アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2009年05月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙~親愛なる子供達へ~
歌:樋口了一 詞:樋口了一・角智織 曲:樋口了一

年老いた私がある日
今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを
理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても
靴ひもを結び忘れても
あなたにいろんな事を教えたように
見守って欲しい

あなたと話す時同じ話を
何度も 何度も 繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずに
うなずいて欲しい

あなたにせがまれて 繰り返し読んだ
絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を
平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ
消え去ってゆくように 見える私の心へと
励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に私が思わず
下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがる時には
思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり
様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った
懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ
旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ
出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら
出来なくなったなら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと
私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの
手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり
自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを
知るのはつらい事だけど
私を理解して支えて
くれる心だけを持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで
私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに
私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ
付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで
私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って
笑顔で答えたい

私の子供たちへ

>今、この歌が静かに広まっているそうです。
樋口さんが歌っている動画を、ユーチューブなどで見ることも出来ます。

私の母も本当にこの様な様子です。
いちいち思い当たることばかり・・・、
反省しきりです。

大相撲も終わりましたが、ちょっと気になったことを。



[READ MORE...]
スポンサーサイト
ケアマネの気質?
先日、1ヶ月ぶりにお伺いした事業所で一人のケアマネさんが退職されたことを聞きました。
利用者やそのご家族のお話をされるとき、しばしば眼を赤くしながら話をされる方でした。
振り返ってみると、介護保険が始まって間がない頃は、そうしたケアマネさんにお会いすることが多かったように思います。

対象の方への感情移入が過ぎて冷静にその方の状況についてお話が出来ない。
身内の方のお話をするかのように振る舞う。
十分な対応が出来ないことで、制度の不備をプロらしくない言い方で悪し様に言う。
利用者に関わりすぎ、そのしんどさを廻りに訴える。
公私のけじめがルーズで、利用者やご家族にいつも振り回される。

そんなケアマネさん達を尊敬していました。
そして、大好きでした。
今はそんな素人っぽいケアマネさんはあまり見かけないような気がします。
皆さん、プロフェッショナルというかビジネスと割り切っている方が多いような気がします。
服装もいつの間にか”丸の内風キャリアウーマンスーツっぽい”スタイルとなり、
以前のように、ケアマネさんなのかヘルパーさんなのかお聞きしないと分からないなんて事業所は少なくなった様な気がします。
でもこのスーツ、利用者のお宅での思わず介助なんて想定してないのでしょうね。

住環境の整備についても、以前はもっと親身になって対応していらしたような気がします。
今がルーズということではなく、以前に比べて対応がスマートになっているという言い方も出来ますが。
以前は、改修は一大イベントでした。
「ばーちゃんはそれで良いと言うんだけど、息子が・・」(方言を字幕スーパーで)
「だけど、改修すれば嫁さんの介護手間も減って楽になるんだから・・」(同上)
「それやこれや・・・」(字幕不可)
改修にこぎ着けるまで、ケアマネさんは説得に大わらわでした。

今は、
「それがご家族のご希望ですから・・。」
「手すりだけ付けて欲しいとのことです・・。」
ご希望を事業者につなぐ。正しく伝える。

介護事業も民間に開放されている以上、ビジネスです。
逮捕されたIT事業の旗手が記者会見でいみじくも言っていました。
「お金を儲けたらいけないんですか」
これは、善悪の問題ではないのだろうと思います。
ましてや、法に触れるか触れないかの狭間で判断される事業ではないと思います。

ビジネス延長上の、効率化・合理化・コスト削減等々・・最終的にはロボットによる正確無比な介護。
自動的給食、自動的排尿排便の吸引、自動的投薬、自動的シャワー&清拭。
無機質の金属が清潔正確な看護介護を行うシルバー色の世界。

介護の世界で業務を、合理化出来るシステムとして捉えて経費軽減を追い求めるととんでもない所に帰着してしまうかもしれません。
かって、全国展開の大手事業所が陥ったのがこの陥穽だったと思います。

改正の度に複雑になっていく介護保険制度。
 (日本人って重箱の隅をつつくように細かに条文を作るのが好きですよねー。横並び意識、みんなが 同じ解釈をして間違わないように。「はいそこ、前に出ないように並んでならんで。」)
シビアなプロにならなければ生き残っていけないのかもしれません。
それでも素人っぽいケアマネさん、言い換えれば”肝っ玉母さん”みたいなケアマネさんがご近所に居てくれるそんな介護業界の方が良かったなーと思っています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
手すり?柵?2
見ていたわけではありませんが、ポトリポトリと庭の梅の実が風で落ち始めました。
この梅の木は、今年ははずれ年のようであまり沢山の実は成っていません。
昨年は梅酒を沢山造ったのですが、甘い物が苦手な私はあまり消費していません。
家人もそうは飲みません。
従って器の空きがまだありません。
そういうことで、
梅の木さんには申し訳ないですが、今年は落ちた梅を片付けるだけになりそうです。

??2は下記へ


[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。