アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2011年07月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電対策
以前のコメントでJunko mamaさんが、高齢者の図書館避暑を言われていました。
昨日、延岡市立図書館に行って来ました。
熱暑の午後、駐車場はすでに屋外・地下ともに満杯です。
館内には、団塊世代もしくはもう少し上の世代の方々が沢山居られました。
熱い屋外から入館すると生き返ります。
中にはソファーで仮眠中の先輩諸氏もいらっしゃいます。
確かにここならJunko mamaさんの言われるようにこの時節、安全だと思います。

文庫本を3冊、貸し出しカウンターに置きました。
利用者カードと本のバーコードを読み込んで、係員がキーを叩きます。
ジィーという音とともに、レシート状の用紙が出てきます。
渡された用紙がこれです。
         図書館カード (書名の抹消残が”血、者、密”どんな性向の読書?)
一瞬、買い物に来たのかと錯覚しました。
私が貸し出してもらった3冊の書名が記載されています。
以前にはなかった情報です。
 私、「この書名は何のために記載しているんですか?」
係、「どんな本を借りているか分かるようにです。」
 私、「借りた本は手元にあるんだから、その必要はないんじゃないですか?
    むしろ、返却日がいつと大きく書いてある方が良いんじゃないですか」
係、「借りている本の記録が欲しいという方もいらっしゃいます。」

ちなみに以前の用紙はこのようでした。
図書カード1 用紙の大きさ比較です。左が文庫本です。文庫本サイズ

従前の用紙は、利用者の別なく図書館側からの情報をお渡ししていたもの。
要諦は返却日と休館日です。

一方新しい用紙は、いわば個人情報も併せて記載されたものです。
利用者名はナンバーとなっていますので特定は困難だとは思いますが、
何かすっきりしないのです。

以前の用紙は大きい分、文字も大きいし情報も多い。
休館日だけでなく、臨時の開館日や催しまで記載されています。

新しいレシート様用紙のメリットは何か。
恐らく高齢者の利用増と関係があるのではないかと想像します。
以前の用紙だと、返却日は書いていますが冊数の記載はありません。

ある日の返却カウンターで
係、「エー、もう一冊お借りになっていますね。今日返却日の
   本を。」
利、「あれっ、何じゃったろうかい、全部持ってきたつもりじゃけんど?」
係、「ちょっとお待ちください。カチャカチャ、エート、著者が佐伯泰英、作品名が
   <居眠り磐根>ですね。」
利、「あっ、しもた。それがあったちゃ。次んとき持っちくっかいどげんじゃろかい?」
   (しまった、それがあった。次の機会に持ってきますが良いですか?)

係、「仕方ないですね、期限が過ぎていますのでなるべく早くお願いいたします。
   この作品は皆さんに人気がありますので。」

利、「今日も何冊か借りていきたいっちゃけんど。いいじゃろか」
係、「返却期日の本が返却されていませんので、新規の貸し出しは出来ません。
   次回お借りください。」
利、「こんあちーなか来ったっちゃかい、何とかしてくれんね。年寄りには
   大変なこつばい!」
  (この暑い最中に来たんですから何とかしてくれませんか、年寄りには大変です。)

係、「そうは言われても・・」
  この後ひと騒動があって、救急車が来たり来なかったりといういい加減な想像が
  続きます。

しかしこのレシート様用紙では、返却時に冊数は揃っても返却期日の間違いが
起こりそうです。
小さな感熱用紙に小さな数字が沢山並んでいます。
ぱっと見て、返却日がいつか読みとれるものでしょうか。

現在のカウンターでの運用は、
何も言わない方にはレシート様用紙を、そっちをといわれる方には旧来の用紙を
お渡ししているようです。

ジィーとレシート用紙の出てくる機械を買ったのは良いけど、システム導入に
当たってはもう少し検証が必要だったのではないでしょうか。
結局、新しい機械の分費用が増えただけのような。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
スポンサーサイト
買い物弱者
ここ何回か地元紙である宮崎日々新聞に、「県北における買い物弱者のシンポジューム」の
紹介が掲載されています。
地域の九州保健福祉大というキャンパスで行われた、シンポジュームの様子を切り取り
したものです。

内容としては、地域特有の事情というような切り口はなく、どこでも言われる
・交通弱者=買物難民
・(車で行く)大型店舗の出店=(歩いていける)地域商店の閉鎖というようなものです。

それでは交通弱者の便が図られればそれでOKなのかというと、それだけでは片づかない
問題もあるようです。

大型店舗の場合、想定する顧客は最大公約数の顧客像が対象になります。
<買い物が自己選択・自己決定・自己責任で行え、どの行為にも他の支援を必要としない。>
いわば判断力ということです。

しかしながら買い物という行為には
1.陳列場所に行き
2.現実に品物を手にとって
3.情報を読みとる
という作業が必要です。

1.陳列場所に行き
母の行くスーパーが機構変更になりました。(ジャ○コからイ○ンへ)
陳列方法・場所が変わりました。
高齢者は視野も狭く新しい陳列パターンも解読困難です。
店員に「あれはどこに?」アレ、ソレの年代です、商品名や様態が出てきません。
買い物がしんどくなったと言っています。

