布した
板は壁に密着しません。
厚み9mmほどの中空のアルミ板ですが重量も結構有ります。

ネジ締めの途中まで電動ドライバーでゆっくりネジを回し込んでいきます。
勢いよく最後までねじ込んでしまって数回でもネジが空回りすれば、薄い壁材に
ネジ溝が刻まれずネジ径と同じ直径のトンネル穴になってしまいます。
そこで、最後の数ミリは手回しのドライバーで締め付けていきます。

あと1~2回でネジ頭が板に密着します・・・ギシッ。

何回か手すりを付けたことのある方なら同感して頂けると思います。
この、最後のギシッという締め付けの感触は本当に肩の力が抜ける
思いがします。
これがスカッと空回りした時の気分と来たら。
特に、壁内の状態が手探りの工事の場合はなおさらです。

そうした下地の不明な工事の場合は、着工前にホームセンターを廻って
これが駄目ならこのネジで、それも駄目ならこの資材でと不測の事態に
対処する方法を考えています。

1本決まれば後は楽勝です。
次々同じ作業の繰り返しです。
しかし最後の1本は心構えが違います。
徒然草にもあるように、「より慎重に周りの状況を確認しながら
ゆっくりと」作業します。
最後の最後に不手際を起こして、余計な時間を費やしたことの
どれほど多かったことか。

      アルミ下地板横手すり
L90cmの横手すりです。白い下地板にネジ溝がありますがアルミのカバーが掛かって見えません。

              アルミ下地板L型手すり
L型手すりの写真ですが、右手前に白い丸棒が写っています。出入り口の縦手すりです。
その右に写っている白い板、これも下地板です。若干ネジ溝のカバーの線がうかがえると思います。

大工さんに下地板の取付をお願いしたケースを下記へ。

[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。