アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2011年09月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯とスマートフォン
携帯とスマートフォンからブログが閲覧できるようにしました。

当然に出来るものだと思っていましたが、テンプレート(背景等)によって
みられたり見られなかったりするようです。

設定はしましたが、実際にどう見えるのかは検証していません。
私の携帯は、携帯でのweb利用は契約から外しています。
ポケベルに電話機能が付けば十分だと思っています。

それでさえ、太い指でボタンの押し間違いがしょっちゅうです。

取りあえず携帯とスマートフォンから閲覧できるようにしました。
そのはずです。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
スポンサーサイト
農家のリフォーム
すでに一度は改修を行っているお宅を訪問することも多いものです。
いやむしろその方が多いかも知れません。

一般の住宅が1回、多くても2回のリフォームまでということが多いと思われるなか
職住接近というか家そのものが職場という業種のお家、例えば自営業だったり
農業を営んでいたりするお家は数次に渡って改造を行っている建物も珍しくありません。

特に農業のお宅は、家族総出で農作業を行っていた時代から機械化の時代また
いわゆる三ちゃん農業への変遷それぞれの時勢に伴って改造が行われています。

最初に流し台の導入で台所の改修、続いて薪風呂から灯油ボイラーによる
内風呂への改修、最後に下水道の普及又は共同処理施設の設置による
便所の内(うち)便所化。
そしてこれ以外にも、一般住宅と同じく家族構成の変化に伴う改修もあります。

そして家族の加齢や疾患による改造も必要となってきます。

表題については下記へ。

[READ MORE...]
介護保険の改修給付費20万円について
バリアフリーと加齢対応の違い-追記
もう一つの違いは、バリアフリーが文字通りADLへの障害を取り除くのに対し
加齢対応のアプローチでは、形や位置を変えたり、場合によっては新たな発想を
付け加えて対応することもあるということでしょうか。

便器の向きを考えたり開口部を移動したり、
将来手すり設置が予測される箇所の壁下地の補強など。
 <バリアフリーと加齢対応>=<除去と対応>

何れにしても介護保険の該当工事メニュー列記には、その工事種目が改修による支援工事の
すべてであるかのように事業者に誤解させた弊害はあると思います。

表題については下記へ。


[READ MORE...]
加齢対応で検索
検索を、”ググる”と表現することはすでに定着しています。
最初にこの用語を使用した人はなかなかに感性の鋭い人だと思います。
Yahooが先行していれば”ヤフる”という用語も出現したかも知れませんが
”ググる”が先行定着しています。
しかし、これだけパソコンが日常に定着してもPCを操作することを”パソる”というのは
私は見かけたことはありません。

”ググる”には、もぐるや繰(く)る(情報の海に潜る、資料を繰る)と似た音感が
感じられて広まったのでしょうか。

表題については下記へ。
[READ MORE...]
PCからの解放時間
PCが故障している間に、以前読み流していた文庫を幾冊か読み返しました。
その内の一冊が、外山滋比古(とやましげひこ)著「思考の整理学」です。

この本はどこかで書評が目に留まり、書名を確認しなければと思いつつ
時を過ごし、書名不案内のままいつしか忘れてしまっていた本でした。

偶然に帯に記載されていた書評と同じ文章が目に飛び込んできて
手に取ったとき、人との出会いと同じく、漸く巡り会えたかと思ったものでした。

それほど厚い本でもなくたちまち読み終えました。
斜めにストーリーを追う、小説を読む際の悪い癖が出たものです。
なるほどとは思ったもののそれほど深い感動は無かったように思います。

小説の場合は先が気になって、鬼が出るか蛇がでるか焦って読み進んでしまいます。
しかし、読み返しの場合は鬼も蛇も出なかったことはすでに認識しています。

このたびは、じっくりと腰を据えて文章を追っていきます。
こんな文章がありました。
「われわれは、花を見て、枝葉を見ない。かりに枝葉は見ても、幹には目を向けない。
まして根のことは考えようともしない。とかく花という結果のみに目をうばわれて、
根幹に思い及ばない。
聞くところによると、植物は地上に見えている部分と地下に隠れている根とは
形もほぼ同形でシンメトリーをなしているという。
花が咲くのも地下の大きな組織があるからこそだ。
・・(中略)根のことを考えるべきだった。それを怠っては
自前の花を咲かすことは不可能である。・・」