2.現実に品物を手にとって
買い物に来られる女性陣、皆さん背が高い。
昔だったらローヒールで背をかがめていたかも知れない人が、堂々とハイヒールで
店内を闊歩しています。
勢い陳列棚も変わってきています。
古いスーパーの陳列棚と今時の陳列棚では明確に高さが異なります。
古いスーパーなら棚越しに店内が見渡せました。
新生イ○ンでは、私も一番上の商品に手を届かせるのが精一杯です。
母が好きなヨーグルトはその棚にあります。
ヨーグルト購入は私の役目になりました。

3.情報を読みとる
陳列位置が変わったため、陳列商品の掲示情報を読みとらなければなりません。
陳列通路を横に横断する広い通路床に沢山の情報が表示されています。
ただし、進行方向に対して90度の文字です。
いちいち向きを変えて読み始めます。
通る他人様の足がじゃまでちゃんと読みとれません。
そのうち自分の存在がじゃまであることに気付きます。
こうなったら「犬も歩けば・・」匍匐(ほふく)前進開始です。

やっと商品を手に取りました。
×○国産は避けたいが・・消費期限は・・、字が小さすぎて見えません。
ポンと台に置くとバーコードを読みとって大きな文字で商品データが
見られる装置があれば。

母親達の世代は、病院を選択するのにかなりあやふやな情報に基づいて選択しています。
曰く
「・・さんが、言いよったけんどあそこん先生は腕が良いとと」
 (・・さんは医療関係者ではありません、茶飲み友達です。)

しかし明確な自己基準も持っています。
「あそこん歯医者は、階段を上らんといかんから駄目じゃわ」
 (わずか数段の階段で、顧客を失っている医療機関も多いと思います。)
「あん先生はまこつ年寄りに優しいっちゃが、言葉だけでん元気が出るが」
 (あの先生は本当に年寄りに優しいよ。)

我が県も65歳以上の高齢者が26%を超えています。
30%になるのもそう遠くはないと思います。
買い物客の半数が高齢者の時代がきます。
何とかたどり着いた先のスーパーが、優しいかどうかで選択される時代もまもなくです。

大店舗事業者様、サテライト事業部創設などいかがでしょう。
店舗過疎地域での、週に2~3回の出張店舗。
今からスタートしておけば相当なノウハウを蓄積できるはずです。

別に、母親のための買い物の手抜きをしたいとかそういうことでは・・ありません!?
えーえ、とんでもない。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
老後 間取り
ブログ検索でこのブログに来られる方の検索用語の上位に<老後 間取り>が
きていて、尚かつその用語で検索された相当数の方が弊社HPの
    <故郷の老親に貴方が出来ること>
をクリックされています。

親が寡婦(夫)になったり高齢になったからといって、子供が自分たちのところへ
親を呼び寄せすることは、どうもうまく行かないらしいということが認識されてきています。

それなら、せめて老親の住む実家を安全に暮らせるようにしてやりたいということでしょう。
お盆前やその最中に、帰省したご家族からご相談を頂きます。
私も体力を勘案して、車で片道1時間くらいの範囲であればお受けしています。

しかしながら大半のご家族が、二泊三日又は一泊二日の帰省だったりします。
しかも、お墓参りやあちこち親戚周りの合間をくぐっての打ち合わせは
容易ではありません。
提灯や様々の供物で飾られた仏壇を横目にあちこち測量するのも気が引けます。

いきおい、詳しいことは後日にということになり、いつの間にか子供達の思い入れも
薄れ何の変化もない老親の日常がまた続くことになります。
「盆にはいつもこの話になるっちゃけんど・・」(この話になるのだが・・)

今までで一番スムーズにいったご家族は、

・県外にお勤めの息子さんからメールを頂きました。
「8月の○日から○日まで帰省します。じつは実家の・・」

・望ましい段取りを私から返信。
「実家のご様子を先に伺っておきたいのでご両親に連絡を・・」

・ご実家にお伺いして状況を把握し幾つかのプランを準備。

・息子さんに面談日時の打合せメール。
「他のご兄弟も参集できる日時で・・」

当日は、ご親戚の方々も帰られてから、お身内の方ばかりで打合せが出来ました。
最終的には御母堂の鶴?の一声で決まった様なものでした。
曰く
「うちゃ、年取ってかい父ちゃんを抱えて便じょに連れてやらようせんよ!」
(わたしは、今より高齢になった時、お父さんを抱えてトイレに巧く連れて行くことは出来ない!)
このときは、何とか車いすでも利用できる案が、採用されました。