図らずも隣国の新幹線事故を予測論評したかのようです。
卓見とはこのような場合に使うのでしょうか。

教育のあり方についても記述しています。
要約すると、
「現代の教育はグライダー飛行を教えている様なものだ。誰かに引っ張ってもらって
飛んでいる気になっている。引く動力が無くなればたちまち墜落する教育だ。
自力で飛ぶ飛行機のような能力を身につけさせるべきだ。
目標が与えられればグライダーもその方向に飛ぶことが出来る。
しかし、自分で目標を立てねばならないとなるとたちまち失速してしまう。」

「・・それなら、グライダーにエンジンを搭載するにはどういうことを心掛ければ
いいのか・・」
これも要約すると
「教えすぎないことだ」といっています。

基本だけを教えて後はじっくり自分で体得していかせる。
眉唾の話ですが以前聞いた話に、
竹刀(しない=現在の剣道)剣法による稽古ではそれぞれ一定の技量まで到達することが出来る。
しかし、奥義に達することは容易ではない。
一方、組太刀(くみたち=形の決まった組み討ち)では進捗は遅いがいつの日か奥義に
達することが出来る。

今の教育では総合職(オールラウンド)?を育てようとするあまり、伝達したい
知識が多岐に渡りまたそれぞれ膨大でもあります。
遅々として進まないがいつの日か奥義に達するという教育はなじまないのでしょう。

与えられた目標(試験・点数)に向かって上手にグライダー飛行できた若者達が
今の官僚機構を支えているのは間違いありません。
原発事故を含め東日本大震災の対処を見ていると
「誰か目標をはっきり示してくれればきちんと仕事をするのに・・」
そんな、かれらの愚痴が聞こえてくるような気がします。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
更新、久々の。
ようやくPCが退院してきました。
今度も前々回と同機種です。
蛍光管と同じく一定の時間経過で機能自動消滅、でなければ良いのですが。
OSは未だXPです。世の中、VISTAを経て"7"の時代だというのに。

沢山更新予定記事があったはずなのですが、時間の経過とともにそれほどの記事でもないか
とそれらは忘却の彼方に。

先日、障害児を抱える母子家庭のお宅にお伺いしました。
数年前、障害者手帳該当の段差解消工事を行った市営団地の一室です。
今回は、窓口から
「そこまでの工事が必要であれば、障害者の方の専用棟があるので
そちらに移られたらどうですか」と、改修支援を断られたため自費で可能であれば
行いたいとのご相談でした。

棟を移るに当たってはそれなりの引っ越し費用も必要となってきます。
また、敷金等も払っていないため回復工事の費用がどれほど必要なのか
分かりません。
市営住宅なのに?

従来、引き払いの際の原状回復義務は空文化していました。
特に高齢のためや障害のための変更工事については、費用の負担が困難な
世帯も多かったこともありファジーな取扱で来ていました。
その辺りの取扱が、急に厳格になってきました。
管理が第三者に預けられたのです。

いわゆる第三者への管理委託となったのです。
受託者は地域の「県宅地建物取引業協会]です。

カウンターを挟んで市職員とやりとりするのとは違ってきます。
「私どもは市の委託を受けて、借地借家法に基づいて処理させて頂いて
います」
「障害についてのご相談についてはその担当窓口へどうぞ」

今までは一つの窓口で包括的に相談できたことが、区分して
話をしなければならなくなります。
いわゆる”ワンストップ”に逆行する仕分けだと思います。

教育の現場では、
上位のグループにねらいを定めると下位との格差が大きくなりすぎる。
下位グループに定めると上位グループが伸びなくなる。
それだからといって中位グループにねらいを定めると全体の成績が
下がってくる。らしい。

行政はどこに視点を置いているのでしょう。
今のご時世、市職員は間違いなく上位グループに所属しているでしょう。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。