工事に至らない場合でも、打合せや簡易プラン作成に費用は必要ありません。
その代わり合理的?なスケジュールを組むために、時間のゆとりだけは頂きたい。
鍋とプランは煮込むほど・・、そうでもないか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
「先を見越したバリアフリー」2
九州電力が、今日から電気予報を始めました。
いよいよ電気供給事情が切迫してきた感があります。
どなたも高校野球の中継中止やナイター運営を提案しないのでしょうか。
毎年、まさにその時間帯が最大電力需要のピークだと思うんですけど。
WEBでこんなことを提案していたらまずいことに・・冗談です!本気にしないでください。

冗談ついでに、
まさか、原発での発電の必要性をアピールするために高校野球の最中に意図的な
停電事故など無いですよね。
それとも
テレビ画面の端っこに、
「テレビを切るか、クーラーを切って見るかどちらかを選択してください」

最近も記事にしたような気がしますが、念のため<節電弱者の停電対応について>

当地では数年前に、半日以上停電するという災害がありました。
冷蔵庫内の食料品の傷みや携帯の電池切れなども当然ありましたが、
一般の方々に知られていないトラブルも多数ありました。

・寝たきりの方のエアーマットが空気が抜けて底付きした。
・車いす用のリフトが動かない。
・在宅療養者の医療機器の非常用バッテリーが切れた。

医療機器の非常用バッテリーも、1時間半とかその位しか持ちません。
そうした方々には、どうしても家庭用の非常用発電機が必要となります。

家庭用の非常用発電機はマイカーになります。
点検の悪い原発の発電機と違い、この発電機は一定時間の試運転作業を
ほぼ毎日行っています。

下記ページに車からの電源取得方法について紹介されています。
そう高い物ではありません。
当時当地では、携帯用の電池(携帯電話用簡易型電池)がたちまち払底しました。
停電事故があればこれらの接続機器もすぐには手に入らないかも知れません。
突然の停電によってトラブルが予想されるご家庭では、事前に準備されておかれては
いかがでしょう。
<マイカーからの電源取得について>

12ボルト用と四駆などの24ボルト用があります。確認して購入してください。
移動しながら車内でパソコンを使われる方にも便利ですね。

表題については下記へ

[READ MORE...]
バリアフリー化が容易なリフォーム-2
「扇風機の使い方」文責:扇風機マイスター 思いがけず訪問者が多かったようです。
<管理者のみ>でコメントも頂きました。
曰く
「我が家は、ドアを開けたら共有の廊下です。そうした場合はマイスター氏の
 方法は使えません。どうしたら良いでしょう?」
確かにアパートやマンションでは使い難い方法です。
しかし私も、家族内承認の地域限定扇風機マイスターです。
どなたかそうした状況下での、良い手法をご存じでしたらご伝授ください。
謹んで扇風機マイスターの称号をお譲りいたします。

前回の続き 「玄関土間に靴着脱用の台を」について下記へ


[READ MORE...]
バリアフリー化が容易なリフォーム
<先を見越した、バリアフリー化が容易なリフォーム>についてもう少し書いてみたいと思います。

いよいよ厳しい暑さがやってきたようです。
連日テレビや新聞等の報道で、電力使用のピーク時には停電事故も云々と言われています。
当然記事には不要不急の電気節約と節電方法などが書かれています。
そしてアリバイ証明のためか文末にさらりと、
「日中、高齢者がみだりにエアコンなどを切断しないように気を付けて頂きたい」
とも補足されています。

昨年夏にはひたすら、「とにかく熱中症や日射病に気を付けてください。高齢者は屋内でも
容易に熱中症に掛かります。エアコンの利用を」と連日、報道機関だけでなく職場や地域でも
呼びかけていました。
とんだ様変わりです。

ここで、私が行っている扇風機の使用方法を伝授いたします。
今回のことに関わらずエアコンにすがる家族を横目に、長年扇風機マイスターとして家族に君臨してきた・・?

初級的手法
・天井に向けて首振りをさせる。-熱い空気をかき混ぜるだけ。
・直接身体に風を送る。-朝はぐったり、命の危機も。
・アミ戸に向けて部屋の空気を送り出す。-何の効果も体感できず。
そこで編み出したのが下記の手法です。

        半丸の図形が、私が長年愛用の扇風機です。

・10cmほど開けた扉の隙間から扇風機で室内の空気を送り出します。
・ベッドの枕元の窓はアミ戸とし、風の入り口とします。

ポイント、
1.一方の窓だけアミ戸とし他の窓ガラスは閉めておきます。これにより、より強い
  単線の風のながれが感じられます。
2.扇風機の送風は、壁に斜めに当たって室外に出るようにします。より送り出しがスムーズです。
3.室外の廊下等の窓を1カ所以上アミ戸にしておきます。・・・物理です。

効果、
外気が強制的に取り込まれてすこぶる快適です。
タイマーで作動制限しないと身体を冷やしすぎるほどです。

弱点、
プライバシーが犠牲になります。
いびき騒音が、従来より屋内に拡散します。
夜間トイレに行かれる方は、けつまずかないように。

お願い。
効果を実感された方が、こういう方法もあるよと他の方々にお伝え頂ければ
少しは安全な節電につながるのではと思っています。<扇風機マイスターより>

表題については下記へ


[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。